12.8 C
Japan
木曜日, 8月 11, 2022

ニューノーマル時代の新規事業戦略にはオープンイノベーションの実施が最適

コロナウイルス対策をしながら暮らすニューノーマル時代。時代に対応した新規事業開発には、スタートアップと協業するオープンイノベーションが最適です。なぜ今オープンイノベーションが注目されているのかについて、簡単にまとめました。

ニューノーマルによる新規事業戦略が今求められる理由

ニューノーマルでの成長には新規事業戦略が欠かせません。その背景には、もうビフォアコロナには戻れないという現実がありました。

もうビフォアコロナには戻れない

新型コロナウイルスは消滅しない可能性があるということをご存知でしょうか。WHOの発表によると、変異を繰り返しながら一部の地域に特有のウイルスになる可能性があるということです。ワクチンさえ開発されれば元の生活に戻るというわけにはいかず、長期的にウイルス感染対策を講じた生活を送っていくしかなくなってしまいました。つまり、ビフォアコロナにはもう戻れないということです。

ニューノーマルで成長する新規事業への着手が必要

コロナ後の新たな常識・状況のことを「ニューノーマル」といいます。これからの企業経営には、ニューノーマルに対応した事業を展開していくことが求められるでしょう。既存事業をニューノーマルに対応した形に調整していくことはもちろんですが、企業が成長していくのに欠かせない新規事業開発においてもニューノーマルの観点が必須です。

新型コロナウイルスの流行によって市場環境が大きく変化し、求められるビジネスモデルの新陳代謝も加速しています。これに対応していくには、新規事業に積極的に取り組んでいくほかにありません。

コロナ禍こそオープンイノベーションを実施する好機

実は、コロナ禍の今こそオープンイノベーションを進めるのに適したタイミングです。その理由についてご説明します。

ニューノーマルとオープンイノベーションの相性が良い理由

ニューノーマルに適応した新規事業を開発するのに相性が良いのが、オープンイノベーションです。大企業はさまざまな理由によって新規事業開発の足取りが重くなりがち。これに対してスタートアップは、実績やしがらみがない分思い切ったアイデアを出すことができますし、行動力やスピード感もあります。

ニューノーマルに対応したビジネス展開は大企業よりむしろスタートアップが得意とするところ。オープンイノベーションを通してスタートアップのアイデアや技術力に大企業の資本力やノウハウが加われば、スピード感をもって新規事業を成長させることが可能になります。

オープンイノベーションの数自体は減少傾向にある

コロナ禍の不況や自粛ムードもあり、オープンイノベーションの数は減少傾向にあります。これはオープンイノベーションが長期的に縮小することを示しているのではなく、一時的な様子見ムードに入っているという見方が大半です。むしろ新規事業によるニューノーマルの推進は強く望まれているところですので、今後はオープンイノベーションへの期待が高まっていくと想定されます。

競合が減り、相対的に良い協業相手が見つけやすくなっている

オープンイノベーションの数が減っているということは、競合企業が減っているということでもあるのです。良い協業相手を他者のオープンイノベーションプログラムに取られてしまうということが起きづらくなっているので、むしろ新規事業開発に取り組む良いチャンスでしょう。ぜひこのタイミングでオープンイノベーションに前向きに取り組んでいただきたいところです。

コロナ禍によって広がったオープンイノベーションの可能性

コロナ禍が深刻になるのに伴って、オープンイノベーションに求められる役割も変化しています。これからのオープンイノベーションの展望についてまとめました。

産業構造の変化により、新規事業戦略はより本質的なものへ

新規事業戦略は、より中長期的なビジョンを見据えたものへと変革が求められています。例えばコロナ禍において3密(密閉、密集、密接)を回避するために、テレワークが普及し、飲食店ではテイクアウトやデリバリー対応が当たり前になりました。ダメージを受けた業種が大半の中で、ネット関係や衛生用品など特定の業種は業績を伸ばしています。

では、新規事業を始める際にネットや衛生用品関係にすればよいのかというと、必ずしもそうではありません。オープンイノベーションに求められるのは、もっと本質的なニーズを取り込んだ、大きな市場を作り出せる新規事業です。コロナ禍で将来が見通せなくなった今、新規事業の可能性は無限大に広がっています。ライフスタイルそのものを変えてしまうような、偉大なイノベーションに期待したいものです。

ニューノーマルに適したイノベーションが生まれることに期待

ニューノーマルに合ったビジネスを意識して作ろうとしなくても、オープンイノベーションであれば自然と時代に合ったサービスが生まれてくることでしょう。柔軟な発想と行動力のあるスタートアップと協業して、ニューノーマル時代に合った新規事業を作り上げましょう。

オープンイノベーションがコロナ時代の新規事業の活路をひらく

コロナ時代は人類にとってつらい時代です。しかし、時代をさかのぼれば大きなイノベーションはいつも変化とともに生まれてきました。このコロナ禍も、新たなイノベーションが生まれる好機ととらえられるのではないでしょうか。これからの新規事業戦略は「協業」がキーワードになるでしょう。オープンイノベーションを活用して、時代に合った新規事業を開発していきましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント