12.8 C
Japan
月曜日, 11月 29, 2021

物流系アクセラレータープログラム開催|新しい物流の形を一緒に考えませんか?

「山口県No.1の物流企業」を通過点とし、物流業界で革新的なリーディングカンパニーを目指す「キチナングループ」が、国内最大級のオープンイノベーション支援サービスCreww Growth(クルーグロース)にて、アクセラレータープログラムを2月から開催しました。物流業界が抱える多くの問題を解決する、物流オペレーションの超最適化や、物流のDXを推進するITサービスなど、デジタルやデータで物流業界の現場を幸せにするサービスを創るべく、全国のスタートアップから協業ビジネスアイデアを募集しています。(応募締切は2月22日)

「吉南グループ×スタートアップ共創プログラム」とは

「スピードと徹底を武器」に、世の中の当たり前を支える総合物流企業グループであるキチナングループ。「山口県No.1の物流企業」を通過点とし、物流業界で革新的なリーディングカンパニーを目指して、常にお客様第一主義の姿勢で経営しています。

モノを運ぶ運輸事業、モノを預かる倉庫事業、モノをつくる製造請負業、モノをつつむ物流梱包資材販売業の4つの柱を軸に、グループ従業員数800名、グループ売上高100億円を突破した同社は、物流を軸に、新たなチャレンジで新たな価値を生み出したい!という強い想いで、本プログラムを開催しています。

「スタートアップ共創プログラム」の概要

▶︎募集締切:2021年2月22日(月)
▶︎エントリー方法:下記URL(CrewwGrowthページ内の専用WEBサイト)より、協業案をご提案ください。
URL:https://growth.creww.me/9d4a4c31-4fbc-11eb-a6d7-f1d8dad02a0f.html
▶︎対象企業:国内外すべてのスタートアップ。業種不問。
▶︎主催:吉南株式会社

アクセラレータープログラムで実現したいこと

現場が幸せになる「物流オペレーションの超最適化」

物流業は、
・事業承継問題
・高齢化問題
・若手人材不足問題
・長時間労働問題
と多くの問題を抱えています。

コロナ禍の中で、改めて物流の価値を再認識させられた中で、物流オペレーションは、現在でも未だ人に頼った仕事が中心です。運送、倉庫、製造請負など物流オペレーションを超効率化して、現場が幸せになる物流を一緒に考えましょう!

物流DXを推進するITサービスの開発

物流は仕事柄、物理的に荷物が動くため、すべてをIT化することは出来ません。しかし、オープンな物流の仕組みを作り出すことが、これからの物流を最適化するためには、必要だと考えています。

その一番重要なキーワードが物流DXだと考えています。ただのデジタル化だけではなく、データの流れを作り出し、物流業界に波及するほどインパクトがある新たなムーブメントを一緒に創りましょう!

スタートアップが活用できる経営資源(リソース)

01:施設・設備
02:グループ会社での連携
03:テニスコート約360面分の倉庫

プログラムへの意気込み

物流という仕事は、決して派手な仕事ばかりではありません。
むしろ、お客様の気づかないところで、本当にコツコツと積み重ねて、続けていく必要のある仕事です。
だからこそ、IT化だけではなく、小さな改善、仕組み化の可能性があると考えています。25兆円という巨大な物流業界で、新たな歴史を創るプロジェクトに一緒に取り組みましょう!

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【インタビュー】本業を辞めずに挑戦!報酬を得ながら複業としてゼロイチフェーズに参画するニューノーマルな働き方

【インタビューレポート】スタートアップでは、都度生じる課題をスピーディーに解決し、企業成長を促すためにも、必要なフェーズにタイムリーに対応できる幹部人材を必要としている。一方の現実は、「採用にかかる費用は抑えたい」「フルタイムで依頼をするには業務内容が少ない」など幹部クラスの人材確保にジレンマを抱える場合も多い。また、たとえスタートアップに関心があったとしても、一定数のリスクが伴う以上、転職には踏み切れずに大手企業に留まる優秀な人材が多いことは、非常に勿体ないことであると言える。果たして双方にとって突破口となる様なソリューションはないのだろうかー。 大手企業からスタートアップ企業への転職経験を持つ方々に、転職する際の葛藤や、スタートアップ企業に勤める今の実際について、率直なお気持ちを伺いました。 #スタートアップ #大手企業 #転職 #Creww #大挑戦時代をつくる

【共創案募集】エネルギー、都市環境、リサイクル、橋梁etc。デジタル×社会インフラで未来のまちづくりをしませんか|JFEエンジニアリング

【オープンイノベーションインタビュー】総合エンジニアリング企業として、環境・上下水・エネルギープラント、橋梁などの構築や運営、リサイクル・発電事業など、生活に不可欠な事業を展開しているJFEエンジニアリング。SDGsの達成やカーボンニュートラルの実現に向けて、同社が持つ技術や強みにスタートアップのデジタルを活用したアイデアや技術を掛け合わせ、社会課題の解決や新たなビジネスモデルの創出を目指すべく、DX領域でのアクセラレータープログラムを開催しています。具体的にどのような顧客価値を創出したいのか、本プロジェクトを推進する技術本部ICTセンターDX推進部にお話を伺いました。 #募集 #JFEエンジニアリング #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【インタビュー】学生時代から今に至るまで「事業を作る」をテーマにキャリアを歩み、Crewwで執行役員へ

【Crewwインタビュー】Creww採用担当者による、同社のメンバーと会社の雰囲気を伝えるためのインタビューが、ビジネスSNS「Wantedly」に公開されました。今回のインタビュイー は、学生時代の起業からスタートして、事業や組織の課題に向き合いながらCrewwにて今期から執行役員に就任した、中島克也(ナカジマ カツヤ)さんです。この5年半Crewwはどう変化し、中島氏自身はどう変わったのか。そしてCrewwのビジネスのこと、仲間のことについて聞きました。 #インタビュー #Wantedly #大挑戦時代をつくる #Creww

「世界を農でオモシロくする」スタートアップ|The CAMPus BASEが目指す持続可能な農事業とは

【スタートアップの流儀/インタビュー】成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー、成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、「大変でしんどくて儲からない」という従来のイメージに反し、農業は「カッコ良くて、これからの可能性に満ちている」と気付いたことから、「世界を農でオモシロくする」を企業理念に据え、「農」に関わるコミュニティ事業・スクール事業・ブランディング事業を展開するスタートアップ、The CAMPus BASEにフォーカス。「都会で生きてきたビジネスパーソンこそ農業に向いている」と語る、同社代表の井本 喜久氏にお話を伺いました。 #AgriTech #アグリテック #スタートアップ #インタビュー #TheCAMPusBASE #NOUONLINESALON #コンパクト農ライフ塾 #地域農ブランディング事業 #世界を農でオモシロくする #AKEMILEMON #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント