12.8 C
Japan
木曜日, 1月 20, 2022

バイエル薬品主催のオープンイノベーションプログラム「 G4A Tokyo Dealmaker 2020」にpiponが採択

piponは、バイエル薬品主催のオープンイノベーションプログラム G4A Tokyo Dealmaker 2020において、研究開発領域におけるビジネス上の課題「プレゼンテーション資料の構築効率化」を解決するシステムを提案し、採択された。

「G4A Tokyo」(ジーフォーエートーキョー)は、ライフサイエンスに関するテーマとして毎回異なる課題を提示し、デジタルヘルス・スタートアップから各課題に対する革新的なソリューションを募集している。
7回目となる今回のプログラムでは、オンコロジー、循環器および研究開発の3領域から課題が提示され、piponは、研究開発(薬事)領域の課題「プレゼンテーション資料の構築効率化」に取り組み、解決するシステムを提案した。
製薬会社では、新薬の世界同時申請・承認に向け各国の規制要件を整理し、最適な薬事戦略を立てることが重要である。これら規制要件は、各国または各プロジェクトにおける様々な会議体の中で、規制要件の概要、共通点や相違点などが議論され、その目的に応じて様々な種類のプレゼンテーション資料が作成されている。多くのデータを含むこれらPPTファイルを参照するために、マニュアルで該当する項目を抽出・整理する作業(該当する項目を探し出す作業)などに時間が費やされていることが課題となっている。今回は、この課題を解決するためのプロトタイプシステムをpiponが提案したのである。

今回piponがプロトタイプしたシステムは、上記の課題に対し、バイエル薬品が指定する下記機能を搭載している。

・検索キーワードを入れると、それに関連したスライドページがサムネイルのような状態で表示される
・表示されたサムネイル一覧から選択すると、そのスライドの内容が作成中のプレゼンにコピーされる
・コピー先のスライドマスターに合わせてスライドの体裁を整える

株式会社pipon 代表取締役 北爪聖也のコメント

今回の採択を受け、当社はバイエル薬品とともに、本システムの実用化に向け共同研究に取り組んでまいります。バイエル薬品では、これらの作業を効率化するのみならず、社内外のステークホルダーとの円滑なコミュニケーションに役立て、新薬の開発プロセス短縮に繋げていくことを目指しています。当社においても、掲げているミッション「テクノロジーを活用して世の中を効率化する」に基づき、業務プロセスの効率化につながるソリューションを提供に努め、医療の現場に貢献してまいります。

株式会社piponについて

株式会社piponは「テクノロジーを活用して世の中を効率化する」をミッションに掲げ2019年9月に設立。医薬業界へデータサイエンスの支援を行っている。

社名株式会社pipon
設立2019年9月13日
所在地160-0022 東京都港区六本木2丁目1ー9
代表者代表取締役社長 北爪聖也
URLhttps://pipon.net/

G4A Tokyo(ジーフォーエートーキョー)について

G4Aは、デジタルヘルスの領域において革新的ソリューションの開発を支援するドイツ・バイエル社のオープンイノベーションプログラムである。日本では2016年より、国内のデジタルヘルス領域を対象としたローカルプログラム「G4A Tokyo」が開始している。バイエル薬品はライフサイエンスに関する課題を提示し、デジタルヘルス・スタートアップから各課題に対する革新的なソリューションを募集する。第1回から第4 回はデジタルヘルスのイノベーターを支援する助成金プログラムを実施し、第5 回以降はスタートアップ企業とのマッチングプログラム「G4A Tokyo Dealmaker」が実施されている。詳細については、以下を参照。
https://www.g4atokyo.jp 

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント