12.8 C
Japan
日曜日, 1月 29, 2023

半熟仮想×ZOZO研究所共同研究チーム、内閣総理大臣賞を受賞|【内閣府主催 第3回 日本オープンイノベーション大賞】

半熟仮想とZOZOテクノロジーズの研究開発組織「ZOZO研究所」との共同研究チームが開発した「社会的意思決定アルゴリズムのオープンソース開発&実装基盤」は、内閣府主催の日本オープンイノベーション大賞で内閣総理大臣賞を受賞しました。

本研究は、ZOZO研究所ディレクターの松谷恵氏、半熟仮想共同創業者技術統括およびZOZO研究所アドバイザーの粟飯原俊介、共同創業者科学統括の齋藤優太、代表取締役・イェール大学助教授の成田悠輔によるものである。

「社会的意思決定アルゴリズムのオープンソース開発&実装基盤」について

社会的意思決定アルゴリズムのオープンソース(Open Bandit Pipeline)は、新しい施策・アルゴリズムを実サービス環境に導入した際の性能を信頼性高く予測し、その正確さの検証も行うことができる他に類を見ない基盤実装である。本実装基盤は、ZOZOグループが運営するファッション通販サイト「ZOZOTOWN」のマーケティング施策にも導入されており、クリック率や購買率の増加を実現している。また、2020年8月よりオープンソースソフトウェアとして無償公開を行い、幅広い領域での意思決定の最適化、自動化に寄与している。

このソフトウェアと併せ、ZOZOTOWNへの実装の際に収集されたデータをOpen Bandit Datasetとして一般公開している。このデータは合計2,600万件以上のファッション推薦ログを含む大規模なもので、ソフトウェアと併せて用いることにより様々な推薦アルゴリズムの性能検証を行うこともできる、他に類を見ないデータとなっている。

受賞理由

昨今の人工知能研究において、米中の少数の大企業によるデータと技術の寡占が進む中、データおよびソフトウェア開発基盤を世界中の実務家や研究者に公開し、人工知能技術の公共化と民主化という社会的なニーズに応える可能性が評価された。

今後の展望

今回受賞した「社会的意思決定アルゴリズムのオープンソース開発&実装基盤」は汎用性が高く、より精度の高い予測を目指して改善が続く。本技術を通じて、人工知能技術のさらなる発展と実社会における人工知能技術導入の際に直面する様々な課題に取り組む一助になることを目指し、今後もOSSやデータを公開していく予定である。

本研究は半熟仮想株式会社とZOZO研究所の共同研究における取り組みの一部であり、この他にも様々な技術の研究開発が進められている。 半熟仮想株式会社は、今後もデータ科学技術の公共化と民主化を進めていく。

半熟仮想株式会社について

半熟仮想株式会社は、データ・アルゴリズム・数理・思想を組み合わせ、事業や政策、そして社会の未来像をデザインしている。特に「市場設計」「反実仮想機械学習」「因果推論」といった技術では国内屈指の人材と技術を持ち、多数の企業との共同事業・研究や独自の基礎研究・ソフトウェア開発などを行っている。これらの活動を産学や国境の壁を超えて行うのが、イェール大学・MIT・スタンフォード大学・東京大学・東京工業大学・東京芸術大学など所属・出身で事業経験も備えた科学者やエンジニアである。

社名半熟仮想株式会社
設立2020年7月28日
所在地東京都杉並区久我山5丁目5番17号
代表者代表取締役 成田悠輔
事業概要データ・アルゴリズム・数理で社会をデザインする技法の構築・実装・布教

日本オープンイノベーション大賞について

イノベーションの創出を巡る国際的な競争が激化する中で、研究開発等の成果を迅速に社会実装し、社会的ニーズの解決や新たな価値の創造につなげることが大きな課題となっている。そのための方法として、組織の壁を越えて知識や技術、経営資源を組み合わせ新しい取組を推進するオープンイノベーションが注目されている。

こうした状況を踏まえ、我が国のオープンイノベーションをさらに推進するために、今後のロールモデルとして期待される先導性や独創性の高い取組を「日本オープンイノベーション大賞」として称えることとなった。

本表彰では、オープンイノベーションの取組で、模範となるようなもの、社会インパクトの大きいもの、持続可能性のあるものについて、担当分野ごとの大臣賞、長官賞、経済団体、学術団体の会長賞等の表彰をするとともに、各賞の中で最も優れたものは内閣総理大臣賞として表彰される。

※内閣府ホームページはこちら
https://www8.cao.go.jp/cstp/openinnovation/prize/

本研究に関する関連資料

・本研究の詳細に関しては下記より
https://press-tech.zozo.com/entry/20200818_release_zozoresearch

・社会的意思決定アルゴリズムのオープンソース開発&実装基盤は下記よりダウンロードが可能。

社会的意思決定アルゴリズムのオープンソース
(Open Bandit Data):https://research.zozo.com/data.html

実装基盤(Open Bandit Pipeline):https://github.com/st-tech/zr-obp

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント