12.8 C
Japan
水曜日, 6月 23, 2021

ポストコロナの小売業DXはリテールテック系スタートアップとつくる

コロナウイルスが世界的に流行し、消費者の購買行動は今までに増して多極化しています。従来のリアルでの買い物はもはや当たり前ではなくなり、インターネットを通じて買い物する人をどう取り込むかが小売業界の課題です。
この記事では、小売業界がオープンイノベーションに取り組むならどんな手法が考えられるか、事例を交えて考察しています。新規事業担当者の人はぜひ参考にしてください。
目次
・小売業界にDXが求められる理由
・小売業のDX事例2選
・小売大手とスタートアップの協業がトレンド
・リテールテックを活用してポストコロナを乗り切ろう

小売業界にDXが求められる理由

小売業界ではDXに対応できるか否かが今後を決めると言われています。なぜ小売業界にはDXが必要なのでしょうか?その理由は2つあるのです。

小売業界の課題がDXで解決できる

日本国内ではスマホの普及率が高くなり、スマホを使ってオンラインショッピングをすることが当たり前になりました。それに伴って消費者が購入に至るまでの動きが複雑化し、単純にモノを売る薄利多売のシステムから購買体験自体に価値を感じてもらう「体験を売る」ニーズに対応する必要が出てきています。

オンラインで購買体験自体を付加価値にするなら、DXは避けて通れません。しかし、小売業界ではDXといっても在庫管理をオンライン化するなど単純なものにとどまっているのが現状です。オープンイノベーションを通じて革新的な購買体験を提供することが今後小売業に求められるようになるでしょう。

実店舗だけでモノを売る時代ではない

すでに小売業は実店舗にモノを揃えておくだけでいい時代を通り過ぎました。実店舗に足を運ばなくてもモノが買える時代だからこそ、実店舗もオンラインと連携させる必要に迫られています。オンラインでの情報収集と実店舗での購買体験がシームレスにつながることで、今度は逆に「わざわざ実店舗で買う」必要性を生むこともできるでしょう。

小売関係者ならD2C(Direct to Customer)という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは広告代理店などを通さずにメーカーが直接消費者にアプローチする手法となります。SNSやECサイト、実店舗を効果的に組み合わせることで購買行動そのものを体験として売ることができるのです。

自社だけではこのような販売手法に対応するのは難しくても、リテールテック系スタートアップと協業すればD2Cも含めたDXに対応することが容易になります。

小売業のDX事例2選

小売業のDXについてイメージを膨らませるために、成功事例を2つご紹介します。

導入事例1 ウォルマート

米大手スーパーマーケットのウォルマートは、Amazonに対抗するためECに注力しています。目玉政策は、ECで購入した商品の無料翌日配送。さらにメンバーシップ制で生鮮食品の配達も利用し放題です。

また、革新的な試験事業として「自宅の冷蔵庫まで配達」という取り組みにもチャレンジし、オンラインでの販売に徹底的に注力することによってAmazonに対抗。ウォルマートの売上に占めるECの割合は成長基調にあります。

導入事例2 イオン

日本国内の小売DXで一歩先んじているのが小売大手のイオン。イオンは以前からネットスーパーに対応していましたが、コロナ禍を受けてさらに対応店舗を増やす計画です。

また「新しい生活様式」に対応するスタイルの買い物体験を提供しています。例えば、従業員と消費者の接触を減らすためのスマホを使ったレジレス決済、ネットスーパーで購入した商品を配達せずに店頭でスムーズに受け取れる専用カーレーンなどさまざまな買い物ニーズに合った対応を行い、ポストコロナ時代への対応には相当に力を入れているようです。オンラインとリアルの融合という意味ではぜひ参考にしたい事例でしょう。

小売大手とスタートアップの協業がトレンド

大手小売りとスタートアップの協業が活発になってきています。概況をご紹介します。

リテールテック系スタートアップが好調

小売業界はリテールテックを活用してDXに取り組まなければならない危機感を強く感じているため、リテールテック系のスタートアップが注目され始めています。

位置情報を利用した実店舗への集客支援サービス、AIを使った自動発注ソフトなど大手でなくともすぐに導入できそうなサービスもあります。小売業向けのサービスに強みをもつスタートアップと協業を検討してみるのはいかがでしょうか。

DXを進めるならオープンイノベーション

DXを本格的に取り組むなら、小売業向けサービスを断片的に利用するのではなく本腰を入れてオープンイノベーションに挑戦すべきでしょう。

企業内にDX人材がいないことに問題意識を感じている企業は多いですが、オープンイノベーションなら人材の流動性を高められ、DXに関するノウハウも獲得できます。停滞した状況を打破する特効薬としてオープンイノベーションが有効です。

リテールテックを活用してポストコロナを乗り切ろう

ポストコロナではリテールテックの活用が小売りの明暗を分けることは言うまでもありません。リテールテック系スタートアップは小売業との協業に積極的であるため、これを機にオープンイノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【募集】「人間と自然の掛け橋」に。兵庫県加古川市の優良企業ムサシがスタートアップ協業

【オープンイノベーションインタビュー】 明治時代に全国屈指の金物のまち兵庫県三木市で金物問屋として創業し、1983年にムサシを設立。加古川に本社を置く同社は、高枝切鋏のムサシとして業績を軌道に乗せ、今現在はセンサーライトと園芸用品のムサシとして事業成長をしている優良中堅企業です。 そんな人と自然に関わる事業を展開する地域の牽引企業として、ここ数年最前線で課題に感じているのは、高齢者が加速するライフスタイルの多様化についていけない現状なのだとか。 そこで、スタートアップとの協業により、企業の枠を超えて社会課題解決につながるサービスや製品を生み出すべく、Crewwのオープンイノベーション支援サービスを使い、アクセラレータープログラム開催に向けて一歩を踏み出しました。 オープンイノベーションに乗り出すに至るまでの思いを、株式会社ムサシ代表取締役社長の岡本篤氏に伺ってみました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #ムサシ #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】日野自動車「本気のDX」。デジタルがブルーオーシャンの物流業界を変革し、日本に活力を

【アクセラレーターインタビュー】 1942年の設立以来、社会にとって必要不可欠なトラック・バスづくりを担い、日本の物流を支えてきた日野自動車。しかし、技術革新やライフスタイルの多様化に伴い、人や物の移動を取り巻く環境は急速に変化。さらに、ドライバー不足やCO2排出量の削減、持続可能な交通網の維持など、解決すべき社会課題は多岐にわたっています。 そこで、自社でのソリューション開発・提供だけでなく、他社との協業による社会課題解決を目指し、「HINO ACCELERATOR 2021 -HINO DE SAFARI-」を実施。スタートアップの技術やアイデアに日野のアセットを掛け合わせることで、物流業界や社会の課題を解決し、新たな価値提供を目指しています。具体的にどのような思いで取り組んでいるのか、日野自動車CDO(Chief Digital Officer)デジタル領域長の小佐野豪績氏に話を伺いました。

「呼べば5分で届く世界」セイノーHDとエアロネクストがオープンイノベーションで描く空の革命

【アクセラレーターインタビュー】 既存物流とドローン物流を連結・融合させた新スマート物流サービスを確立すべく、2021年1月にセイノーHDとエアロネクストが業務提携を締結。現在、山梨県小菅村にて、無在庫化と無人化を特徴とする、スマートサプライチェーン「SkyHubTM」の実証と実装にむけたプロジェクトを展開中です。 今回は、セイノーHDの河合 秀治氏とエアロネクスト田路 圭輔氏にご登壇いただき、「 SkyHubTM」についての詳細や協業に至った経緯、今後のビジョンなどについてお話しいただきました。 #オープンイノベーション #業務提携 #アクセラレーターインタビュー #セイノーホールディングス #エアロネクスト #SkyHubTM #スカイハブ #小菅村 #実証実験 #ドローン物流 #大挑戦時代をつくる #Creww

物流ソリューションの未来を切り開く為、これまでの常識にとらわれない「次の物流」の開発に、スタートアップの皆さまとチャレンジさせていただきたい。

【アクセラレーターインタビュー】 物流業界大手の佐川急便が、2021年度もアクセラレータープログラムを実施します。2014年からオープンイノベーションに積極的に取り組んできた同社は、スタートアップとのアライアンス活動の要となる新たな基地として、昨年「HIKYAKU LABO」を新設。物流を取り巻く環境や顧客ニーズが激変する中、スタートアップとの協業によって持続可能な社会を作るべく、社会課題の解決に取り組んでいます。「アクセラの審査には通過しなかったとしても、応募いただいたスタートアップとは何かしらの協業を模索したい」と語る執行役員・藤野博氏に、佐川急便がオープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップと狙いたい領域などを伺いました!
Facebook コメント