12.8 C
Japan
火曜日, 6月 28, 2022

【ビジネスアイデア募集】住まいづくりの「あたりまえ」を熱い想いで打破したい

全国44都道府県で分譲マンションを提供する総合不動産デベロッパー、マリモが『マリモアクセラレータープログラム2021』を開催。マリモの経営リソースをスタートアップへ解放し、一歩二歩進んだ住まいづくりを目指して、全国のスタートアップから斬新なアイデアとサービスを募集します。エントリーの締め切りは、6月20日(日) 20:00 。

アクセラレータープログラムに取組む背景とは?

全国44都道府県で分譲マンションを提供する総合不動産デベロッパー、マリモ。設計事務所として1970年に設立してから現在まで、設計図の一本一本に想いを込めて設計しています。

また、グループ会社には地元密着のハウスメーカーを有しています。土地ごとの気候や自然を活かして100年先も住みやすい街のために真摯に「家づくり」に取組み、更なる事業拡大を目指しています。

技術進化や生活様式変化に伴うニーズの多様化に、スピード感を持ち取組む会社でありたい。一歩二歩進んだ住まいづくりをする会社でありたい。その思いで本プログラムを実施しています。皆様の英知とマリモの実績を合わせ、一緒に新しい住まいを創造しましょう!

マリモアクセラレーター2021の概要

▶︎エントリー締切:2021年6月20日(日) 20:00
▶︎エントリー方法:リンクURL(CrewwGrowthページ内の専用WEBサイト)より、協業案をご提案ください。https://growth.creww.me/8735ec43-9365-11eb-b233-778a99c77a01.html
▶︎対象企業:国内外すべてのスタートアップ。業種不問。
▶︎参加費:無料
▶︎主催:株式会社マリモホールディングス

このプログラムで実現したいこと

家が欲しくなる仕掛けを創り、家を建てる人とハウスメーカーを繋ぐ

戸建ての集客方法は過去何年も著しい発展がありません。
家を探している一人ひとりにそれぞれのこだわりがあり、また提供する会社も住まいづくりに対する想いや理念を持っています。大きなお買い物だからこそ、アナログな情報提供から脱皮し、双方の真意を効果的に把握し需給をマッチさせられるような仕掛けが必要だと考えています。
特に戸建ては竣工後物件の外観からハウスメーカーを判断するのが難しく、ブランド装飾品のように利用者が身に着けて宣伝してはくれず、自社物件を見てもらう機会創出が課題です。自社物件マッピングを作るなど、集客だけに留まらず”興味・関心”から気になるハウスメーカーの物件を見に行く”行動”に発展させるまでの総花的な集客方法を検討して参ります。

高い設計・建築技術を誇る日本住宅の新しい差別化への挑戦

日本では耐震性、免震構造、耐火性、耐久性など、設計・建築技術での突出した差別化が難しいレベルまで技術進化を遂げています。
一方で生活様式は刻一刻と変化をしており、建物技術に限らず様々な視点で新しい発想を”住まい”と連動させ、唯一無二の価値を提供することで差別化を図る先駆者を目指しています。
地方で発展してきたマリモだからこそ、スタートアップの皆様と考える新しい差別化要素を掲げて、一緒に地方を盛り上げていきたいと考えています。

先進技術を駆使して、設計領域に業務改善をもたらしたい

人手不足の代表格である住宅設計士。一人前になるまでに時間を要することも要因の一つであり、今後早いスピートで変化する需要への対応が求めらるようになると益々人手不足に拍車がかかると想定されます。
設計要件をインプットすると、蓄積データを駆使し複雑な関連法連に準拠しながら最適な設計図をアウトプットしてくれる、など設計業務省力化を実現する仕組みを構築したいと考えています。

ご入居者様との永いつながりの構築

マンションは建物管理やアフターサービス、補修・リフォーム、マンション売却検討など、販売後に発生するそれぞれのステージでサポートを要します。
マリモではマンションや戸建ての異なる居住形態の販売に留まらず、マンション管理会社、不動産流通など幅広く事業を展開しそれぞれの領域の知識を有しています。
これら事業やグループ会社のご入居者様向けの取組をバラバラで管理するのではなく、横串を刺した顧客CRMを実現し、常にご入居者様の”顔”が見える会社でありたいと考えています。

活用できるリソース

  • 不動産事業を通じて取得している情報
  • 技術的/営業的リソース
  • 戸建てトータルプロデュース
  • 施設・設備
  • 資金面のサポート

→詳細はエントリーページでご確認ください

プログラムへの意気込み

我々マリモグループのブランドフレーズとして掲げている「あたらしい、あたりまえ。」を生み出すことは簡単ではありませんが、地方戦略で成長したマリモらしく、地方からもっと多くの「あたりまえ」を生み出したい、創造したい、実践し世に広げていきたいと考えています。そのために、これまでの活動に一石を投じられる新たな「企て」を一緒に創造していくことが出来るパートナーを探しています。あなたの可能性をマリモと共に形にしましょう。(マリモ アクセラレータープログラム開催担当者一同)

不動産の枠を超えた事業を生み出したい。 50年で培った潤沢なリソースやアセットをスタートアップへ提供します

2020年11月11日
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

蚕を使った「シルクフード」を次世代の代替タンパク質へ!フードテックのスタートアップ「エリー」

【スタートアップインタビュー】 Crewwが注目のスタートアップを掘り下げて紹介する『大挑戦時代を生きるスタートアップ特集』。今回は、蚕を使った代替タンパク質「シルクフード」を開発するフードテックのスタートアップ「エリー株式会社」へ伺いました。 サステナブルな次世代食品「シルクフード」は一体どのようなものなのでしょうか。また、昆虫食のなかでも、蚕に着目したのはなぜなのでしょうか。その社会実装の推進やマネタイズの面を含めた現在、さらには環境問題の解決を見据え、エリーが目指す展開とはー。 食品メーカー勤務の経験を生かし、新しい代替タンパク質の開発に向けて起業したエリー株式会社代表の梶栗 隆弘氏が、社会に広めたい想いーその熱い胸の内をお話くださいました。 #スタートアップ #インタビュー #FoodTech #シルクフード #エリー #昆虫食 #代替タンパク質 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント