12.8 C
Japan
水曜日, 1月 19, 2022

半熟仮想×ZOZO研究所共同研究チーム、内閣総理大臣賞を受賞|【内閣府主催 第3回 日本オープンイノベーション大賞】

半熟仮想とZOZOテクノロジーズの研究開発組織「ZOZO研究所」との共同研究チームが開発した「社会的意思決定アルゴリズムのオープンソース開発&実装基盤」は、内閣府主催の日本オープンイノベーション大賞で内閣総理大臣賞を受賞しました。

本研究は、ZOZO研究所ディレクターの松谷恵氏、半熟仮想共同創業者技術統括およびZOZO研究所アドバイザーの粟飯原俊介、共同創業者科学統括の齋藤優太、代表取締役・イェール大学助教授の成田悠輔によるものである。

「社会的意思決定アルゴリズムのオープンソース開発&実装基盤」について

社会的意思決定アルゴリズムのオープンソース(Open Bandit Pipeline)は、新しい施策・アルゴリズムを実サービス環境に導入した際の性能を信頼性高く予測し、その正確さの検証も行うことができる他に類を見ない基盤実装である。本実装基盤は、ZOZOグループが運営するファッション通販サイト「ZOZOTOWN」のマーケティング施策にも導入されており、クリック率や購買率の増加を実現している。また、2020年8月よりオープンソースソフトウェアとして無償公開を行い、幅広い領域での意思決定の最適化、自動化に寄与している。

このソフトウェアと併せ、ZOZOTOWNへの実装の際に収集されたデータをOpen Bandit Datasetとして一般公開している。このデータは合計2,600万件以上のファッション推薦ログを含む大規模なもので、ソフトウェアと併せて用いることにより様々な推薦アルゴリズムの性能検証を行うこともできる、他に類を見ないデータとなっている。

受賞理由

昨今の人工知能研究において、米中の少数の大企業によるデータと技術の寡占が進む中、データおよびソフトウェア開発基盤を世界中の実務家や研究者に公開し、人工知能技術の公共化と民主化という社会的なニーズに応える可能性が評価された。

今後の展望

今回受賞した「社会的意思決定アルゴリズムのオープンソース開発&実装基盤」は汎用性が高く、より精度の高い予測を目指して改善が続く。本技術を通じて、人工知能技術のさらなる発展と実社会における人工知能技術導入の際に直面する様々な課題に取り組む一助になることを目指し、今後もOSSやデータを公開していく予定である。

本研究は半熟仮想株式会社とZOZO研究所の共同研究における取り組みの一部であり、この他にも様々な技術の研究開発が進められている。 半熟仮想株式会社は、今後もデータ科学技術の公共化と民主化を進めていく。

半熟仮想株式会社について

半熟仮想株式会社は、データ・アルゴリズム・数理・思想を組み合わせ、事業や政策、そして社会の未来像をデザインしている。特に「市場設計」「反実仮想機械学習」「因果推論」といった技術では国内屈指の人材と技術を持ち、多数の企業との共同事業・研究や独自の基礎研究・ソフトウェア開発などを行っている。これらの活動を産学や国境の壁を超えて行うのが、イェール大学・MIT・スタンフォード大学・東京大学・東京工業大学・東京芸術大学など所属・出身で事業経験も備えた科学者やエンジニアである。

社名半熟仮想株式会社
設立2020年7月28日
所在地東京都杉並区久我山5丁目5番17号
代表者代表取締役 成田悠輔
事業概要データ・アルゴリズム・数理で社会をデザインする技法の構築・実装・布教

日本オープンイノベーション大賞について

イノベーションの創出を巡る国際的な競争が激化する中で、研究開発等の成果を迅速に社会実装し、社会的ニーズの解決や新たな価値の創造につなげることが大きな課題となっている。そのための方法として、組織の壁を越えて知識や技術、経営資源を組み合わせ新しい取組を推進するオープンイノベーションが注目されている。

こうした状況を踏まえ、我が国のオープンイノベーションをさらに推進するために、今後のロールモデルとして期待される先導性や独創性の高い取組を「日本オープンイノベーション大賞」として称えることとなった。

本表彰では、オープンイノベーションの取組で、模範となるようなもの、社会インパクトの大きいもの、持続可能性のあるものについて、担当分野ごとの大臣賞、長官賞、経済団体、学術団体の会長賞等の表彰をするとともに、各賞の中で最も優れたものは内閣総理大臣賞として表彰される。

※内閣府ホームページはこちら
https://www8.cao.go.jp/cstp/openinnovation/prize/

本研究に関する関連資料

・本研究の詳細に関しては下記より
https://press-tech.zozo.com/entry/20200818_release_zozoresearch

・社会的意思決定アルゴリズムのオープンソース開発&実装基盤は下記よりダウンロードが可能。

社会的意思決定アルゴリズムのオープンソース
(Open Bandit Data):https://research.zozo.com/data.html

実装基盤(Open Bandit Pipeline):https://github.com/st-tech/zr-obp

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

東芝が取り組む、“本気”のオープンイノベーションとは

【オープンイノベーションインタビュー】1875年に創業し、エネルギーや社会インフラ、ICTなど、人と地球の明日を支える「社会の基盤となる事業」に取り組む東芝。そんな東芝が “本気” のオープンイノベーションで新規事業創出に取り組んでいる。すでに法人化したプロジェクトもあるというが、具体的に何をしているのか。グループ全社で新規事業創出の旗振り役をしているCPSxデザイン部 CPS戦略室の相澤宏行氏と岩本晴彦氏に話を伺った。 #募集 #東芝 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント