12.8 C
Japan
月曜日, 10月 3, 2022

持続可能な未来に向けた、百貨店の新サブスクサービス「AnotherADdress」

株式会社⼤丸松坂屋百貨店は、2021年3⽉12⽇(⾦)にファッションサブスクリプション事業「AnotherADdress (アナザーアドレス)」をスタートしました。
「AnotherADdress」は、服は使い捨てではないという信念のもと、ファッションの本質的な価値や、サステナブルな取り組みを重視し、社会や環境にとって持続性の⾼いビジネスモデルへ転換することを⽬指すサービスとして⽴ち上げました。⼤丸松坂屋百貨店にとって本事業は、これまでの百貨店の構造からの転換と、持続的な未来を実現するための新たな挑戦の第⼀歩です。

AnotherADdress」とは

洗練されたブランドの中から⾃由に3着レンタルできる、 サブスクリプション型ファッションサービス 

AnotherADdressは、国内外の洗練されたブランドの中から⾃由に選べるサブスクリプション型(定額制)のファッションサービスです。⽉額11,880 円(税込)で、お好きなアイテム3着を1ヶ⽉間レンタルできます。 

ファッションWEBサービスの⼤きな悩みの⼀つは、届いた商品のサイズやイメージが異なる場合があるということ。AnotherADdressでは、1回のご注⽂につき1アイテムまでアイテム交換が可能です。また、“着て過ごす” ことでお気に⼊りのアイテムが⾒つかった際には、会員価格で購⼊することも可能です。 

⽉額料⾦には、往復の送料やクリーニング、基本的な修繕の料⾦も全て含まれています。⼀般的な使⽤に伴う、擦れやキズ、汚れについては⽉額料⾦の中で対応します。また、休会や退会もお客様のお好きなタイミングでお⼿続きが可能です。 

サービス名称に込めた想い

「Another (別の)」+「Address (住所)」=AnotherADdressこの新しい“別の場所”  がお客様のファッションをもっと愉しくします。定められた住所ではなく別の場所(AnotherADdress )をきっかけにお客様とファッションが⾃由に交流することを願いサービス名に込めました。 

ファッションの貴重な資源を受け継ぐ役割を果たしながら、” アドレス” の中にある装うための“ドレス” 1枚1枚に愛を込めて、ここから送り届ける未来に向けたサービスを⽬指します。

取り扱いブランド 

国内外の洗練された50ブランドをラインナップ!9割を超えるブランドが⽇本初のサブスク正規取扱い 

世界中の⼈を魅了する“ラグジュアリー/インポート”、上質で研ぎ澄まされた“百貨店ブランド”、⽇本のファッションシーンを彩る“ジャパニーズデザイナー” から、50ブランドをラインナップ。この素晴らしいブランドパートナーと共に新しい事業を創造していきます。また、今後事業の拡⼤に併せて、順次ブランドを拡⼤していきます。

ビジネスモデル 

AnotherADdress では、我々が事業主体者としてお客様からご注⽂いただき、独⾃のサステナブルな取り組みを推進されている3PL事業者、配送事業者、クリーニング事業者、リサイクル事業者とパートナーシップを組んで、⽇々環境に優しい⽅法を模索しながらお洋服をお届けします。 
また、100%WEB 注⽂、サブスクリプション型のストックビジネスとすることで、従来の百貨店ビジネスが抱えるリアル店舗依存、フロービジネスからのビジネスモデルの分散にも挑戦します。 

新サービスのパートナー 

・株式会社⽇⽴物流(3PL )
 共同物流の推進など、環境に配慮したグリーンロジスティクスの取り組みを強化し、環境対策を推進している⽇⽴物流と提携し環境負荷低減に努めます。 

・株式会社バレル(クリーニング) 
海を汚さない洗剤の使⽤を推奨する“洗濯ブラザーズ” が運営するLIVRER  YOKOHAMAにて環境に配慮した最善のクリーニングを⽬指します。 

・⽇本環境設計株式会社(リサイクル) 
⽇本環境設計のリサイクルプロジェクト「BRING 」に参画します。レンタルできなくなった服もリサイクルし、循環型社会の形成に向けた活動を推進します。 

・GWG株式会社(システム開発) 
⽶シリコンバレーに拠点を置き、未来に繋がるイノベーションを共創すべく、スタートアップ企業への投資および新規事業開発⽀援を⾏うGWGと提携。 

・株式会社80&Company (システム開発) 
サステナブルな世界を創造すべく、AIやデータサイエンス等を活⽤した社会課題解決に取り組んでいる80&Comanyにサイト開発を委託。

サービス開発の背景

持続可能なビジネスモデルへの取り組み 

百貨店業・⼩売業は、ファッション産業を取り巻く⼤量⽣産、⼤量消費といった流れと共に成⻑してきまし た。しかしながら、その流れの裏にある⼤量廃棄を中⼼とした環境問題が社会や地球に与える影響は⾮常に⼤きなものになっています。その問題に真剣に向き合い、ビジネスモデル全体をより持続可能な⽅向に舵を切ることは、J. フロント リテイリンググループの⼤きな責務であると考えています。 

ファッションが持つ “⼈を元気に、愉しくする⼒” をもっと多くの⼈に 

私達は、ファッションには “⼈を元気に、愉しくする⼒” があると信じています。ですが、バブル崩壊以降の ⽇本において、その⼒を感じる機会が減ってきているのではないかと感じています。⼤丸松坂屋百貨店・パルコ は、その時代を彩るファッションをお客様に紹介することで、ファッション産業と共に発展してきました。所有や消費の意識が変化している時代だからこそ、クリエイティブな服が持つエンパワーメントをより多くの⼈に改めて伝えることは、今私達が取り組むべきことだと考えています。

ターゲット

AGELESS (年齢を超えた訴求)を前提に、「新しくなること、挑戦することを探求し輝き続けるすべての⼈」と⾏動軸でターゲットを設定し、今の時代を前向きに捉えて活躍されている⽅に⽀持されるサービスを⽬指します。具体的には、都市型のビジネスウーマン、企業のマネジメント層、次世代リーダー・起業家の⽅々をイメージしながら、4つのペルソナ像を仮定して施策を実施していきます。 
また、所有に対する意欲の違いや経済合理性から、購⼊しなかった、できなかった潜在層の⽅々にもサービスを通して、洗練されたブランド、ファッションの持つ⼒を体験していただきたいと考えています。  

マーケットポジション

⽇本のファッションレンタル市場にある、“価格志向、スタイリストによる利便性追求” ではなく、海外で⼤き なマーケットとなりつつある、“洗練されたブランドラインナップ、お客様⾃⾝が今着たいものを選択できる⾃由さ” で、ファッションをサブスクライブする体験を創造し、⽇本で新たなマーケットを築きます。

サービスの概要 

サービス名称: AnotherADdress(アナザーアドレス)

事業開始日: 2021年3⽉12⽇(金)※サイト公開・事前会員登録受付開始
 ※サービスをご利⽤いただけるのは、2021年4月1⽇(木)〜となります。

取り扱いブランド数: 全50 ブランド

WEBサイト : https://anotheraddress.jp

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント