12.8 C
Japan
木曜日, 12月 8, 2022

中堅企業や老舗、スタートアップの共創によるイノベーションを紹介

企業の役割とは世の中から求められるとニーズに応えることです。ただしニーズは常に変化しており、1つの企業やサービスだけで対応することはできません。
そんな中で重要となるのが「共創」です。では共創とはどのようなものを示すのでしょうか。本記事では共創を支える3要素やスタートアップの共創事例などについて解説します。
目次
・共創を支える3要素
・中堅企業や老舗、スタートアップの共創事例
・課題を的確に捉えて共創を成功させよう

共創を支える3要素

世の中の変化に対応するには中堅企業や老舗、スタートアップなどの共創が求められます。共創とは企業が様々なステークホルダーと協働し、新たな価値を創造する概念のことです。

他社の技術や知識を取り入れ、新たな視点や価値観の創出が重要となります。共創を支える3つの要素についてそれぞれ解説します。

1.オープンイノベーション

オープンイノベーションとは、他社から開発や技術のノウハウを取り入れる経営戦略の1つです。オープンイノベーションのメリットとしては外部の技術や知識が獲得しやすく、事業推進しやすい点が挙げられます。

他社や異業種から新たな知識や技術を得ることで、これまでにはなかったアイデアや価値観の形成につながります。0から新しいものを作るのではなく、既存の技術や知識を活用することで、人件費や研究費などのコスト削減にもつながるでしょう。オープンイノベーションは共創を支える重要な役割を果たします。

2.コ・クリエーション

コ・クリエーションとは「共創」という意味で、多様な立場の人たちと対話して新しい価値観を生み出すことです。多様化する社会のニーズに応えるために、企業規模の関係性や業界の壁を超えて、アイデアを創出する取り組みを指します。社会の変化に対応するためには必要不可欠な要素の1つです。

3.コラボレーション

コラボレーションとは、異なる立場の人による共同作業やその成果物のことです。企業がお互いの知識や技術を活かし、新たな価値を創出するコラボレーションは、共創には欠かせません。

様々なステークホルダーと協働し、新たな価値を創造するにはメンバー同士のコミュニケーションが重要です。お互いの価値観や意見を尊重し受け入れることが共創への第一歩といえます。

中堅企業や老舗、スタートアップの共創事例

中堅企業や老舗、スタートアップの共創には様々な形があります。実際の共創事例を知ることで、今後の事業開発や事業拡大の参考となるのでしょう。

直接会うことなく共創を実現

画像素材のマーケットプレイスを運営する「PIXTA」と「グローバルウォーカーズ」は直接対面することなく共創を実現しました。

企業間のやりとりは「Slack」と「Zoom」を利用したオンラインでのやり取りのみです。これらのオンラインツールを活用し、お互いの時間を奪うことなく連携できたことも共創を実現した要因の1つでしょう。

洋菓子店と大手メーカーが共創

「ビルソンローラーズ」という洋菓子店は飲食業界の大手メーカーとの共創を実現しています。オープンイノベーションプラットフォームを活用し、大手メーカーとの接点を構築したのです。

大手メーカーが製造する飲料の原材料をビルソンローラーズはスイーツに使用することで斬新なスイーツの開発を成功させました。他企業との共創により新たな商品開発につながった好例といえます。

葬儀業界の常識を共創により覆す

葬儀業界が他企業との共創により常識を覆した事例もあります。葬儀事業を全国展開する「株式会社CSCサービス」は、インターリンクスという介護杖や車椅子などを製造する企業との共創を実現しました。

葬儀業界が持つ遺体保全の消臭能力とインターリンクスが制作する異臭サンプルを組み合わることで、ご遺体の消臭効果を発揮する新サービスを開発したのです。他業界との共創で今までにない新サービスを開発した理想的な事例といえます。

スタートアップがバス業界を変革

スタートアップがバス業界を変革させた事例もあります。「Magic Price」というホテルを中心とした価格戦略サービスを提供する「株式会社空」と「近鉄ベンチャーパートナーズ株式会社」が共創しました。

株式会社空が提供する「Magic Price」はホテルや旅館の価格設定を効率化するシステムです。働き手が不足する鉄道業界において、度重なる価格設定の変更は大きな負担となっていました。しかし共創によって取り入れられたシステムが現場の負担を軽減したという好例の1つです。

課題を的確に捉えて共創を成功させよう

ここまで共創を支える3要素やスタートアップの共創事例などについて解説しました。社会やニーズの変化に対応するためには中小企業や老舗、スタートアップなどによる共創が必要不可欠です。

共創の実現には企業が抱えている課題を明確にして、お互いを理解する必要があります。そのためには今回紹介した3つの要素がカギとなるでしょう。

共創を支える要素や事例を参考に、まずは「共創」への第一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント