12.8 C
Japan
月曜日, 6月 21, 2021

三井不動産×センスウェイ、柏の葉スマートシティにて実証実験を開始|IoTを駆使したオフィス空間の実現へ

SenseWay Mission Connect と Microsoft Azure による KOIL IoT 統合管理システム

三井不動産およびセンスウェイは、千葉県の柏の葉スマートシティで IoT の普及・活用を目指す「柏の葉 IoT ビジネス共創ラボ」 においてスマートオフィス・ワーキンググループを設立し、その第一弾の取組を開始した。

プロジェクトの特徴

本プロジェクトは 、安心・安全なオフィス空間の提供を目的とし、柏の葉スマートシティのイノベーション創出拠点である「KOIL(柏の葉オープンイノベーションラボ)」(以下、KOIL)の執務空間内で、コワーキングオフィスの換気状況、在席状況、トイレの空き状況の可視化、および体温・マスク着用検知のシステム導入を行うもので、新型コロナウィルス感染拡大の現下においても有用な取り組みである。センスウェイが提供するIoT 通信プラットフォームサービス「 SenseWay Mission Connect 」 と Microsoft Azure を活用することで1 台の IoT ゲートウェイで複数フロアをカバーすることが可能になり、センサーを通じて集めた様々なIoTデータを一つのクラウドサービス上で、一元的に管理、閲覧可能としたのが特徴だ。

本プロジェクトにおいて、三井不動産はフィールドとなる KOIL での実証実験環境の提供と現場での実現サポートを行い、センスウェイはセンサーとネットワークを組み合わせた IoT ソリューションを提供する。このプロジェクトの推進により、両社が参画企業となっている柏の葉IoT ビジネス共創ラボとしての活動も加速していく。
各取り組みは2020 年9 月より順次開始しており、今後は、今回の実証の結果も踏まえながら、柏の葉エリア所在または三井不動産運営の他物件への導入も検討される。

各取り組みの概要

1. オフィス換気状況の可視化

室内の二酸化炭素濃度を計測して濃度ごとに色別に表示し、適切な換気タイミングを可視化する。

執務空間内に設置した複数の温度・湿度・二酸化炭素の計測センサーから集めたデータを SenseWay Mission Connect と Microsoft Azure の連携によりクラウドへ集約し、データの可視化を行う。KOIL の1 階入口と6 階 KOIL パークに設置されたデジタルサイネージへ表示し、リアルタイムで確認できるようにすることで、施設管理者による適切なタイミングでの換気の実施など、安全なオフィス環境の維持に活用することが可能になるとともに、利用者の方々への個室利用の際の注意喚起にもつながる。

今後は、同画面をKOIL 利用者が閲覧可能な会員限定サイトにて、パソコンやスマートフォン上でも閲覧できるアプリケーションの提供を行う予定である。また、換気状況のデータを蓄積し、他のセンサーによる会議室の利用状況データと合わせることで、面積当たり上限人員数の設定や利用間隔の管理効率化による快適なオフィス空間の維持につなげることを目指す。

執務空間内に設置した温度・湿度・二酸化炭素の計測センサー
換気状況を可視化し、KOIL内のサイネージや会員専用ページで確認可能


なお、柏の葉 IoT ビジネス共創ラボでは、環境ワーキンググループにおいても、参画企業であるセンスウェイおよび京葉ガスの協働プロジェクトとして、2020 年5月より、柏の葉スマートシティの商業施設「柏の葉T SITE」における温度・湿度・二酸化炭素の計測を行い、館内の換気状況可視化による空調管理ソリューションの実証実験を推進している。

コワーキングオフィスにおける在席状況の可視化

コワーキングオフィスの座席利用状況や会議室の空き状況を、KOIL の 1 階入り口と 6 階 KOIL パークに設置されたデジタルサイネージへ表示し、リアルタイムで確認することができる。

デスク裏面に設置したセンスウェイ独自開発の人感センサーが座席の着席者の有無を検知し、集めたデータを SenseWay Mission Connect と Microsoft Azure の連携によりクラウドへ集約し、データの可視化を行っている。
センスウェイ独自開発の人感センサーは、着席・離席の検知だけでなく「人がその場に居続けること」までセンシングできるのが特徴であり、より精度の高いデータ集積を見込める。
施設管理者側においても、コワーキングオフィスの稼働率の高い座席やその時間・曜日や、予約された会議室の実際の稼働状況等も把握でき、将来的には座席の配置計画等への活用が可能となる。

今後は、同画面をKOIL 利用者が閲覧可能な会員限定サイトにて、 パソコンやスマートフォン上でも閲覧できるアプリケーションの提供を行うことで、利用者が混雑を避けることを可能とする。

座席利用状況が色別で表示され、 混雑度・空き状況が確認可能

トイレ空き状況の可視化

トイレ個室の空き状況 を、KOIL の1 階入り口と6 階 KOIL パークに設置されたデジタルサイネージへ表示し、リアルタイムで確認できる 。

トイレの個室ドアに設置した人感センサーがトイレの空きを認識し、データを SenseWay Mission Connect と Microsoft Azure の連携により クラウドへ集約し可視化を行う。
施設管理者向けの画面では、トイレの各個室の利用時間も把握できるため、効率的な清掃タイミングの調整、体調不良者の発見、長時間滞在者に対する対処に繋げることが可能となる。
今後は、同画面を KOIL 利用者が閲覧可能な会員限定サイトにて、パソコンやスマートフォン上でも閲覧できるアプリケーションの提供を行うことで、利用者が混雑を避けることができるよう利便性向上が図られる。

KOIL内の センシングデータを 表示するサイネージ

サーモカメラによる入館者の体温・マスク着用検知

エッジ AI 技術を搭載したサーモカメラ「EG Keeper」を KOIL 入口に設置し、入館者の迅速な検温のほか、マスク着用の有無を判別する実証実験を実施する。

本取り組みで採用しているサーモカメラは、超高速エッジ・コンピューティングによる AI 機能を内蔵し、わずか 0.3 秒で体温を測定してディスプレイに表示する。また、本カメラの測定精度は実際の皮膚表面の体温との誤差が ±0.2℃ に留まるなど非常に高性能であり、マスク着用の有無も同時に判断することが可能となっている 。
なお本カメラは、赤外線センサーと LED 照明によって暗所でも使用可能であり、マスクやヘルメット着用時でも検温が可能だ。
設置する施設の特性によっては、マスク非着用の場合または高熱体温の場合のアラート等による発信も可能であるため、入場制限が必要な施設における無人対応での活用も期待される 。

今後は、柏の葉 IoT ビジネス共創ラボに参画する柏魚市場株式会社においても、従業員の検温・マスク着用確認の自動化と、収集データのクラウドへの送信により、従業員の健康管理に繋げる取り組みも検討されている。

KOIL入口に設置されたサーモカメラ

「柏の葉 IoT ビジネス共創ラボ」および「イノベーションフィールド柏の葉」について

柏の葉スマートシティでは、世界の課題解決型街づくりのモデル構築を目的に、「環境共生」「健康長寿」「新産業創造」の3つのテーマのもと、柏市や三井不動産が中心となり公民学連携でスマートシティ構想を推進している。

新産業創造のテーマのもと、2018年6 月には 「柏の葉 IoT ビジネス共創ラボ」(幹事企業・事務局:三井不動産ほか)が設立され、個別のワーキンググループに参画する企業により、柏の葉エリアに構築された IoT 実証フィールド環境を活用した IoT 技術の普及や活用、 IoT ビジネスの機会創出を目指してさまざまな実証実験に取り組んできた。

柏の葉 IoT ビジネス共創ラボでは、今回のプロジェクトの他にも様々な IoT の取り組みを「 公・民・学 」連携で幅広く実施しており、今回の取り組みについても柏の葉エリア内外において横展開していく予定となっている。

柏の葉スマートシティでは、「柏の葉 IoT ビジネス共創ラボ」における取組みを含み、AI ・ IoT およびライフサイエンス・メディカルの2分野にフォーカスを絞り 、柏の葉の街を舞台にした実証プロジェクトの受け入れを一括して行う 「イノベーションフィールド柏の葉」(【 WEB 】https://innovation-field-kashiwanoha.jp/ )にて、新たな製品・サービスを共に生み出していく実証プラットフォームを幅広く民間企業に提供している。

本プロジェクトは、「イノベーションフィールド柏の葉」の実証プラットフォームを活用した「柏の葉 IoT ビジネス共創ラボ 」 のプロジェクトとして位置づけられている。

イノベーションフィールド柏の葉の実証フィールドマップ

 三井不動産グループのSDGsへの貢献について 

https://www.mitsuifudosan.co.jp/corporate/esg_csr/
三井不動産グループは、「共生・共存」「多様な価値観の連繋」「持続可能な社会の実現」の理念のもと、人と地球がともに豊かになる社会を目指し、環境(E)・社会(S)・ガバナンス(G)を意識した事業推進、すなわちESG経営を推進している。当社グループのESG経営をさらに加速させていくことで、日本政府が提唱する「Society 5.0」の実現や、「SDGs」の達成に大きく貢献することを目指す。
*なお、本リリースの取り組みは、SDGs(持続可能な開発目標)における4つの目標に貢献している。

  • 目標3 すべての人に健康と福祉を
  • 目標8 働きがいも経済成長も
  • 目標9 産業と技術革新の基盤をつくろう
  • 目標17 パートナーシップで目標を達成しよう

三井不動産のデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組み


三井不動産は、長期経営方針「VISION 2025」で掲げた「テクノロジーを活用し、不動産業そのものをイノベーション」を実現すべく、グループ全体のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進している。2021年2 月には、「事業変革」「働き方改革」、それらの実現のための「推進基盤」の各領域について、注力テーマと推進事例をまとめた「2020 DX 白書」も公開した。
https://www.mitsuifudosan.co.jp/dx/?id=global

センスウェイ株式会社について

センスウェイは IoT に必要な通信方式である長距離・低消費電力の LPWA の LoRaWAN🄬を使った IoT プラットフォームサービス「SenseWay Mission Connect」を提供しているす。センスウェイの持つ LoRaWAN の技術力を背景に、IoT データの利活用によって、三密を回避するための新型コロナ対策ソリューションや企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進している。

社名センスウェイ株式会社
設立2017年3月31日
所在地〒103-0023
東京都中央区日本橋本町4-8-16 千城ビル 9F
代表者神保雄三
事業概要IoT通信サービス、ソリューションの提供
・センスウェイLoRaWANサービス
SenseWay Mission Connect
・ソリューションサービス
温度管理ソリューション「サーマルコネクト」
トイレIoTソリューション「トイレットマスター」
安全管理ソリューション「ワーカーコネクト」
施設管理ソリューション「ファシリティコネクト」
顔認証サーモカメラソリューション
URLhttps://www.senseway.net/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】日野自動車「本気のDX」。デジタルがブルーオーシャンの物流業界を変革し、日本に活力を

【アクセラレーターインタビュー】 1942年の設立以来、社会にとって必要不可欠なトラック・バスづくりを担い、日本の物流を支えてきた日野自動車。しかし、技術革新やライフスタイルの多様化に伴い、人や物の移動を取り巻く環境は急速に変化。さらに、ドライバー不足やCO2排出量の削減、持続可能な交通網の維持など、解決すべき社会課題は多岐にわたっています。 そこで、自社でのソリューション開発・提供だけでなく、他社との協業による社会課題解決を目指し、「HINO ACCELERATOR 2021 -HINO DE SAFARI-」を実施。スタートアップの技術やアイデアに日野のアセットを掛け合わせることで、物流業界や社会の課題を解決し、新たな価値提供を目指しています。具体的にどのような思いで取り組んでいるのか、日野自動車CDO(Chief Digital Officer)デジタル領域長の小佐野豪績氏に話を伺いました。

「呼べば5分で届く世界」セイノーHDとエアロネクストがオープンイノベーションで描く空の革命

【アクセラレーターインタビュー】 既存物流とドローン物流を連結・融合させた新スマート物流サービスを確立すべく、2021年1月にセイノーHDとエアロネクストが業務提携を締結。現在、山梨県小菅村にて、無在庫化と無人化を特徴とする、スマートサプライチェーン「SkyHubTM」の実証と実装にむけたプロジェクトを展開中です。 今回は、セイノーHDの河合 秀治氏とエアロネクスト田路 圭輔氏にご登壇いただき、「 SkyHubTM」についての詳細や協業に至った経緯、今後のビジョンなどについてお話しいただきました。 #オープンイノベーション #業務提携 #アクセラレーターインタビュー #セイノーホールディングス #エアロネクスト #SkyHubTM #スカイハブ #小菅村 #実証実験 #ドローン物流 #大挑戦時代をつくる #Creww

物流ソリューションの未来を切り開く為、これまでの常識にとらわれない「次の物流」の開発に、スタートアップの皆さまとチャレンジさせていただきたい。

【アクセラレーターインタビュー】 物流業界大手の佐川急便が、2021年度もアクセラレータープログラムを実施します。2014年からオープンイノベーションに積極的に取り組んできた同社は、スタートアップとのアライアンス活動の要となる新たな基地として、昨年「HIKYAKU LABO」を新設。物流を取り巻く環境や顧客ニーズが激変する中、スタートアップとの協業によって持続可能な社会を作るべく、社会課題の解決に取り組んでいます。「アクセラの審査には通過しなかったとしても、応募いただいたスタートアップとは何かしらの協業を模索したい」と語る執行役員・藤野博氏に、佐川急便がオープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップと狙いたい領域などを伺いました!

世界シェアNo. 1の日本金銭機械が、スタートアップとあらゆる社会課題の解決を目指す

【アクセラレーターインタビュー】 カジノ業界での金銭処理のパイオニアとして世界シェアNo. 1を誇る、日本金銭機械株式会社(Japan Cash Machine co.,ltd.)。世界中で貨幣の法的秩序を保ち、貨幣に対する信頼や社会の治安維持に貢献してきた同社は、既存のビジネス領域にとらわれない、新たな社会課題解決を目指して、アクセラレータープログラムを実施する。具体的に、どのようなスタートアップと協業し、どんな領域で新規ビジネスを創出したいと考えているのか。新規ビジネス開拓部の小林崇亮 氏にお話を伺った。 ※応募の締め切りは2021年4月30日(金)17時です。
Facebook コメント