12.8 C
Japan
水曜日, 2月 1, 2023

【WakeAi フードバンク】シングルマザーや母子家庭へ牛肉を配送!

コロナ禍において事業が立ち行かなくなってしまった事業者の商品を通常よりもお求めやすい価格で「買って応援、食べて応援」できる「社会貢献型通販モール:WakeAi」が企画した、シングルマザーや母子家庭、ひとり親家庭を応援するプラン【WakeAi フードバンク(第一弾)】において、応募された方々の中から200世帯へ「牛肉500g」が配送された。

WakeAi フードバンクとは?

WakeAi フードバンクは、社会貢献型通販モールWakeAiが推進する、「シングルマザー(母子家庭)、シングルファザー、ひとり親家庭」の方々へ向けた応援プランです。

WakeAiは、新型コロナウイルスの蔓延により経済が停滞し、今までの事業が立ち行かなくなった生産者、事業者さまの商品を、通常よりもお求めやすい価格で「買って応援、食べて応援」することのできる社会貢献型通販モールです。

困ったときはお互い様、助け合い、分け合いの心をベースに運営するWakeAiは、事業者様のご支援にとどまらず、社会にとってよりよい方法で、さらにWakeAiの輪を広げることができないかと考えてまいりました。

そこで、日本全国にいらっしゃる約141万世帯のシングルマザー(母子家庭)、シングルファザー、ひとり親家庭の方々にご支援できることはないかという思いから、「WakeAi フードバンク」という活動をまずは始めてみようという運びとなりました。

フードバンクとは?

フードバンクとは、食品企業の製造工程で発生する規格外品などを引き取り、福祉施設等へ無料で提供する団体・活動のことです。

WakeAiはこのたび、フードバンク活動の一環として、シングルマザー(母子家庭)、シングルファザー、ひとり親家庭の方を対象に、WakeAi独自の応援プラン「WakeAiフードバンク(第一弾)」を実施いたしました。

【WakeAi フードバンク(第一弾)】の結果レポート

WakeAiに出店されている「山重株式会社」さまのご協賛と、「#元気いただきますプロジェクト」からのご支援として、【牛こま切れ肉500g(合計100kg)を200世帯】へお配りいたしました。

200世帯への配送枠に対して、実に1000名以上の方々からの応募があり、皆さまのそれぞれのコメントなどを拝見し、シングルマザー、母子家庭、ひとり親家庭の皆さまのご苦労の大きさを改めて目の当たりにいたしました。

WakeAi事務局でも、皆さまのコメントや思いを読んでいるだけでも、とても心苦しくなり、胸が締め付けられる思いになることもございました。

できることならば、ご応募くださったすべての皆さまへお届けしたい気持ちがありましたが、今回の【WakeAi フードバンク(第一弾)】は「200世帯限定」ということもあり、慎重に内容などを確認をさせていただき、200世帯の方々を選定させていただきました。

そして200世帯の方々へ「牛こま切れ肉500g(合計100kg)」をお送りしました結果、WakeAiフードバンクとしてとても嬉しいご感想をいただけましたので、以下に一部ご紹介させていただきたいと思います。

なぜ【WakeAiフードバンク】を始めてみようと思ったのか

まず始めにWakeAiは、「コロナ禍によって困っている事業者さまをご支援すること」を目的とした、ボランティアのような活動からスタートいたしました。

誰かが困っているときに、誰かが支援できる仕組みを作ることで、相互に助け合い、支え合うことができるきっかけを作れるのではないかという思いで、勇気を出して一歩踏み出した活動が、今のWakeAiの根幹となっています。

困ったときはお互い様、助け合い、分け合いの心をベースに運営しようと努めているWakeAiとして、困っている方は事業者様だけではないという思いから、今まさにコロナ禍において日常生活でも難しい状況におかれていらっしゃる、シングルマザー、母子家庭、ひとり親家庭の皆さまへ、なにかできることはないかと思い巡らせ、自然と行き着いた結論が、【WakeAi フードバンク(第一弾)】という活動となりました。

ひとり親家庭の方々を支援する大きな理由の1つ、それは【その先に子供の未来がある】という思いからです。私どもは、「子供は宝」、「子供は未来」と思っております。その子供が今現在において不安定かつ不安な状況におかれていることは、長い目で見て日本社会にとって大きな損失となりうると思っています。

その状況を少しでも改善するための呼び水の1つとして、また実際にWakeAiができる活動として、【WakeAi フードバンク(第一弾)】という活動を開始いたしました。

今回の【WakeAi フードバンク(第一弾)】を通じて、非常に多くの方々へ小さいながらも勇気を与えることができましたことを嬉しく思う反面、WakeAiが今回できたことは本当に微々たるものでしかなく、今も多くの方々がまだまだ難しい状況にいらっしゃるということを痛感しております。

そのような状況をなんとか少しでも良い方向に持っていくことができるよう、WakeAiは今後も【WakeAi フードバンク】の活動を持続可能な形で続けていく方法を模索してまいりたいと思っております。

まずは今回は【WakeAi フードバンク(第一弾)】の結果レポートとなりますが、【第二弾】、【第三弾】と次へつなぎ、将来的には様々な方々とご一緒に持続可能な活動として続けていくことができますよう努めてまいりたいと思っております。

SDGsの実現に向けた具体的な活動として、【WakeAi(ワケアイ】という企業体が行う事業活動が、1つの新しい形のロールモデルとなれますよう、今後もあらゆる可能性を見出してしてまいりたいと思っております。

「WakeAi(ワケアイ)」とは

~新型コロナウイルスの影響により事業が立ち行かなくなってしまった事業者の商品を通常よりもお求めやすい価格で「買って応援、食べて応援」でき、フードロスや食品ロス削減を推進、SDGsの実現も目指す「社会貢献型通販モール」です。
36万人のユーザーコミュニティを持つ国内最大のコロナ支援Facebookグループも運営。
2020年8月のクローズドオープンを経て2020年10月に正式リリース。すでに累計100,000件以上の注文を受注しています。

URL:https://wakeai.net/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント