12.8 C
Japan
日曜日, 2月 28, 2021

 日本初!葬祭DXシステムの『スマート葬儀CRM』がクラウド型CTI機能をリリース

ライフエンディングサービスを提供するスタートアップ「ライフエンディングテクノロジーズ」は、すでに多くの葬儀社から好評を得ている「スマート葬CRM」にクラウド型CTIの追加開発を行い、2021年3月にリリースする。

ライフエンディングテクノロジーズでは、全国の葬儀社向けにオンライン葬儀に必要な全ての機能が含まれたオンライン葬儀プラットフォーム『スマート葬儀™』と顧客のステータス管理、顧客とのコミュニケーション状況を一元的に管理することで、抜け漏れを防ぎ、担当者や社内での進捗状況の見える化を図ることが可能となる『スマート葬儀CRM』を運営している。

スマート葬儀CRM(葬儀顧客管理システム):https://crm.smartsougi.jp/
スマート葬儀(デジタル訃報案内・オンライン葬儀):https://smartsougi.jp/

高齢多死社会や新型コロナによる影響も受け葬儀がコンパクト化していく中、本システムは全国の葬儀社や喪主を務める方より、大変好評だ。

今回の『スマート葬儀CRM』へのクラウド型CTI(Computer Telephony Integration)搭載により、電話番号をもとに顧客情報を『スマート葬儀CRM』から検索してPCの画面上に表示させることが可能になる。

『スマート葬儀CRM』の顧客管理機能では生前の相談や葬家といった顧客ごとのグループ分けができ、過去のやりとりも記録可能である。『スマート葬儀CRM』で過去のやりとりを把握できるため、無駄なやりとりを省き、顧客体験の向上につなげることが可能だ。

クラウド型CTI(Computer Telephony Integration)で可能になる機能

①通話内容の録音
見込客、顧客との通話を録音し、再生、削除を行うことが可能。録音データを確認することができ、トラブルの防止やハイレベルなオペレーターのやりとりを研修で使用、新人オペレーターの音声を確認して会話内容の変更指示などを簡単に行うことが可能である。

②ポップアップ機能
電話番号と紐づいた顧客情報を検索し、PC画面上に表示することが可能。電話を取る前に見込、顧客の氏名、住所、前回の会話内容などが把握でき、見込客、顧客に合わせた応対が可能となる。

③通話内容のテキスト化
通話内容をテキスト化し、データをマーケティングや営業に使用することも可能。通話後の通話内容記載の短縮にも効果的である。

④CRM連携
顧客情報を管理する『スマート葬儀CRM』と連携することで、顧客情報を把握しながら電話対応することが可能。見込客、顧客といったグルーピングができ、過去の対応履歴を蓄積することが可能である。そのため、過去の対応履歴を見ながらオペレーターが対応できるため、対応品質や作業効率UPを望むことが出来る。

ライフエンディングテクノロジーズは、今後もご葬儀のDX(デジタルトランスフォーメーション)に取り組み、次世代型のライフエンディングサービスの構築を目指していく。

スマート葬儀CRMの主な機能

①顧客のステータス管理

顧客とのコミュニケーション状況を一元的に管理することで、抜け漏れを防ぎ、担当者や社内での進捗状況の見える化を図ることが可能となった。

②追客機能

問い合わせのあった顧客への連絡をスムーズに行うことで、より効果的な提案を行うことが可能となる。

③見積り、請求機能

見積りや請求を顧客管理と連動して行うことで、ミスが少なく、より効率的な業務管理が可能となった。

スマート葬儀CRMの機能一覧

オンライン葬儀サービス(リモート葬儀サービス)『スマート葬儀』の主な機能一覧

葬家専用ページ
葬家ごとに専用ページを用意し弔問・会葬される方を限定してお知らせできる。
・「いつ、どこでも」スマートに弔問・会葬が可能
葬家から案内があったURLより専用ページにアクセスすることで、「いつ、どこでも」弔問・会葬することができる。
オンラインクレジットカード決済で供花・弔電・香典などを簡単手配
弔電・供花・供物などの手配、香典の預かりなどの各種申込みはオンラインでクレジットカード決済で手配でる。
・返礼品の用意
弔問・会葬者から申込みのあった弔電・供花・供物、預かった香典の返礼品をオンライン上で選ぶことができ、オンラインでクレジットカード決ができる。
・弔問・会葬者への葬儀動画配信
弔問・会葬への葬儀動画やメモリアルムービー、喪主挨拶動画などを通して、葬家お気持ちを伝えることができる。
・葬儀式場への来場もスマートにQRコード受付
スマート葬儀で事前に記帳をした方に発行されるQRコードを提示すると、バーコード読み取りにより受付することができる。
・香典の入金管理機能
スマート葬儀の喪主・葬儀社ページで香典の現金、銀行振込の入金管理が可能。
・弔電、供花、供物、返礼品などの発注もワンクリックでスマートに
スマート葬儀上で発注先への弔電、供花、供物、返礼品などの発注もワンクリックでスマートに行うことができる。
・ログイン履歴管理機能
スマート葬儀へログインした葬儀担当者のログイン履歴、操作情報を管理者が確認することが可能
・組織管理機能
ユーザーの権限設定をすることが可能。本社、エリア、ブランド、会館ごとにユーザーを紐づけることができ、本社ユーザー、エリア・ブランドマネージャー、会館支配人からは自分の参加の売上、訃報ページ情報などが管理可能
・カスタマイズ・API連携
スマート葬儀では基本機能以外にも機能のカスタマイズが可能。キントーン、ムスビスなどの既存システムとのAPI連携も可能

CRMについての解説

https://y-osohshiki.com/column/417

オンライン葬儀サービスについての解説

https://y-osohshiki.com/column/259

社名ライフエンディングテクノロジーズ株式会社
設立2019年9月20日
所在地〒105-0001
東京都港区西新橋3丁目24-5御成門ビル6階
代表者白石和也
事業概要葬儀場開発・運営
葬儀関連のマッチングプラットフォーム運営
葬儀関連のコンサルティング業務
URLLife Ending Technologies | (le-tech.jp)
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

イノベーションを起こし続けるセブン銀行から学ぶ、デジタル時代の事業戦略

【オープンイノベーションインタビュー】 イノベーションの失敗例や成功例、把握しておくべきポイントなど、経験豊富なゲストから様々なノウハウを持ち帰ってもらうオンラインの場「Innovator`s Academy」。第5回目は「イノベーションを起こし続けるセブン銀行から学ぶ、デジタル時代の事業戦略」をテーマに、セブンラボを率いるセブン銀行専務執行役員松橋正明氏にご登壇いただきました。  #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #セブン銀行 #セブン・ラボ  #InnovatorsAcademy #大挑戦時代をつくる #Creww

アナログなリーガル業界に変革を起こす!リーガルテックのLIRIS社とのオープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 1948年の設立以来、法規関係書籍を中心とした総合法令情報企業として、日本の法治国家形成を支えてきた新日本法規出版株式会社。長年、あらゆる領域のビジネスに寄り添ってきた同社は、2018年に、国内最大級のオープンイノベーション支援サービスを運営するCrewwのサービスを使い、アクセラレータープログラムを開催しました。そして、リーガルテックのスタートアップLIRISと開発したサービスを、2020年10月にローンチ。 そもそもなぜ同社はアクセラレータープログラムを導入したのか、そしてどんな取り組みをしてどんな未来を描いているのか。新規事業開発課の河合嘉之氏にお話を伺いました! #新日本法規出版 #LIRIS #オープンイノベーション事例 #リーガルテック #大挑戦時代をつくる #Creww

グローバルビジネスを促進させる、SaaS向け海外情報プラットフォーム 「 Abroach」

【新規事業インタビュー】STARTUP STUDIOは、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。"社会を変える挑戦" に挑んでいる、新規事業開発インタビュー第6弾をお届けします。今回は、SaaS向けプラットフォーム「Abroach」のファウンダー、奥村勝洋氏にお話を伺いました。 #studio仲間集め #studioインタビュー #インキュベーション #インキュベーションプログラム #Abroach #大挑戦時代をつくる #Creww

上場スタートアップ「ギフティ」の流儀|eギフトを軸として、人、企業、街の間に、さまざまな縁を育むサービスを提供する

【スタートアップの流儀】 今回は、コロナ禍において、サービスのニーズがより高まっているという株式会社ギフティの代表取締役である鈴木 達哉氏にお話を伺いました。 #スタートアップ #資金調達 #アクセラレータープログラム #withコロナ #ギフティ #giftee
Facebook コメント