12.8 C
Japan
水曜日, 6月 23, 2021

ニューノーマル時代の新規事業戦略にはオープンイノベーションの実施が最適

コロナウイルス対策をしながら暮らすニューノーマル時代。時代に対応した新規事業開発には、スタートアップと協業するオープンイノベーションが最適です。なぜ今オープンイノベーションが注目されているのかについて、簡単にまとめました。

ニューノーマルによる新規事業戦略が今求められる理由

ニューノーマルでの成長には新規事業戦略が欠かせません。その背景には、もうビフォアコロナには戻れないという現実がありました。

もうビフォアコロナには戻れない

新型コロナウイルスは消滅しない可能性があるということをご存知でしょうか。WHOの発表によると、変異を繰り返しながら一部の地域に特有のウイルスになる可能性があるということです。ワクチンさえ開発されれば元の生活に戻るというわけにはいかず、長期的にウイルス感染対策を講じた生活を送っていくしかなくなってしまいました。つまり、ビフォアコロナにはもう戻れないということです。

ニューノーマルで成長する新規事業への着手が必要

コロナ後の新たな常識・状況のことを「ニューノーマル」といいます。これからの企業経営には、ニューノーマルに対応した事業を展開していくことが求められるでしょう。既存事業をニューノーマルに対応した形に調整していくことはもちろんですが、企業が成長していくのに欠かせない新規事業開発においてもニューノーマルの観点が必須です。

新型コロナウイルスの流行によって市場環境が大きく変化し、求められるビジネスモデルの新陳代謝も加速しています。これに対応していくには、新規事業に積極的に取り組んでいくほかにありません。

コロナ禍こそオープンイノベーションを実施する好機

実は、コロナ禍の今こそオープンイノベーションを進めるのに適したタイミングです。その理由についてご説明します。

ニューノーマルとオープンイノベーションの相性が良い理由

ニューノーマルに適応した新規事業を開発するのに相性が良いのが、オープンイノベーションです。大企業はさまざまな理由によって新規事業開発の足取りが重くなりがち。これに対してスタートアップは、実績やしがらみがない分思い切ったアイデアを出すことができますし、行動力やスピード感もあります。

ニューノーマルに対応したビジネス展開は大企業よりむしろスタートアップが得意とするところ。オープンイノベーションを通してスタートアップのアイデアや技術力に大企業の資本力やノウハウが加われば、スピード感をもって新規事業を成長させることが可能になります。

オープンイノベーションの数自体は減少傾向にある

コロナ禍の不況や自粛ムードもあり、オープンイノベーションの数は減少傾向にあります。これはオープンイノベーションが長期的に縮小することを示しているのではなく、一時的な様子見ムードに入っているという見方が大半です。むしろ新規事業によるニューノーマルの推進は強く望まれているところですので、今後はオープンイノベーションへの期待が高まっていくと想定されます。

競合が減り、相対的に良い協業相手が見つけやすくなっている

オープンイノベーションの数が減っているということは、競合企業が減っているということでもあるのです。良い協業相手を他者のオープンイノベーションプログラムに取られてしまうということが起きづらくなっているので、むしろ新規事業開発に取り組む良いチャンスでしょう。ぜひこのタイミングでオープンイノベーションに前向きに取り組んでいただきたいところです。

コロナ禍によって広がったオープンイノベーションの可能性

コロナ禍が深刻になるのに伴って、オープンイノベーションに求められる役割も変化しています。これからのオープンイノベーションの展望についてまとめました。

産業構造の変化により、新規事業戦略はより本質的なものへ

新規事業戦略は、より中長期的なビジョンを見据えたものへと変革が求められています。例えばコロナ禍において3密(密閉、密集、密接)を回避するために、テレワークが普及し、飲食店ではテイクアウトやデリバリー対応が当たり前になりました。ダメージを受けた業種が大半の中で、ネット関係や衛生用品など特定の業種は業績を伸ばしています。

では、新規事業を始める際にネットや衛生用品関係にすればよいのかというと、必ずしもそうではありません。オープンイノベーションに求められるのは、もっと本質的なニーズを取り込んだ、大きな市場を作り出せる新規事業です。コロナ禍で将来が見通せなくなった今、新規事業の可能性は無限大に広がっています。ライフスタイルそのものを変えてしまうような、偉大なイノベーションに期待したいものです。

ニューノーマルに適したイノベーションが生まれることに期待

ニューノーマルに合ったビジネスを意識して作ろうとしなくても、オープンイノベーションであれば自然と時代に合ったサービスが生まれてくることでしょう。柔軟な発想と行動力のあるスタートアップと協業して、ニューノーマル時代に合った新規事業を作り上げましょう。

オープンイノベーションがコロナ時代の新規事業の活路をひらく

コロナ時代は人類にとってつらい時代です。しかし、時代をさかのぼれば大きなイノベーションはいつも変化とともに生まれてきました。このコロナ禍も、新たなイノベーションが生まれる好機ととらえられるのではないでしょうか。これからの新規事業戦略は「協業」がキーワードになるでしょう。オープンイノベーションを活用して、時代に合った新規事業を開発していきましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】「人間と自然の掛け橋」に。兵庫県加古川市の優良企業ムサシがスタートアップ協業

【オープンイノベーションインタビュー】 明治時代に全国屈指の金物のまち兵庫県三木市で金物問屋として創業し、1983年にムサシを設立。加古川に本社を置く同社は、高枝切鋏のムサシとして業績を軌道に乗せ、今現在はセンサーライトと園芸用品のムサシとして事業成長をしている優良中堅企業です。 そんな人と自然に関わる事業を展開する地域の牽引企業として、ここ数年最前線で課題に感じているのは、高齢者が加速するライフスタイルの多様化についていけない現状なのだとか。 そこで、スタートアップとの協業により、企業の枠を超えて社会課題解決につながるサービスや製品を生み出すべく、Crewwのオープンイノベーション支援サービスを使い、アクセラレータープログラム開催に向けて一歩を踏み出しました。 オープンイノベーションに乗り出すに至るまでの思いを、株式会社ムサシ代表取締役社長の岡本篤氏に伺ってみました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #ムサシ #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】日野自動車「本気のDX」。デジタルがブルーオーシャンの物流業界を変革し、日本に活力を

【アクセラレーターインタビュー】 1942年の設立以来、社会にとって必要不可欠なトラック・バスづくりを担い、日本の物流を支えてきた日野自動車。しかし、技術革新やライフスタイルの多様化に伴い、人や物の移動を取り巻く環境は急速に変化。さらに、ドライバー不足やCO2排出量の削減、持続可能な交通網の維持など、解決すべき社会課題は多岐にわたっています。 そこで、自社でのソリューション開発・提供だけでなく、他社との協業による社会課題解決を目指し、「HINO ACCELERATOR 2021 -HINO DE SAFARI-」を実施。スタートアップの技術やアイデアに日野のアセットを掛け合わせることで、物流業界や社会の課題を解決し、新たな価値提供を目指しています。具体的にどのような思いで取り組んでいるのか、日野自動車CDO(Chief Digital Officer)デジタル領域長の小佐野豪績氏に話を伺いました。

「呼べば5分で届く世界」セイノーHDとエアロネクストがオープンイノベーションで描く空の革命

【アクセラレーターインタビュー】 既存物流とドローン物流を連結・融合させた新スマート物流サービスを確立すべく、2021年1月にセイノーHDとエアロネクストが業務提携を締結。現在、山梨県小菅村にて、無在庫化と無人化を特徴とする、スマートサプライチェーン「SkyHubTM」の実証と実装にむけたプロジェクトを展開中です。 今回は、セイノーHDの河合 秀治氏とエアロネクスト田路 圭輔氏にご登壇いただき、「 SkyHubTM」についての詳細や協業に至った経緯、今後のビジョンなどについてお話しいただきました。 #オープンイノベーション #業務提携 #アクセラレーターインタビュー #セイノーホールディングス #エアロネクスト #SkyHubTM #スカイハブ #小菅村 #実証実験 #ドローン物流 #大挑戦時代をつくる #Creww

物流ソリューションの未来を切り開く為、これまでの常識にとらわれない「次の物流」の開発に、スタートアップの皆さまとチャレンジさせていただきたい。

【アクセラレーターインタビュー】 物流業界大手の佐川急便が、2021年度もアクセラレータープログラムを実施します。2014年からオープンイノベーションに積極的に取り組んできた同社は、スタートアップとのアライアンス活動の要となる新たな基地として、昨年「HIKYAKU LABO」を新設。物流を取り巻く環境や顧客ニーズが激変する中、スタートアップとの協業によって持続可能な社会を作るべく、社会課題の解決に取り組んでいます。「アクセラの審査には通過しなかったとしても、応募いただいたスタートアップとは何かしらの協業を模索したい」と語る執行役員・藤野博氏に、佐川急便がオープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップと狙いたい領域などを伺いました!
Facebook コメント