12.8 C
Japan
水曜日, 6月 23, 2021

DataGateway、ブロックチェーンアクセラレータープログラム「Berkeley Blockchain Xcelerator 2021」に採択|日系企業唯一の選出

DataGatewayはアメリカ西海岸の国際的名門大学であるカリフォルニア大学バークレー校が主催するブロックチェーンアクセラレーションプログラムに採択された。今回応募があった200社以上のうち、最終的に選出された企業は21社であり、唯一の日系企業としての選出となった。

DataGatewayの開発領域

DataGatewayは「IPFS(※1)とマルチブロックチェーンインフラを用いた分散型インターネットエコシステムとサービスプラットフォームの構築」というテーマで採択された。

DataGatewayで開発を進めている分散型プラットフォーム「3Cloud」はP2Pプロトコルによって実現されたクラスター・コンピューティングのネットワークであり、認証されたアイデンティティの参加によって完全に動作するストレージ兼ネットワーク・プラットフォームを実現するものである。暗号化された安全で費用対効果の高いサービスであり、ブラウザ内で基盤となるIPFSやマルチブロックチェーンネットワークへのアクセスを提供する。クラウドサーバ上に複数のノードを構築して分散保管することで、1つのサーバが攻撃されたとしても情報が危険にさらされることはなく、データの改ざんも防ぐことができる。

実用例
・分散型で安全なクラウドストレージ
・分散型SNS
・デジタルアイデンティティとウォレットの分散化
・スマートシティに使われるデバイスのネットワーク構成
・暗号化メッセンジャー
etc

3Cloudのネットワークイメージ(左:中央集権型クラウドサービス、右:3Cloud)

現在DataGatewayが推進している3Cloudの事業実例

・北海道で、サツドラホールディングスとの共同開発を進めている、ブロックチェーンを用いた新しい決済システムと、3Cloudを用いたデータ基盤システムを構築している。

・山口市では医療法人青藍会と協力し、IPFSとDID(※2)を活用したプライベートメッセンジャーの実証を進めている。

DataGateway CEO 向縄 嘉律哉 からのコメント

弊社では、データのセキュリティや所有権が問題となる昨今、分散型のネットワークを構築することで、データ管理のあたらしい世界(Web3.0)を実現できると考えています。

私たちの考えるWeb3.0とは、末端にいるユーザーが自身のデータに所有権を持ち、コントロールできる状態のことです。例えばユーザーが送っているデータ、受け取っているデータに対して、各々が「何を支払い」「何を受け取っているのか」が明確に可視化され、改ざん耐性があり、後から確認できる状態を指します。日本政府も推進しているSociety5.0においても、同様の仕組みが必要とされているため、とても重要な技術です。

可視化と確認が可能であることにより、現在の情報の中央集権型(=ある機関により情報が管理されている状態)から、分散型の管理(=各々が情報やデータの所有権を持つ状態)に移行できるようになります。国際情勢の急激な変化や、個人情報への考え方が変化する昨今では、Web3.0の概念が情報やデータを管理する上で標準的な考え方となる時代が到来すると考えています。そのような社会に差し掛かる中で、3Cloudは新たなプラットフォームとなることを目的として開発を進めております。
 
今回、Berkeley Blockchain Xceleratorに選ばれたことは技術開発を主眼とした会社として大変名誉なことだと考えています。3Cloudはすでにいくつかの実例において活用されており、今回のアクセラレータープログラムを通じてさらにプロダクトをブラッシュアップし、グローバル企業として世界にチャレンジしていきます。

UC Berkeley Xcelerator とは?

UC Berkeley Xcelerator とは、ベイエリア(シリコンバレー・サンフランシスコ一帯の総称)に位置する世界的な名門大学であるカリフォルニア大学バークレー校(通称:UC Berkeley)が大学公式に主催するブロックチェーンに特化したアクセラレーションプログラムであり、最も成功しているブロックチェーン・アクセラレーターの一つとして世界的に知られている。

これまでに40社以上の企業を成長させ、シードおよびアーリーステージの資金調達額は2,500万ドルを超え、一期生の75%以上がフォローオン資金を調達している。

本アクセラレーションプログラムは、UC Berkeley の工学部、Haas School(MBA)、Fortune500 カンパニーにブロックチェーンコンサルティングなどを行っている Blockchain at Berkeley によって提供される 6 ヶ月間のプログラムとなっている。

プログラム中には、Pantera Capital、Blockchain Capital や Coinbase といったシリコンバレー・世界を代表する投資家、企業などから事業やピッチに対するアドバイスやメンタリングを得ることができるのに加え、Berkeley のアルムナイネットワークや研究者ネットワークにもアクセスすることができる。

昨年に日系企業として唯一選ばれたStake Technologies社は、Binance Labs、HashKey、PAKA Ventures、LongHash Ventures、Digital Finance Groupから総額約2億5,000万円の資金調達を実施するなど、グローバル企業としてめざましい成長を遂げた。
2021年のXcelerator Cohortの応募プロセスは、これまでで最も競争の激しいものとなり、DeFi、オラクル、インフラ、メタバーズ、サステナビリティ、新しいクリプト投資ツールなど、多様な分野に200以上の応募があり、21企業が採択されている。

アクセラレーション期間中に得られるもの

本アクセラレーションに参加することでDataGatewayは以下のメリットを享受することができる。

・UC Berkeleyの産業界と学術界の優秀なメンターからプロダクトをブラッシュアップするためのアドバイスを受けることができる。

・シリコンバレー・サンフランシスコの投資家ネットワークからの投資機会にアクセスすることができる。

・UC Berkeley の人的なネットワークと人材採用チャネルを活用し、優秀な人材を採用できる。

・UC Berkeley の企画するブロックチェーンイベントの参加と登壇機会を得ることができる。
グローバルにおけるプロダクトのグロースに向けたメディアチャンネルにアクセスできる。

世界最先端のシリコンバレー・サンフランシスコのブロックチェーンエコシステムに参加し、世界的なプレゼンスの向上及び世界で使われるプロダクトの開発を加速させる。

※1
IPFS(InterPlanetary File System)は、Protocol Labsが開発しているウェブをより速く、より安全で、よりオープンにするために設計されたピアツーピアのハイパーメディアプロトコルである。IPFSでは、ファイルの場所ではなく、内容に基づいてファイルを管理する。
出典:出典:Protcol Labs公式サイトより翻訳
※2
DID(分散化 ID )は、一種の信頼フレームワークである。この中ではユーザー名のような識別子の代わりに、自己所有型で独立した ID を使うことができる。これによって、ブロックチェーンや分散型台帳テクノロジを使ったデータ交換が可能になり、プライバシーが守られるとともにトランザクションがセキュリティで保護される。
出典:マイクロソフト社公式webより引用

Berkeley Blockchain Xcelerator 2021選定についての公式発表


https://medium.com/berkeley-blockchain-xcelerator/berkeley-blockchain-xcelerator-announces-selection-of-the-2021-cohort-cdf02cdb7354

DataGateway株式会社について

「先端技術を駆使してデジタル社会を実現する」というビジョンのもと、 AI・データサイエンス、ブロックチェーン技術、分散コンピューティング、分散IDを柱に事業開発を行っている。インド最大級のデータサイエンティストコミュニティ「bitgrit」を運営し、インドエンジニアの日本での就職を支援することに加え、世界屈指のIT国家として日本でも注目の高まりつつあるエストニアでR&Dチームを組織するなど、世界各国の拠点にて、グローバルに事業を展開している。

社名DataGateway株式会社
設立2019年2月12日
所在地〒153-0051 東京都目黒区上目黒3丁目4-3小金井ビル4F
代表者代表者代表取締役社長 向縄 嘉律哉
URLhttps://datagateway.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】「人間と自然の掛け橋」に。兵庫県加古川市の優良企業ムサシがスタートアップ協業

【オープンイノベーションインタビュー】 明治時代に全国屈指の金物のまち兵庫県三木市で金物問屋として創業し、1983年にムサシを設立。加古川に本社を置く同社は、高枝切鋏のムサシとして業績を軌道に乗せ、今現在はセンサーライトと園芸用品のムサシとして事業成長をしている優良中堅企業です。 そんな人と自然に関わる事業を展開する地域の牽引企業として、ここ数年最前線で課題に感じているのは、高齢者が加速するライフスタイルの多様化についていけない現状なのだとか。 そこで、スタートアップとの協業により、企業の枠を超えて社会課題解決につながるサービスや製品を生み出すべく、Crewwのオープンイノベーション支援サービスを使い、アクセラレータープログラム開催に向けて一歩を踏み出しました。 オープンイノベーションに乗り出すに至るまでの思いを、株式会社ムサシ代表取締役社長の岡本篤氏に伺ってみました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #ムサシ #大挑戦時代をつくる #Creww

日野自動車「本気のDX」。デジタルがブルーオーシャンの物流業界を変革し、日本に活力を

【アクセラレーターインタビュー】 1942年の設立以来、社会にとって必要不可欠なトラック・バスづくりを担い、日本の物流を支えてきた日野自動車。しかし、技術革新やライフスタイルの多様化に伴い、人や物の移動を取り巻く環境は急速に変化。さらに、ドライバー不足やCO2排出量の削減、持続可能な交通網の維持など、解決すべき社会課題は多岐にわたっています。 そこで、自社でのソリューション開発・提供だけでなく、他社との協業による社会課題解決を目指し、「HINO ACCELERATOR 2021 -HINO DE SAFARI-」を実施。スタートアップの技術やアイデアに日野のアセットを掛け合わせることで、物流業界や社会の課題を解決し、新たな価値提供を目指しています。具体的にどのような思いで取り組んでいるのか、日野自動車CDO(Chief Digital Officer)デジタル領域長の小佐野豪績氏に話を伺いました。

「呼べば5分で届く世界」セイノーHDとエアロネクストがオープンイノベーションで描く空の革命

【アクセラレーターインタビュー】 既存物流とドローン物流を連結・融合させた新スマート物流サービスを確立すべく、2021年1月にセイノーHDとエアロネクストが業務提携を締結。現在、山梨県小菅村にて、無在庫化と無人化を特徴とする、スマートサプライチェーン「SkyHubTM」の実証と実装にむけたプロジェクトを展開中です。 今回は、セイノーHDの河合 秀治氏とエアロネクスト田路 圭輔氏にご登壇いただき、「 SkyHubTM」についての詳細や協業に至った経緯、今後のビジョンなどについてお話しいただきました。 #オープンイノベーション #業務提携 #アクセラレーターインタビュー #セイノーホールディングス #エアロネクスト #SkyHubTM #スカイハブ #小菅村 #実証実験 #ドローン物流 #大挑戦時代をつくる #Creww

物流ソリューションの未来を切り開く為、これまでの常識にとらわれない「次の物流」の開発に、スタートアップの皆さまとチャレンジさせていただきたい。

【アクセラレーターインタビュー】 物流業界大手の佐川急便が、2021年度もアクセラレータープログラムを実施します。2014年からオープンイノベーションに積極的に取り組んできた同社は、スタートアップとのアライアンス活動の要となる新たな基地として、昨年「HIKYAKU LABO」を新設。物流を取り巻く環境や顧客ニーズが激変する中、スタートアップとの協業によって持続可能な社会を作るべく、社会課題の解決に取り組んでいます。「アクセラの審査には通過しなかったとしても、応募いただいたスタートアップとは何かしらの協業を模索したい」と語る執行役員・藤野博氏に、佐川急便がオープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップと狙いたい領域などを伺いました!
Facebook コメント