12.8 C
Japan
水曜日, 6月 23, 2021

【リコー×ゼロワンブースター】統合型アクセラレータープログラム「TRIBUS2020」の成果発表会「TRIBUS Investors Day」を開催!

ゼロワンブースターはリコーと共同で、社内起業家とスタートアップ企業の成長を支援し、事業共創を目指す社内外統合型のアクセラレータープログラム「TRIBUS 2020」の成果発表会「TRIBUS Investors Day」を開催しました。

2019年度に引き続き、2回目となる「TRIBUS Investors Day」では、2020年10月の統合ピッチコンテストを通過した社内起業家5チームとスタートアップ企業10社が、提案商品のテスト販売やプロトタイプによる実証実験など、事業の進捗状況や今後の展開について成果発表を行った。今年度は2つの賞を新設し、「TRIBUS社内起業賞」には社内審査員および社外投資家の審査により社内起業家Xチームが選ばれ、来年度からの自由裁量権を持った活動が認められた。また、「TRIBUS企業賞」には富士通株式会社の「富士通アクセラレーター」とKDDI株式会社の「KDDI ∞ Labo(ムゲンラボ)」の担当者が特に注目したスタートアップ企業3社が選ばれ、それぞれの企業との面談の機会を獲得した。

本プログラムは、リコーグループ社員であれば誰でも応募ができる社内起業家プログラムと、スタートアップからの応募を募るプログラムを統合した形で運用する、統合型アクセラレータープログラムである。本年度は、「次の当たり前になる」をテーマに、はたらく人の創造力を支える新しい時代のビジネスアイデアを広く募集し、リコー社内からは87件、社外からは156件、計243件の応募があった。現在、リコーグループ社員約1200名が社内コミュニティに登録し、参加チームのニーズに合わせてアンケートや実証実験に参加したり、約250名がサポーターとなり、専門分野のアドバイスを行うなど、活動を支援している。

また、参加したスタートアップ企業の一部は「Microsoft for Startups」とTRIBUSの連携を活用し、Microsoft Teams向けのアプリケーション提供を行うなど、リコーグループ外からもビジネス支援の機会を受けた。

なお、本プログラムは1年間の活動を通じ、新型コロナウイルスの感染症拡大防止の観点から、説明会やピッチコンテスト、事業創造のためのワークショップなどのイベントを全てオンラインで実施している。「TRIBUS Investors Day」では、ニューノーマル(新常態)としてデジタルツールを駆使した運営を行う中、視覚や聴覚以外にも五感を使って一体感を得られるよう「TRIBUSの香り」を開発し、試験的に活用した。今後もイベントやワークショップなどで活用していくものである。

リコーは、3年目となる来年度も「TRIBUS 2021」として本プログラムを継続する。募集テーマは「不可逆な世界でこれからの選択肢をつくる」である。リコーの創業者である市村清は、理化学研究所から生まれたベンチャー企業としてリコーを創業し、その後も世の中にイノベーションをもたらす製品やサービスを数多く生み出した。リコーは、その創業の精神に立ち返り、チャレンジする人の支援・育成、新規事業の創出を促進する文化のさらなる醸成を目指す。

「TRIBUS 2020」参加企業/チーム概要

株式会社Acompany(代表者:高橋 亮祐)
「医療データ連携における秘密計算活用」

リコーのヘルスケア事業(特に地域包括ケア事業)における医療データの利活用に関する情報交換を実施。Microsoft for Startupsに採択。

[富士通アクセラレーター賞] KBE株式会社(代表者:白壁 和彦)
「人事AIアシスタントresearcHR(リサーチャー)」

リコー内3部署でトライアル実施中。Microsoft Teams版サービスをリリースし、Microsoft社とのソリューション連携を開始。

株式会社シューマツワーカー(代表者:松村 幸弥)
「副業したい約30,000名以上のIT人材(エンジニア・デザイナー・マーケター)に業務を依頼できるサービス」

リコージャパンおよびお客様のニーズを確認するインタビューを28部署46人実施、お客様2社へのサービス導入検討中。リコーグループ内での利用およびサービス化の議論を継続。

[富士通アクセラレーター賞] 株式会社Studio Ousia(代表:渡邉 安弘)
「最新の自然言語処理技術を活用した、多言語・曖昧検索を可能にする企業内検索エンジン」

リコーグループ内ITヘルプデスクのデータを利用した技術検証実施。リコーが開発中のシステム向け検索エンジンをリリース。

[KDDI ∞ Labo賞] 株式会社datagusto(代表者:パー 麻緒)
「自動調理器の手軽さで、材料(データ)から自社専用の料理(意思決定支援AI)を作成し、利用できるSaaS型セルフAIサービス」

AI活用のニーズ確認のヒアリングを実施し、UI開発に反映。社内実践を3部門で実施し、全ての部署が継続利用意向。社内外営業向けセミナーを実施し4社からのリードを獲得し、初期ターゲット明確化。リコージャパン商品企画部門と継続検討。

ユニロボット株式会社(代表者:酒井 拓)
「コミュニケーションロボットによる人手不足解消ソリューション」

リコーグループ内、2部門との協業検討を開始。「RICOH Future House」学童保育施設「コサイエ」での「unibo」実証検証検討中、リコージャパンデジタルビジネス事業本部とイベントソリューションとしての「unibo」を検証中。お客様に対して、リコージャパンと共同提案検討2件。

株式会社Synamon(代表者:武樋 恒)
「働き方や社会が大きく変化している中で、VRを活用し、より働き方の多様性を実現させます」

「RICOH Collaboration Hub」のVR化を実施。リコーグループ複数部門と連携した検討を継続。

コグニティ株式会社(代表者:河野 理愛)
「オンライン商談を強化するレポーティングサービスについて、テレワーク中のお取引先様のビジネスコミュニケーション強化に向けたサービスを開発し、働き方改革に貢献する」

リコーグループ内287名に営業トーク分析アンケートを実施。リコーグループ内でトライアル導入を実施。

株式会社With Midwife(代表者:岸畑 聖月)

「はたらく人の健康と子育てを、オンラインと全国ネットワークを使い助産師がサポート」

リコーグループ内で相談者を募集、アンケート回答者317名、実証実験利用者(46名)。サービスを「TheCARE」としてリニューアル、サービス提供開始。システムの要件定義を検討。

株式会社グローバル・カルテット(代表者:城 みのり)
「リサーチ&コンサルティング特化型プラットフォーム『リサーチナレッジコミュニティー』」

リサーチ特化型の新プラットフォームサービスを立ち上げ中。リコー社内におけるヒアリング並びに試行版でのサービス実施+評価を経て、3月末にクローズドβ版をリリース。TRIBUS2021でも活用予定。

「TRIBUS社内起業家賞」受賞チーム

株式会社リコー(代表者:岩田 佳子)
「聴覚障がい者向けコミュニケーションサービス」

聴覚障がい者に対し情報保障を検討している人事部門や支援団体にヒアリングや、リコーグループの対象者へのPOCを行い、オンライン会議での発言をテキスト化できるシステムを利用することでコミュニケーション向上について反響を得て開発を加速。

株式会社リコー(代表者:灰谷 公良)
「現実空間に全方位映像を映し出せる投影装置(裸眼XRシステム)を開発」

「WARPE(ワープイー)」ブランドとして、リアルの場における体験を進化させる事業を展開。第一弾の事業として、デジタルサイネージ用途での事業探索を開始。

株式会社リコー(代表者:渡辺 恵里)
「思い描いているものをリアルタイムに視覚化するビジュアルコミュニケーションシステムの開発」

piglyph(ピグリフ)ブランドでプロトタイプを制作し、社内外イベントでの約50件の実証実験実施および数社との協業探索。

関連ニュース

社内起業家とスタートアップを支援する事業共創プログラム「TRIBUS 2020」を開始
https://jp.ricoh.com/release/2020/0513_1/

「TRIBUS 2020」、アクセラレータープログラム参加15チームが決定
https://jp.ricoh.com/release/2020/1015_1/

新たな事業を共創する場「RICOH Collaboration Hub」をVR空間上で再現
https://jp.ricoh.com/release/2021/0114_1/

リコー、現実空間に全方位映像を映し出せる投影装置を開発
https://jp.ricoh.com/release/2021/0308_2/

関連リンク

TRIBUS特設サイト
https://accelerator.ricoh/

*Microsoftは、米国 Microsoft Corporationの米国及びその他の国における登録商標または商標である。
*その他、このニュースリリースに記載されている社名、製品名は、各社の商標または登録商標である。

リコーグループについて

リコーグループは、オフィス向け画像機器を中心とした製品とサービス・ソリューション、プロダクションプリンティング、産業用製品、デジタルカメラなどを世界約200の国と地域で提供している。(2019年3月期リコーグループ連結売上は2兆132億円)。
創業以来80年以上にわたり、高い技術力、際立った顧客サービスの提供と、持続可能な社会にむけて積極的な取り組みを行ってきた。
EMPOWERING DIGITAL WORKPLACES – 人々の“はたらく“をよりスマートに。リコーグループは、さまざまなワークプレイスの変革をテクノロジーとサービスのイノベーションで顧客とともに実現する。
詳しい情報は、以下を参照
https://jp.ricoh.com

株式会社ゼロワンブースターについて

「日本を事業創造できる国にして世界を変える」という企業理念のもと、大手企業とベンチャー企業が足りない部分を相互に補完し合い、イノベーションを共創し、事業の成長を加速するオープンイノベーションプログラム「コーポレートアクセラレーター」や社内起業家を発見・育成するプログラム「イントラプレナーアクセラレーター」を展開している。また、起業家や社内の事業開発担当者を育成するアクティブラーニングプログラム「01Dojo」の運営やベンチャー投資、大企業の人材のベンチャー留学など、事業領域を拡大中。また、2020年2月から、個人のアイディアを形にするワーキングコミュニティ「有楽町『SAAI』Wonder Working Community」の運営を行っている。

社名株式会社ゼロワンブースター
設立2012年3月
所在地〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル10階
代表者代表取締役 鈴木規文
事業概要起業家向けシェアオフィス、コーポレートアクセラレーター・イントラプレナーアクセラレータープログラム企画運営、企業内起業人材研修、投資および資金調達支援、事業創造コンサルティング、M&A仲介サポート等
URLhttps://01booster.co.jp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】「人間と自然の掛け橋」に。兵庫県加古川市の優良企業ムサシがスタートアップ協業

【オープンイノベーションインタビュー】 明治時代に全国屈指の金物のまち兵庫県三木市で金物問屋として創業し、1983年にムサシを設立。加古川に本社を置く同社は、高枝切鋏のムサシとして業績を軌道に乗せ、今現在はセンサーライトと園芸用品のムサシとして事業成長をしている優良中堅企業です。 そんな人と自然に関わる事業を展開する地域の牽引企業として、ここ数年最前線で課題に感じているのは、高齢者が加速するライフスタイルの多様化についていけない現状なのだとか。 そこで、スタートアップとの協業により、企業の枠を超えて社会課題解決につながるサービスや製品を生み出すべく、Crewwのオープンイノベーション支援サービスを使い、アクセラレータープログラム開催に向けて一歩を踏み出しました。 オープンイノベーションに乗り出すに至るまでの思いを、株式会社ムサシ代表取締役社長の岡本篤氏に伺ってみました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #ムサシ #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】日野自動車「本気のDX」。デジタルがブルーオーシャンの物流業界を変革し、日本に活力を

【アクセラレーターインタビュー】 1942年の設立以来、社会にとって必要不可欠なトラック・バスづくりを担い、日本の物流を支えてきた日野自動車。しかし、技術革新やライフスタイルの多様化に伴い、人や物の移動を取り巻く環境は急速に変化。さらに、ドライバー不足やCO2排出量の削減、持続可能な交通網の維持など、解決すべき社会課題は多岐にわたっています。 そこで、自社でのソリューション開発・提供だけでなく、他社との協業による社会課題解決を目指し、「HINO ACCELERATOR 2021 -HINO DE SAFARI-」を実施。スタートアップの技術やアイデアに日野のアセットを掛け合わせることで、物流業界や社会の課題を解決し、新たな価値提供を目指しています。具体的にどのような思いで取り組んでいるのか、日野自動車CDO(Chief Digital Officer)デジタル領域長の小佐野豪績氏に話を伺いました。

「呼べば5分で届く世界」セイノーHDとエアロネクストがオープンイノベーションで描く空の革命

【アクセラレーターインタビュー】 既存物流とドローン物流を連結・融合させた新スマート物流サービスを確立すべく、2021年1月にセイノーHDとエアロネクストが業務提携を締結。現在、山梨県小菅村にて、無在庫化と無人化を特徴とする、スマートサプライチェーン「SkyHubTM」の実証と実装にむけたプロジェクトを展開中です。 今回は、セイノーHDの河合 秀治氏とエアロネクスト田路 圭輔氏にご登壇いただき、「 SkyHubTM」についての詳細や協業に至った経緯、今後のビジョンなどについてお話しいただきました。 #オープンイノベーション #業務提携 #アクセラレーターインタビュー #セイノーホールディングス #エアロネクスト #SkyHubTM #スカイハブ #小菅村 #実証実験 #ドローン物流 #大挑戦時代をつくる #Creww

物流ソリューションの未来を切り開く為、これまでの常識にとらわれない「次の物流」の開発に、スタートアップの皆さまとチャレンジさせていただきたい。

【アクセラレーターインタビュー】 物流業界大手の佐川急便が、2021年度もアクセラレータープログラムを実施します。2014年からオープンイノベーションに積極的に取り組んできた同社は、スタートアップとのアライアンス活動の要となる新たな基地として、昨年「HIKYAKU LABO」を新設。物流を取り巻く環境や顧客ニーズが激変する中、スタートアップとの協業によって持続可能な社会を作るべく、社会課題の解決に取り組んでいます。「アクセラの審査には通過しなかったとしても、応募いただいたスタートアップとは何かしらの協業を模索したい」と語る執行役員・藤野博氏に、佐川急便がオープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップと狙いたい領域などを伺いました!
Facebook コメント