12.8 C
Japan
金曜日, 2月 3, 2023

ポストコロナの小売業DXはリテールテック系スタートアップとつくる

コロナウイルスが世界的に流行し、消費者の購買行動は今までに増して多極化しています。従来のリアルでの買い物はもはや当たり前ではなくなり、インターネットを通じて買い物する人をどう取り込むかが小売業界の課題です。
この記事では、小売業界がオープンイノベーションに取り組むならどんな手法が考えられるか、事例を交えて考察しています。新規事業担当者の人はぜひ参考にしてください。
目次
・小売業界にDXが求められる理由
・小売業のDX事例2選
・小売大手とスタートアップの協業がトレンド
・リテールテックを活用してポストコロナを乗り切ろう

小売業界にDXが求められる理由

小売業界ではDXに対応できるか否かが今後を決めると言われています。なぜ小売業界にはDXが必要なのでしょうか?その理由は2つあるのです。

小売業界の課題がDXで解決できる

日本国内ではスマホの普及率が高くなり、スマホを使ってオンラインショッピングをすることが当たり前になりました。それに伴って消費者が購入に至るまでの動きが複雑化し、単純にモノを売る薄利多売のシステムから購買体験自体に価値を感じてもらう「体験を売る」ニーズに対応する必要が出てきています。

オンラインで購買体験自体を付加価値にするなら、DXは避けて通れません。しかし、小売業界ではDXといっても在庫管理をオンライン化するなど単純なものにとどまっているのが現状です。オープンイノベーションを通じて革新的な購買体験を提供することが今後小売業に求められるようになるでしょう。

実店舗だけでモノを売る時代ではない

すでに小売業は実店舗にモノを揃えておくだけでいい時代を通り過ぎました。実店舗に足を運ばなくてもモノが買える時代だからこそ、実店舗もオンラインと連携させる必要に迫られています。オンラインでの情報収集と実店舗での購買体験がシームレスにつながることで、今度は逆に「わざわざ実店舗で買う」必要性を生むこともできるでしょう。

小売関係者ならD2C(Direct to Customer)という言葉を聞いたことがあると思いますが、これは広告代理店などを通さずにメーカーが直接消費者にアプローチする手法となります。SNSやECサイト、実店舗を効果的に組み合わせることで購買行動そのものを体験として売ることができるのです。

自社だけではこのような販売手法に対応するのは難しくても、リテールテック系スタートアップと協業すればD2Cも含めたDXに対応することが容易になります。

小売業のDX事例2選

小売業のDXについてイメージを膨らませるために、成功事例を2つご紹介します。

導入事例1 ウォルマート

米大手スーパーマーケットのウォルマートは、Amazonに対抗するためECに注力しています。目玉政策は、ECで購入した商品の無料翌日配送。さらにメンバーシップ制で生鮮食品の配達も利用し放題です。

また、革新的な試験事業として「自宅の冷蔵庫まで配達」という取り組みにもチャレンジし、オンラインでの販売に徹底的に注力することによってAmazonに対抗。ウォルマートの売上に占めるECの割合は成長基調にあります。

導入事例2 イオン

日本国内の小売DXで一歩先んじているのが小売大手のイオン。イオンは以前からネットスーパーに対応していましたが、コロナ禍を受けてさらに対応店舗を増やす計画です。

また「新しい生活様式」に対応するスタイルの買い物体験を提供しています。例えば、従業員と消費者の接触を減らすためのスマホを使ったレジレス決済、ネットスーパーで購入した商品を配達せずに店頭でスムーズに受け取れる専用カーレーンなどさまざまな買い物ニーズに合った対応を行い、ポストコロナ時代への対応には相当に力を入れているようです。オンラインとリアルの融合という意味ではぜひ参考にしたい事例でしょう。

小売大手とスタートアップの協業がトレンド

大手小売りとスタートアップの協業が活発になってきています。概況をご紹介します。

リテールテック系スタートアップが好調

小売業界はリテールテックを活用してDXに取り組まなければならない危機感を強く感じているため、リテールテック系のスタートアップが注目され始めています。

位置情報を利用した実店舗への集客支援サービス、AIを使った自動発注ソフトなど大手でなくともすぐに導入できそうなサービスもあります。小売業向けのサービスに強みをもつスタートアップと協業を検討してみるのはいかがでしょうか。

DXを進めるならオープンイノベーション

DXを本格的に取り組むなら、小売業向けサービスを断片的に利用するのではなく本腰を入れてオープンイノベーションに挑戦すべきでしょう。

企業内にDX人材がいないことに問題意識を感じている企業は多いですが、オープンイノベーションなら人材の流動性を高められ、DXに関するノウハウも獲得できます。停滞した状況を打破する特効薬としてオープンイノベーションが有効です。

リテールテックを活用してポストコロナを乗り切ろう

ポストコロナではリテールテックの活用が小売りの明暗を分けることは言うまでもありません。リテールテック系スタートアップは小売業との協業に積極的であるため、これを機にオープンイノベーションを検討してみてはいかがでしょうか。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント