12.8 C
Japan
土曜日, 1月 28, 2023

【アイカサ×JR東日本グループ】さらなる協業推進へ|「傘シェアリングスポット」山手線全駅に導入

傘のシェアリングサービス「アイカサ」を運営するNature Innovation Groupは、2019年のJR東日本スタートアップとの資本業務提携と実証実験実施以降、首都圏主要駅を中心に傘シェアリングスポットの導入を進め、2021年1月には山手線全30駅に84スポット119台の傘立ての設置を完了した。雨の日が増えてくるこれからの時期に合わせ、傘のシェアリングを無料で利用できるキャンペーンが実施される。

山手線全駅への設置完了後、各駅での利用者も少しずつ増加し、現在アイカサ設置箇所の中で最も使われる路線となっている。認知度も傘立てへの接触人数も増えてきたこのタイミングで、株式会社ジェイアール東日本企画(以下「jeki」)と共同で傘立ての前面を広告媒体として販売を開始し、傘シェアリングスポットの新たな価値を提供する。
今後とも多くの方が利用される駅を中心に導入を進め、「傘を持ち歩かない生活」「雨の日に濡れない体験」を提供し、使い捨て傘ゼロを目指す。

<山手線展開記念無料キャンペーン>
山手線全駅導入に際し、新生活が始まり、雨の日が増えてくるこの時期、山手線をご利用のお客さまに、「雨の日の移動が少しでも快適にハッピーになりますように!」という願いを込めて3日分の無料クーポンがプレゼントされる。

【クーポン配布期間】 4月30日まで
【クーポン概要】 「アイカサ」サービス3日間分無料(210円分の割引)。
【クーポン配布場所】 山手線30駅に設置されている傘立てにクーポンコードを記載。
【クーポン利用方法】

傘立て広告媒体販売開始

JR東日本の駅構内の広告を扱うjekiと共同で、傘立ての前面を広告媒体として販売する新たな協業を開始。傘立てを“広告枠”とするスキームにより、広告クライントは傘シェアリングサービスの持続可能な取り組みに参画し、傘シェアリングユーザーへの広告アプローチとSDGs貢献メッセージの双方の実現に繋げることができる。

アイカサとJR東日本グループの協業

「交通の拠点」という役割を超えて、駅を“つながる”「暮らしのプラットフォーム」へと転換し、豊かな「くらしづくり」の実現を目指すJR東日本グループとアイカサは、山手線の全駅設置を皮切りに今後もJR駅構内の便利な場所に拡大を進め、駅を利用する顧客や沿線の皆が「雨の日」も便利に楽しく過ごすことのできる、心豊かな社会づくりに取り組んでいく。

①雨の日の移動をシームレスに
駅の改札を出て街へ向かう徒歩移動において、天候に左右されないスムーズな移動をサポート。

②SDGsの取り組みの推進
ビニール傘を中心に、列車内に忘れられる傘や駅及び周辺地域に廃棄される傘を減らし、CO2の削減に寄与。

JR東日本スタートアップ柴田社長からのコメント

ついに、JR山手線全30駅コンプリートしましたね。感慨深いです。傘のシェアリングにより環境に優しい社会をつくるというコンセプトに共感。JR上野駅でサービスを開始してからもう2年近くになります。今回さらに傘立てを広告枠に活用するという新たなビジネススキームも確立、さらなる拡大の土台ができました。もっともっとアイカサのスポットを拡大していきましょう。駅から、使い捨て文化を変えていきましょう。未来につながる地球に優しい社会を、一緒に実現していきましょう。

傘シェアリングサービス「アイカサ」とは

「アイカサ」は、2018年12月にサービスを開始した、日本初の本格的な傘のシェアリングサービスである。突発的な雨にもビニール傘をわざわざ購入せずに、アイカサを借りて利用し、雨が止んだ際には最寄りの傘スポットに傘を返却することができるのが特徴。現在は、東京駅や新宿駅をはじめとした都内全域と関東、関西、福岡、岡山、愛知などでの展開を合わせて、スポット数約800箇所​。アイカサ累計登録ユーザー数は合計12万人超えを達成。傘がないことによって移動ができないことや濡れて不快になることを無くし、「雨の日のプラットフォーム」としてのインフラを構築、傘をシェアし使い捨て傘ゼロを実現する社会づくりをミッションにしている。

アプリ登録はこちらから
https://mobile.i-kasa.com/download

アイカサ設置沿線

利用方法について

アイカササービスご利用フロー
(1)利用登録

(2)傘を借りる

(3)傘を返却する

アイカサ利用料金

株式会社Nature Innovation Group 会社概要

社名株式会社Nature Innovation Group
設立2018年6月19日
所在地東京渋谷区代々木 3-1-10 代々木中央ビル4F
代表者代表取締役 丸川照司
事業概要遊休スペースを活用した傘のシェアリングサービス「アイカサ」を運営
URLhttps://i-kasa.com/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント