12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

凸版印刷×JTB×JTB総合研究所、3D都市モデルとVPSを一体化した実証実験を実施|高精度な拡張現実によるARガイドアプリでニューノーマルな飲食体験を提供

凸版印刷、JTB、JTB総合研究所の3社は、国土交通省が推進する『Project “PLATEAU”』※において、3D都市モデルを活用した民間サービス開発に参画し、現地での観光体験価値の向上、遠隔での観光体験価値を提供してきた。このたびその一環として、3D都市モデルとVPSを一体化し、高精度な拡張現実によるAR飲食店ガイドと、モバイルオーダーシステムを組み合わせたスマートフォン向けサービスを開発し、実証実験を実施した。

本事業の目的・背景

新型コロナウイルス感染症の拡大により、国内外の旅行者が急激に減少し、地域の観光地では誘客が難しくなっている。飲食店選びの基準も「安全・安心」が重要視され、店舗の感染症対策情報や、店員と接触することなくオーダーできる「非対面・非接触」サービスへの移行が求められている。また、新型コロナがもたらす「ニューノーマル」に対応したまちづくりに向けて、都市における生活の質向上と地域経済の活性化が求められている。
このような背景から3社は、3D都市モデルとVPSを一体化し、高精度な拡張現実によるAR飲食店ガイドと、モバイルオーダーシステムを組み合わせたスマートフォン向けサービスを開発した。新型コロナウイルス感染症対策に取り組む安全・安心なお店探しからメニューの注文まで自身のスマホで行える「非対面・非接触」サービスを提供することで、アフターコロナを見据えて「ニューノーマル」に対応した新たな観光・飲食体験や地域経済活性化につながる効果検証を目的に、札幌市狸小路商店街で実証実験を実施する。

■本実証の概要

実証期間2021年3月10日(水)~3月19日(金)
実証場所札幌市狸小路商店街(狸小路1丁目~7丁目)
AR飲食店ガイドURLhttps://ar-gourmet-guide.jp
利用できるデバイスiPhone (iOS端末) ※今回の実証ではiOS端末のみ利用可能です
AR飲食店ガイドアプリから得られる情報・狸小路商店街(狸小路1~7丁目)の飲食店90店舗の情報
・感染症対策情報(新北海道スタイル)
・モバイルオーダーシステム導入20店舗のメニュー情報
検証内容1.  コロナ禍における飲食店選びのデジタル化を促進し、新たな体験価値を提供できるか
2.3D都市モデルを活用したARガイドは、「ニューノーマル」に対応した新たな観光需要を喚起するか
3.「旅行者の利用」と「飲食事業者の導入」の促進に向けた課題を抽出
各社の役割・株式会社JTB:
全体統括、参画店舗の開拓、募集告知、事業全体の検証
モバイルオーダーシステムNice to MEAL you!の提供
・株式会社JTB総合研究所:実証調査の運用および効果検証
・凸版印刷株式会社:実証調査の運用及び技術検証、サーバ運用
・Retty株式会社:飲食店の情報提供
・株式会社Super Duper:モバイルオーダーシステム開発

今後の目標

凸版印刷、JTB、JTB総合研究所の3社は、3D都市モデルを活用した民間サービスとして、本実証の結果から抽出される課題を解決し、ニューノーマル時代の新たなサービスとして、全国地域に普及を図る。また、飲食店のみならず、社寺や城郭といった観光入場施設など、対象サービスの拡大や観光型MaaSの連携による回遊促進を推進する。
さらに、インバウンド需要の回復に備えた多言語・DX対応を実現し、土地勘がない、あるいは言語が通じない観光客に対しても、デジタル技術を活用した、より満足度の高い思い出に残る旅行体験を提供していくと共に、地域経済の活性化と安全・安心な都市生活の実現を目指していく。

※『Project “PLATEAU(プラトー)”』とは
3D都市モデルとは、都市空間に存在する建物や街路といったオブジェクトに名称や用途、建設年といった都市活動情報を付与することで、都市空間そのものを再現する3D都市空間情報プラットフォームである。様々な都市活動データが3D都市モデルに統合され、フィジカル空間とサイバー空間の高度な融合が実現。これにより、都市計画立案の高度化や、都市活動のシミュレーション、分析等が可能となる。
国土交通省では、現在、Project “PLATEAU(プラトー)” として、全国約50都市の3D都市モデルの整備と、これを活用した都市計画・まちづくり、防災、都市サービス創出等の実現を目指す「まちづくりのDX」の取組を推進している。

[Project “PLATEAU”]ウェブサイト:https://www.mlit.go.jp/plateau/  
Twitter:@ProjectPlateau
[国土交通省プレスリリース]https://www.mlit.go.jp/report/press/toshi03_hh_000068.html

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント