12.8 C
Japan
月曜日, 2月 6, 2023

シードアクセラレーターとコーポレートアクセラレーターの違いを解説

起業を志している方にとってシードアクセラレーターとコーポレートアクセラレーターはよく聞く言葉ではありますが、違いがいまいちわからないという方も多いのではないでしょうか。この記事を読めば、それぞれの特徴がよくわかります。また、代表的なアクセラレーターもご紹介しています。ぜひ参考にしてください。

そもそもアクセラレーターとは何か?

シードとコーポレートの違いの前に、アクセラレーターとは何なのかを確認しておきましょう。

インキュベーターとも混同されやすい

アクセラレーターとは、大企業や国・地方公共団体などがスタートアップに対して実施する、事業を成長・加速させるためのプログラムのことです。場合によっては出資を伴う場合もあります。大企業や自治体がスタートアップを支援する目的は何なのでしょうか。

投資家の場合は上場させて利益を得るのが目的ですが、アクセラレーターの場合は、スタートアップとコラボして新規事業を開発するオープンイノベーションがその目的にあります。大企業や自治体のバックアップがあればお金やモノ、場所などの支援が得られるだけでなく、ノウハウなどソフト面でのサポートも受けられるため、事業を加速度的に成長させることが可能です。

また、しばしばインキュベーターという言葉が混同されますが、インキュベーターはもっと前の段階で、アイデアをどうビジネス化するかという部分をサポートする事業のこと。支援を受ける側のステージによってアクセラレーターかインキュベーターか違ってくると理解すれば問題ないでしょう。

アクセラレーターから世界的スタートアップが誕生

 海外にはY CombinatorTechstarsといった著名なアクセラレーターがありますが、DropboxAirbnb (エアービーアンドビー)はこのような名門アクセラレーターから生まれた企業として知られています。

こうした事例を見ても、アクセラレーターは事業を成長させるのに有効だとわかるでしょう。アクセラレーターに参加さえすれば成功するというわけではありませんが、アクセラレーターが「スタートアップを成長させるためのノウハウ」を持っていることは確かです。

シードアクセラレーターとは

アクセラレーターとは何かわかったところで、シードアクセラレーターについて解説していきます。

シードアクセラレーターの目的

シードアクセラレーターとは、アクセラレーターの中でも特にシード期(起業前、起業直後)に特化したアクセラレーターのこと。ビジネスモデルそのものよりはアイデアやサービスの優位性、創業者の資質などをみて判断する傾向があり、出資を伴う場合は数百万円からが多いようです。

政府・自治体のシードアクセラレーター

政府系のシードアクセラレーターは非常に限られていますが、なかでも政府出資による株式会社産業革新機構がよく知られています。日本企業の技術開発を支援し、海外展開することが目的です。民間企業だと難しい長期的な投資・サポートが可能なのが特徴で、特定の業種に限定せず、次世代のイノベーションを生み出す技術に対して幅広く支援しています。

株式会社産業革新機構

金融機関系のシードアクセラレーター

メガバンクや大手銀行は、高い技術力や優れたアイデアをもった企業とシード段階で関係をもつことによって、将来的な融資先を開拓するためにアクセラレーターを設置しています。

三菱UFJキャピタル
みずほキャピタル株式会社
SMBCベンチャーキャピタル
ニッセイ・キャピタル株式会社

コーポレートアクセラレーターとは

シードアクセラレーターに続いて、コーポレートアクセラレーターについてもチェックしていきましょう。

コーポレートアクセラレーターの目的

コーポレートアクセラレーターの目的は、新規事業の開発と協業です。おもに大企業が主体になり、人・モノ・場所などのリソース提供、社内ノウハウの提供、ネットワークの紹介などを行います。大企業はリスクテイキングな発想を苦手とすることもあり、スタートアップがもつアイデアや行動力に期待しているのです。

大企業側からすれば、社員とスタートアップ人材の交流が起こることによって社内人材の成長も促されます。大企業にとってもスタートアップにとってもメリットの多いしくみといえるでしょう。

代表的なコーポレートアクセラレーター

代表的なコーポレートアクセラレーターは以下の会社です。

HONDA XCELERATOR(ホンダ)
Open Network Lab(デジタルガレージ)
富士通アクセラレータープログラム
JR東日本スタートアッププログラム

自分に合ったアクセラレーターを選んで事業を加速させよう

スタートアップはいつもリソース不足に悩まされているため、資金不足やノウハウのなさを補ってくれるアクセラレーターはとてもありがたい存在です。アクセラレーターの進め方は自治体や企業によってかなり異なり、ゴール地点で望んでいることも違います。アクセラレーターに採用された時点で、お互いが求めていることをきっちりすり合わせておけばトラブルを回避できるでしょう。

星の数ほどもスタートアップがある時代なので、使えるリソースはしっかり使って、スピード感をもった成長を目指すことが必要です。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント