12.8 C
Japan
月曜日, 2月 6, 2023

フォースタートアップス、Yuimediの起業を支援|【医療×データ×患者】医療の共同意思決定をデジタルソリューションでサポート

成長産業支援事業を推進するフォースタートアップスは、インキュベイトファンドと連携し、Yuimediの起業を支援した。

フォースタートアップスは、国内トップクラスのベンチャーキャピタルと連携して、起業支援サービスを提供している。本サービスは、当社ヒューマンキャピタリストが社会課題の解決に挑戦する勇気とリーダーシップを兼ね備えた優れた人材を発掘し、日本を代表するベンチャーキャピタリストとの壁打ちによる事業プランのブラッシュアップを経て、数億円規模の出資と共に、スタートアップ企業および起業家を創出する取り組みである。

これまでに、ユアマイスター株式会社(代表取締役 星野貴之)、株式会社グラファー(代表取締役CEO 石井大地)、株式会社TERASS(代表取締役CEO 江口亮介)、Blue Practice株式会社(代表取締役社長 鈴木宏冶)の4社の起業支援を実施。今回で5社目となる。

Yuimedi(ユイメディ)について

Yuimedi社は、「治したい」という真摯な想いと、「治りたい」という切実な願いを叶えるために、医療・ヘルスケアシステムのデータを介して一つに結う会社。医療×データ×患者との共同意思決定をキーワードにプロダクトの開発及びコンサルテーションを実施。医療リアルワールドデータの研究やエビデンスに基づく医療(EBM)の実施をサポートする。


株式会社Yuimedi 代表取締役社長 グライムス 英美里 氏 プロフィール
京都大学薬学部卒業、薬剤師免許取得後に武田薬品工業株式会社へ入社。開発部門にて治験管理に従事後、産官学を通じた日本の医療システムの改善に興味を持ち、スイスチューリヒ工科大学にて医学産学薬学のマスターを取得。その後、マッキンゼーアンドカンパニーにて経営コンサルタントとして活躍し、2020年に株式会社Yuimediを創業。


起業の経緯は当社オウンドメディア「EVANGE」で紹介されている。
EVANGE URL : https://evange.jp/n/n3cabf0ac427c

インキュベイトファンド株式会社 代表パートナー 村田 祐介 氏 コメント

2019年末頃に志水社長からグライムスさんをご紹介頂き、半年強に渡るディスカッションを経てこのチーム/座組でのYuimediの創業に漕ぎ着けることが出来ました。医療ビッグデータを活用して医療品質の向上に資する取り組みは業界でもまだ始まったばかりですが、新型コロナウイルス感染症の拡大に伴って医療に係る社会課題が浮き彫りになった今、社会実装が急務となっている領域と捉えています。グライムスさんを中心とした素晴らしいチームとともに伴走させて頂き、大きな挑戦を支えていきたいと思います。

フォースタートアップス株式会社 代表取締役兼CEO 志水雄一郎 氏コメント

当社創業当初よりインキュベイトファンドのみなさまと解決すべき社会課題のテーマ群を共有・議論させていただき、その課題を解決する可能性のある人物を発掘して起業への挑戦をサポートしています。グライムスさんは、日本の現状やヘルスケア分野における課題意識が明確であったため、投資領域の一つとしてヘルスケア分野の社会課題解決に取り組んでいる村田代表パートナーとすぐにお引き合わせをしました。引き続きグライムスさんの挑戦を支えるとともに、様々なバックグラウンドを持った人が自分自身の可能性に挑戦できることが当たり前の社会を、スタートアップエコシステムに関わる皆様と築き上げてまいりたいと思います。

当社は、今後も日本の成長に重要なスタートアップエコシステム発展のために、起業家・スタートアップ企業の成長支援に取り組んでまいります。

株式会社Yuimedi 概要

社名株式会社Yuimedi
設立2020年11月30日
資本金東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル3F
代表者代表取締役社長 グライムス 英美里
事業概要1. 医療データの取得及びデータベースの構築
2. 医療データの分析、調査及びコンサルティング業務
3. 各種情報を用いた解析の受託業務及びこれに関連するコンサルティング業務
4. 疫学研究におけるマッチングサービスの企画、開発及び運営
5. 疫学研究、論文・レポート作成及び販売
URLhttps://yuimedi.com/

フォースタートアップス株式会社 概要 

フォースタートアップスは、「世界で勝負できる産業、企業、サービス、人を創出し、日本の成⻑を支えていく」 ために、「for Startups」というビジョンのもと、インターネット/IoTセクターをはじめ、ディープテック等リアルビジネス領域も含めた起業支援と転職支援を中核とした成長産業支援事業を推進。国内有力ベンチャーキャピタルと連携したスタートアップ・ベンチャー企業への戦略的資金支援や、成⻑産業領域に特化した情報プラットフォーム「STARTUP DB(スタートアップデータベース)」の運用、及び、大企業とのビジネス共創モデルによる産業エコシステム強化にも取り組む。

社名フォースタートアップス株式会社
設立2016年9月1日 
資本金東京都港区六本木1-6-1 泉ガーデンタワー36F 
代表者代表取締役社⻑ 兼 CEO 志水 雄一郎 
事業概要成長産業支援事業
URLhttps://forstartups.com/ 
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント