12.8 C
Japan
土曜日, 4月 10, 2021

セブン銀行子会社 セブン・グローバルレミットが協業により「Sendy」の提供を開始

株式会社セブン銀行子会社の株式会社セブン・グローバルレミットは、スマートフォンアプリによる海外送金サービス「Sendy(センディー)」の提供を開始し、ベトナム向け海外送金を2021年3月29日(月)より開始したことを発表した。

デジタル化の加速に対応する金融サービス

金融サービスを通じて日本に住む外国人の方にとって住みやすい環境の実現を目指し、世界の「ワールド・ベストデジタル・バンク」*1と評されるDBS Bank Ltd.(本社:シンガポール、CEO:ピユーシュ・グプタ、以下 DBS銀行)と個人向け海外送金スキームでの協業について、2020年9月にセブン銀行は合意いたしました。

本合意により、セブン・グローバルレミットが提供するスマートフォン専用アプリ(以下 Sendyアプリ)にてベトナム向け海外送金が可能になりました。全国25,000台以上のセブン銀行ATMで現金チャージ(入金)し、Sendyアプリのアカウントから手軽に海外送金ができます。簡単、便利な送金を行いたいというお客様のニーズに応え、銀行口座開設不要で入国直後からの利用が可能です。

なお、本サービスはFintech企業であるKipp Financial Technologies(キップフィナンシャルテクノロジーズ)株式会社と協働しております。本サービスの提供にあたっては、Kippが開発したBaaS*2の仕組みを採用し、DBS銀行の海外送金システム(DBS Remit API)と接続することでお客様の送金手数料の削減を実現いたしました。

デジタル化の進展が一層加速している今、DBS銀行が持つ世界最先端のデジタル金融ノウハウとKippのBaaS技術を取入れながら、セブン銀行およびセブン・グローバルレミットは日本に住む外国人の方の生活に寄り添ったより簡単、便利な金融サービスの提供に努めてまいります。

*1 金融専門情報誌「ユーロマネー」で2016年と2018年に“World’s Best digital Bank”という称号を授与
*2 BaaS(Banking as a Service):金融機関が提供する機能やサービスをクラウドサービスとしてAPIを介して提供すること

海外送金サービス「Sendy」について

お客様のスマートフォンにダウンロードされたSendyアプリを利用して行う海外送金サービス。銀行口座開設不要であり、アカウント残高の範囲内で海外送金が可能。

サービスイメージ図

詳細はこちらのWebサイトをご覧ください。(URL: https://sendy-app.com/ja/ )

【DBS Bank Ltd.】(URL: https://www.dbs.com/default.page )

会社名  :DBS Bank Ltd.
所在地  :シンガポール
代表者  :ピユーシュ・グプタ
事業内容 :銀行業
設立年月日:1968年7月16日

【Kipp Financial Technologies 株式会社】(URL: https://kipp-corp.com/ )

会社名  :Kipp Financial Technologies 株式会社
所在地  :東京都千代田区大手町1-6-1 大手町ビル4階 FINOLAB内
代表者  :中島 拓也
事業内容 :金融サービス 企画・開発
設立年月日:2018年3月20日

【株式会社セブン・グローバルレミット】(URL: https://7gr.co.jp/ja/ )

会社名  :株式会社セブン・グローバルレミット
所在地  :東京都千代田区丸の内1-6-1
代表者  :植木 康晴
事業内容 :外国人居住者向け金融サービス、銀行代理業、資金移動業、貸金業代理店
設立年月日:2019年6月3日

イノベーションを起こし続けるセブン銀行から学ぶ、デジタル時代の事業戦略

2021年2月11日

「身近な便利」を共創!社会課題解決型アクセラレーターをセブン銀行が開始

2021年1月8日

【セブン銀行 × one visa】 外国籍人材向けビザ申請サービス“one visa” アクセラレータープログラムから資金調達成功までの裏側!

2019年7月30日
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

まだ世の中にない新たな体験価値を創出する、「香り噴霧器」の製品化を目指す|アネスト岩田のオープンイノベーション

自動販売機から美味しそうなコーヒーの香りが漂ってきたら、新しい購入体験にならないだろうか――。スタートアップとの協業により、既存技術を生かした“飛び地”の新規事業創出に取り組んでいる、アネスト岩田。 そんな同社が2020年から導入したアクセラレータープログラムで、香り空間演出・プロデュース事業を展開するスタートアップ「SceneryScent」との協業を進めているのは、発電システムチームの和泉孝明氏です。具体的に、どのような挑戦をしているのかを伺いました。 #アネスト岩田 #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる

協業で四角い頭を丸くする。既存事業の「飛び地」を狙った新規事業を形にしたい|アネスト岩田のオープンイノベーション

【イントレプレナーインタビュー】 日本の塗装用機械器具や空気圧縮機を90年以上リードし続けてきたアネスト岩田。そんな同社が、2020年から初めて導入したのがCreww(クルー)のアクセラレータープログラムです。 今回はスポーツ領域のスタートアップ「KuruSPO(クルスポ)」との協業を進めている、デジタルマーケティングチームの小針一晃氏にお話を聞きました。

【スタートアップスタジオ】大企業から4人のスタートアップへ転身ー「自分の時間をどこに投資したほうがいいか考える」

【スタートアップスタジオ】 Crewwが運営するスタートアップスタジオ「STARTUP STUDIO by Creww」の各プロジェクトには、ファウンダー(創業者)だけではなく、一緒にビジネスを加速させるための重要なメンバーたちがいます。確かな熱意と覚悟をもってジョインしているメンバーインタビュー連載第1弾は、スタートアップスタジオをきっかけに大企業からスタートアップへ転身した小栗さんにお話を伺いました。 #スタートアップスタジオ #インキュベーションプログラム #GiverGiver #大挑戦時代をつくる #Creww

【新規事業インタビューvol.7】ウェビナーをもっと効率的に。もっと出会いの場を。新しいイベント管理ツール – Connelva

【スタートアップスタジオ】「STARTUP STUDIO by Creww」は、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。プログラム運営担当の寺田が”社会を変える挑戦”に挑む新規事業開発について紹介するインタビュー第7弾ー。今回は「コネルバ」ファウンダーのせきともさんにお話を伺いました。 #STARTUP STUDIO by Creww #コネルバファウンダー/せきとも氏インタビュー #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント