12.8 C
Japan
水曜日, 1月 19, 2022

【WakeAi フードバンク】シングルマザーや母子家庭へ牛肉を配送!

コロナ禍において事業が立ち行かなくなってしまった事業者の商品を通常よりもお求めやすい価格で「買って応援、食べて応援」できる「社会貢献型通販モール:WakeAi」が企画した、シングルマザーや母子家庭、ひとり親家庭を応援するプラン【WakeAi フードバンク(第一弾)】において、応募された方々の中から200世帯へ「牛肉500g」が配送された。

WakeAi フードバンクとは?

WakeAi フードバンクは、社会貢献型通販モールWakeAiが推進する、「シングルマザー(母子家庭)、シングルファザー、ひとり親家庭」の方々へ向けた応援プランです。

WakeAiは、新型コロナウイルスの蔓延により経済が停滞し、今までの事業が立ち行かなくなった生産者、事業者さまの商品を、通常よりもお求めやすい価格で「買って応援、食べて応援」することのできる社会貢献型通販モールです。

困ったときはお互い様、助け合い、分け合いの心をベースに運営するWakeAiは、事業者様のご支援にとどまらず、社会にとってよりよい方法で、さらにWakeAiの輪を広げることができないかと考えてまいりました。

そこで、日本全国にいらっしゃる約141万世帯のシングルマザー(母子家庭)、シングルファザー、ひとり親家庭の方々にご支援できることはないかという思いから、「WakeAi フードバンク」という活動をまずは始めてみようという運びとなりました。

フードバンクとは?

フードバンクとは、食品企業の製造工程で発生する規格外品などを引き取り、福祉施設等へ無料で提供する団体・活動のことです。

WakeAiはこのたび、フードバンク活動の一環として、シングルマザー(母子家庭)、シングルファザー、ひとり親家庭の方を対象に、WakeAi独自の応援プラン「WakeAiフードバンク(第一弾)」を実施いたしました。

【WakeAi フードバンク(第一弾)】の結果レポート

WakeAiに出店されている「山重株式会社」さまのご協賛と、「#元気いただきますプロジェクト」からのご支援として、【牛こま切れ肉500g(合計100kg)を200世帯】へお配りいたしました。

200世帯への配送枠に対して、実に1000名以上の方々からの応募があり、皆さまのそれぞれのコメントなどを拝見し、シングルマザー、母子家庭、ひとり親家庭の皆さまのご苦労の大きさを改めて目の当たりにいたしました。

WakeAi事務局でも、皆さまのコメントや思いを読んでいるだけでも、とても心苦しくなり、胸が締め付けられる思いになることもございました。

できることならば、ご応募くださったすべての皆さまへお届けしたい気持ちがありましたが、今回の【WakeAi フードバンク(第一弾)】は「200世帯限定」ということもあり、慎重に内容などを確認をさせていただき、200世帯の方々を選定させていただきました。

そして200世帯の方々へ「牛こま切れ肉500g(合計100kg)」をお送りしました結果、WakeAiフードバンクとしてとても嬉しいご感想をいただけましたので、以下に一部ご紹介させていただきたいと思います。

なぜ【WakeAiフードバンク】を始めてみようと思ったのか

まず始めにWakeAiは、「コロナ禍によって困っている事業者さまをご支援すること」を目的とした、ボランティアのような活動からスタートいたしました。

誰かが困っているときに、誰かが支援できる仕組みを作ることで、相互に助け合い、支え合うことができるきっかけを作れるのではないかという思いで、勇気を出して一歩踏み出した活動が、今のWakeAiの根幹となっています。

困ったときはお互い様、助け合い、分け合いの心をベースに運営しようと努めているWakeAiとして、困っている方は事業者様だけではないという思いから、今まさにコロナ禍において日常生活でも難しい状況におかれていらっしゃる、シングルマザー、母子家庭、ひとり親家庭の皆さまへ、なにかできることはないかと思い巡らせ、自然と行き着いた結論が、【WakeAi フードバンク(第一弾)】という活動となりました。

ひとり親家庭の方々を支援する大きな理由の1つ、それは【その先に子供の未来がある】という思いからです。私どもは、「子供は宝」、「子供は未来」と思っております。その子供が今現在において不安定かつ不安な状況におかれていることは、長い目で見て日本社会にとって大きな損失となりうると思っています。

その状況を少しでも改善するための呼び水の1つとして、また実際にWakeAiができる活動として、【WakeAi フードバンク(第一弾)】という活動を開始いたしました。

今回の【WakeAi フードバンク(第一弾)】を通じて、非常に多くの方々へ小さいながらも勇気を与えることができましたことを嬉しく思う反面、WakeAiが今回できたことは本当に微々たるものでしかなく、今も多くの方々がまだまだ難しい状況にいらっしゃるということを痛感しております。

そのような状況をなんとか少しでも良い方向に持っていくことができるよう、WakeAiは今後も【WakeAi フードバンク】の活動を持続可能な形で続けていく方法を模索してまいりたいと思っております。

まずは今回は【WakeAi フードバンク(第一弾)】の結果レポートとなりますが、【第二弾】、【第三弾】と次へつなぎ、将来的には様々な方々とご一緒に持続可能な活動として続けていくことができますよう努めてまいりたいと思っております。

SDGsの実現に向けた具体的な活動として、【WakeAi(ワケアイ】という企業体が行う事業活動が、1つの新しい形のロールモデルとなれますよう、今後もあらゆる可能性を見出してしてまいりたいと思っております。

「WakeAi(ワケアイ)」とは

~新型コロナウイルスの影響により事業が立ち行かなくなってしまった事業者の商品を通常よりもお求めやすい価格で「買って応援、食べて応援」でき、フードロスや食品ロス削減を推進、SDGsの実現も目指す「社会貢献型通販モール」です。
36万人のユーザーコミュニティを持つ国内最大のコロナ支援Facebookグループも運営。
2020年8月のクローズドオープンを経て2020年10月に正式リリース。すでに累計100,000件以上の注文を受注しています。

URL:https://wakeai.net/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる

【インタビュー】本業を辞めずに挑戦!報酬を得ながら複業としてゼロイチフェーズに参画するニューノーマルな働き方

【インタビューレポート】スタートアップでは、都度生じる課題をスピーディーに解決し、企業成長を促すためにも、必要なフェーズにタイムリーに対応できる幹部人材を必要としている。一方の現実は、「採用にかかる費用は抑えたい」「フルタイムで依頼をするには業務内容が少ない」など幹部クラスの人材確保にジレンマを抱える場合も多い。また、たとえスタートアップに関心があったとしても、一定数のリスクが伴う以上、転職には踏み切れずに大手企業に留まる優秀な人材が多いことは、非常に勿体ないことであると言える。果たして双方にとって突破口となる様なソリューションはないのだろうかー。 大手企業からスタートアップ企業への転職経験を持つ方々に、転職する際の葛藤や、スタートアップ企業に勤める今の実際について、率直なお気持ちを伺いました。 #スタートアップ #大手企業 #転職 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント