12.8 C
Japan
日曜日, 2月 5, 2023

リーンスタートアップで新規事業!オープンイノベーションとの関係も

スタートアップを立ち上げる際に使われるリーンスタートアップは、ムダなく新規事業を立ち上げることができる手法です。そこで、近年注目されるオープンイノベーションにも活用できないかと気になった方もいるかもしれません。
この記事では、リーンスタートアップの解説やオープンイノベーションとの関係を紹介します。新規事業の開発に携ることになった方、スタートアップを立ち上げ予定の方はぜひ参考にしてください。

リーンスタートアップとは

「効率的な、無駄のない(lean)」、「起業(start-up)」という意味からもわかるように、リーンスタートアップとは費用や時間、品質を最小限に抑えつつも最大限の成果を発揮させる手法です。ここではリーンスタートアップについて理解を深めていきましょう。

ビジネスシーンでムーブメントに

リーンスタートアップは米国マサチューセッツ工科大学の教授が日本のトヨタ自動車の生産方式を研究した上で体系化したリーン生産方式に由来します。その後、米国の起業家であるエリック・リースが自身の起業経験をもとにした著書「リーン・スタートアップ」を発表したことで、世界中のビジネスシーンでその考えが広まり実践されるようになりました。

リーンスタートアップの流れ

リーンスタートアップでは、構築、計測、学習、(再構築)というサイクルが短期間で繰り返されます。構築とは、アイディアが思いついた段階で実用最小限でまずは開発してみることです。

計測では、構築で出来上がった製品に対して顧客などがどのような反応をみせるかを確認します。計測した結果に基づき、どうすればより顧客に受け入れてもらえるかを考え、改善していくことが学習です。この段階で成功可能性が低いと判断すればできるだけ少ないコストで撤退することができます。

MVPがキーワード

リーンスタートアップではMVPがキーワードです。MVPとは、Minimum Viable Product(最小の実行可能な製品)の略称で、顧客に提供するために必要な最低限の機能を備えた試作品を意味します。

ムダなく最大限の成果を目指すリーンスタートアップだからこそ、完全形ではないものの、一定限の品質を備えたこの試作品が重要です。MVPを元に、顧客の反応を見極めながら完成形に近づけていきます。

リーンスタートアップで新規事業

では、実際に企業はリーンスタートアップでどのように新規事業を進めているのでしょうか。

新規事業立ち上げの流れ

SNSを代表するうちのひとつ、Instagramもリーンスタートアップが関連しています。実は、Instagramは当初位置情報を共有するサービスでした。

しかし、顧客からの反応が芳しくなかったため構築→計測→学習のプロセスを繰り返し、写真の共有機能に関するニーズを発掘します。そこで再構築した上で誕生したのが現在のInstagramのサービスです。

リーンスタートアップで新規事業を立ち上げる際には、まずはアイディアを元にMVPを開発し、その後顧客の反応を必ず分析するようにしてください。そして、最初のアイディアに固執するのではなく、発想の転換が必要にみえたら再構築してMVPを再度リリースすることがポイントです。

最近は課題も生じている

数々の優れたサービスの誕生に貢献したリーンスタートアップですが、最近では「時代遅れ」と表現する人もいます。理由のひとつがSNSの浸透です。

リーンスタートアップではいわゆる試供品(MVP)で潜在顧客の反応を知ることが重要ですが、その段階での失敗がSNSで広まるとネガティブなイメージがついてしまいます。むしろ、SNSの活用次第でより多くの人の意見を効率的に確認することができるのでリーンスタートアップはいまだに時代遅れの手法ではないはずですが、くれぐれもSNSとの向き合い方には注意してください。

オープンイノベーションとの関係性

では、どちらもスタートアップとの親和性が強い「リーンスタートアップ」と「オープンイノベーション」を結びつけることはできないのでしょうか。

オープンイノベーションの今

オープンイノベーションとは、企業が自社資源にのみ頼る今までのやり方と異なり、スタートアップや自治体、他業種・他企業のリソースを活用しながら開発を進める手法です。現在は、大企業がオーガナイザーとなり、ビッグデータを用いて産官学の連携を進めるオープンイノベーション3.0の段階にあるといわれています。

オープンイノベーションへの活用

オープンイノベーションは他のリソースを利用することから、自社にリソースが揃っていなくても開発することができるため、効率的という点でリーンスタートアップにも通ずるところがあります。さらに、オープンイノベーションでもリーンスタートアップの考え・プロセスでMVPをリリースすれば各社・団体が様々な実証結果を得ることができ、技術革新に役立つのではないでしょうか。

リーンスタートアップを活用していく

一部では時代遅れともいわれるリーンスタートアップですが、SNSを活用しつつ進めれば新規事業の立ち上げに役立ちます。オープンイノベーションに参加する企業・団体の中にはこの考えを取り入れてビジネスを進めていることも多いはずです。

新規事業の開発に携ることになった方、スタートアップ立ち上げを考えている方は、まずリーンスタートアップを活用することを検討してみてはいかがでしょうか。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント