12.8 C
Japan
水曜日, 8月 10, 2022

【出展者募集中】日本最大級のオンライン旅行博覧会「オンライン旅行EXPO2021秋」

海外在住日本人5万人以上が登録する日本唯一のグローバルスキルシェアサービス「LOCOTABI」を運営する株式会社ロコタビは、日本最大級のオンライン旅行博覧会「オンライン旅行EXPO2021秋」 を、2021年11月19日~21日の三日間、開催します。

日本最大級のオンライン旅行博覧会が、規模を更に拡大!

オンライン旅行EXPO2021秋」は、オンラインで世界各国の風景や文化に触れられる新たな体験サービス「オンライン旅行」「オンラインツアー」を企画・開催している企業・観光局が一堂に会すオンライン博覧会です。

春に開催された第一回は、全27団体47ツアー、来場者数9,100名以上と、事前想定の20倍以上の来場者に恵まれました。今回は出展者数を50社に変更し、更に開催規模を拡大します。

観光地やサービスの認知拡大に

オンライン旅行は、新型コロナウイルス感染拡大に伴って社会に認知された、昨年誕生したばかりの市場です。

「いつか行ってみたい場所」を「今日すぐ行く場所」に変え、パスポートがなくても、コロナによって移動できなくても、3密を避けて誰もが旅行に行けます。SDGsの視点から考えても有意義で、既存の旅行者とは異なる層にリーチできる可能性がありますが、認知度はまだ高くなく、よく知られるプレイヤーも限られています。

オンライン旅行EXPOは、オンライン旅行の認知度を高め、市場規模拡大を図るために、開催しています。

旅行・航空・観光などの特に大きなダメージを受けた業種は、マーケティングに割ける予算もシビアです。今回のオンライン旅行EXPOでは、出展料を無料とし、参加者の視聴も無料としました。多くの企業・観光局の出展をお待ちしております

出展無料。申込みはお早めに

出展申込〆切は9/30を予定していますが、枠数が埋まり次第、募集終了となります。お申し込み後の調整が可能ですので、まずは早目にお申込みください。

【出展無料】詳細はこちら:https://locotabi.jp/lps/expo2021autumn/exhibitors/

■開催概要

日時:2021年11月19日(金)〜21日(日) 10:00~22:00
出展費用:無料
出展・登壇社数:50社(上限になり次第募集終了)
来場者見込:10,000人~
出展申込ページ:https://locotabi.jp/lps/expo2021autumn/exhibitors/
▼出展予定企業・団体(順不同・敬称略):
ビクトリア州政府観光局 / JTB台湾(マイバス台湾) / ラーナツアーズ株式会社 / ポリネシア・カルチャー・センター / VENICE ITALY TRAVEL SRL / 特定非営利活動法人itswellness / 株式会社たびえもん 
▼過去の出展企業・団体(順不同・敬称略):
セランゴール州政府観光局/ マイバスヨーロッパ / JTB台湾 / JTB Australia Pty.Ltd. / JTBインドネシア、バリ島(Mybus) / NTAオーストラリア / 株式会社ウェブトラベル / Travel At Home / 株式会社フォーラムジャパン / ポリネシアカルチャーセンター / Amnet New York, Inc. / スタートラベル / VENICE ITALY TRAVEL SRL / SPICE UP LANKA CORPORATION (PVT) LTD / ベリーズコンシェルジュ / Island Buddy Ltd. / 株式会社たびえもん / 合同会社KernelTribe(地球のググり方)&合同会社あうん&ミャンマーグッドナレッジ株式会社 / ハッピープラス株式会社 / CUE-TRAVEL / 株式会社サラムモロッコ / さっかんオンラインバスツアー / チェコトラベルランド / 株式会社三進トラベルサービス / 熊本タクシー株式会社 / 株式会社ドローンエンターテイメント / 株式会社ウィーケン / 株式会社フレックスインターナショナル / ビタミンハワイラウンジ

■出展諸条件
・出展無料
・放送ツール不問
・国内ツアー、海外ツアーいずれも可
・自社の既存ツアー、販売中ツアーも可
・お手持ちのハウスリストへ告知メールを送付していただきます。
・開催期間中に、会員登録不要の無料オンラインツアーを催行いただきます。
動画上映のみでもOKです

■出展の流れ
・出展申し込み・画像の入稿
・ツアー紹介の動画や画像の準備
・お持ちの顧客リスト・見込み顧客リストに出展のご案内
・開催期間中に、会員登録不要の無料オンラインツアーを催行

「ロコタビ」サービス/会社概要

ロコタビとは:海外在住日本人によるCtoCコンシェルジュサービス
ロコタビは世界175カ国2,500都市在住の日本人をネットワークしており、海外在住日本人の登録者は約50,000人を超えます。海外渡航時に自分が「したい!」ことを自分にあったロコに依頼することで、ユニークな海外体験を実現。親子旅行やひとり旅から出張まで、スタイル関係なく多様な依頼相談をすることが可能です。

社名  :株式会社ロコタビ
事業概要:海外在住日本人によるタウンガイドサービス
「LOCOTABI(ロコタビ)」(https://locotabi.jp)の運営
設立  :2015年12月1日
所在地 :東京都千代田区平河町 2-5-3
代表者 :代表取締役 椎谷豊

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント