12.8 C
Japan
土曜日, 1月 28, 2023

エネルギー業界こそオープンイノベーションを!再生エネルギーの利用を推進

私たちの生活基盤を支えるエネルギー業界では、社会の急速な変化に応じて新たな変革が求められています。日本のエネルギー業界が抱える課題とは、どのようなものが考えられるでしょうか。
またそれらの課題に向き合うために、オープンイノベーションも注目されていますが、導入に踏み切れずにいる企業も少なくありません。そこで本記事では、日本のエネルギー業界や再生エネルギーの現状、オープンイノベーションに取り組む企業事例について紹介します。
目次
・日本のエネルギー業界や再生エネルギーの現状
・エネルギー業界のオープンイノベーション事例
・エネルギー業界の変革はオープンイノベーションがカギ

日本のエネルギー業界や再生エネルギーの現状

エネルギーは私たちの生活に欠かせない大切な資源です。一方で日本のエネルギー業界は課題も多く、未来を見据えた課題解決への取り組みが懸念されています。まずは日本のエネルギー業界の現状について見ていきましょう。

エネルギー業界は大きく分けて3つ

エネルギーは大きく分類して「電力」「ガス」「石油」があり、この3つのエネルギーを取り扱う企業群がエネルギー業界です。業界全体の市場規模は約45兆円となり、国内でも最大級の業界規模を誇っています。

日々当たり前に使用されるエネルギーはもちろん需要が高く、今後もこの業界がなくなることはないでしょう。しかし各エネルギーは、使用し続けるには見過ごすことのできない課題もあり、市場の動きに変化が起こっているのも事実です。

たとえば、二酸化炭素の排出量による環境負荷や化石燃料など有限資源の減少は、世界中で問題視されています。国内でもエネルギーの自給率リスクを回避するために、新エネルギーの創出に関心が高まっているでしょう。

生活様式の変化による需要変化も起こりうるかもしれません。エネルギー業界は各エネルギーの特性を活かし、未来の需給構造バランスをどのように実現するべきか考えていく必要に迫られています。

海外の状況変化に影響を受けやすい

日本はエネルギー源として使われる化石燃料に乏しく、海外輸入に大きく依存しています。国内のエネルギー自給率は12%ほどしかありません。

そのため国際情勢などに影響されやすく、安定的なエネルギー源の確保をしづらい点が指摘されています。また化石燃料の国際価格が乱高下するたび、国内の電気料金まで影響が出ている状況です。

エネルギーの安定供給や価格変動リスクの減少は、産業活動の経済活性化につながります。エネルギーの調達先を多角化したり、輸入先地域を分散してコストを抑制したりと化石燃料依存への対策も不可欠でしょう。

日本は再生エネルギーの利用率が低い

再生エネルギーとは、太陽光や風力、水力など自然界に存在する枯渇しないエネルギーのことです。環境問題などの観点から注目度が高く、世界中で導入拡大が取り組まれています。

しかし日本は再生エネルギーの利用率が約15%と低く、世界と比較して普及が進んでいません。その背景には「建設費が高い」「自然状況に左右される(安定して大量のエネルギーを供給することが難しい)」などの理由が挙げられるでしょう。

2012年に固定価格買取制度が導入されてから普及は伸びつつありますが、賦課金による国民負担の増加も問題となっています。今後さらに拡大するためには、これら課題とどのように向き合い対処するかが重要です。

オープンイノベーションが浸透していない

エネルギー業界の課題を挙げましたが、いずれもすぐに解決の糸口が見つかるものではありません。また自社のリソースのみでは難しい問題も含まれているでしょう。

そこで「オープンイノベーション」という考え方が広がっています。オープンイノベーションとは、自社組織内にとどまらず外部と連携し、新たな技術やアイデアを積極的に取り入れる経営戦略のひとつです。

海外では主流な動きの一方で、日本の企業にはまだあまり浸透していない現状があります。今後のエネルギー業界の変革において、従来の考え方からの脱却も企業成長に必要なポイントでしょう。

エネルギー業界のオープンイノベーション事例

ここでは、オープンイノベーションを行っているエネルギー業界の企業事例を3つ紹介します。

【Looop】MY発電所キット

株式会社Looopでは、「自分で作れる」をコンセプトに太陽光発電システム「MY発電所キット®」を販売しています。低コストにより中小企業や個人も導入しやすく、開始から半年で日本全国500ヶ所以上での設置を達成しました。一貫したサービス提供能力で共創パートナーと再生エネルギーの最大普及を目指しています。

【スマートテック】Zソーラー

株式会社スマートテックでは「Zソーラー」で自社所有の太陽光発電システムを無償で設置するサービスを行っています。期間中は日中の使用電気を割安で利用でき、毎月の電気代を節約可能です。太陽光発電システムの導入コストの課題に目を向け、安価な再生エネルギーの提供を実現しています。

【東京電力ベンチャーズ】初期投資ゼロサービス

東京電力ベンチャーズ株式会社シャープエネルギーソリューション株式会社と共創し「初期投資ゼロ」の法人向け太陽光発電サービスを開始しました。設置費用を負担して導入ハードルを下げ、相互が得意とする役割分担で維持から管理まで稼働支援します。より安心で安全な新しい社会インフラの創出と再生エネルギーの普及拡大に貢献するでしょう。

エネルギー業界の変革はオープンイノベーションがカギ

日本のエネルギー業界や再生エネルギーの現状、オープンイノベーションに取り組む企業事例について紹介しました。需要供給の高いエネルギー業界だからこそ、山積みにされている課題に対して真摯に向き合わなければなりません。

特に地球環境問題や自国のエネルギーの安定供給については、再生エネルギーなど新エネルギーの創出に期待が高まっています。しかし、これら課題の取り組みには自社リソースでは補えない大きな問題も含まれているのが現状です。

オープンイノベーションを通して共創パートナーを得ることで、エネルギー業界は持続可能な社会に貢献し、ますます発展していくでしょう。

地域課題の解決を持続的に支える新たな形の電力事業「SOCIAL ENERGY」の提供開始

2021年3月29日
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント