12.8 C
Japan
水曜日, 9月 28, 2022

製造業のデジタルトランスフォーメーション実現のためにスタートアップが果たす役割とは

日本でのデジタルトランスフォーメーションは遅れをとっており、その推進が急がれています。
とりわけテクノロジーの進化で新しい製品やサービスが誕生している製造業の分野では、デジタル技術を取り入れていくことが急務。製造業のデジタルトランスフォーメーションを実現するためには、新しい価値を生み出せるスタートアップとの連携も視野に入れてみるのもひとつの方法です。
この記事では、製造業のデジタルトランスフォーメーション実現のためにスタートアップはどのような役割を果たすのかについて考察します。スタートアップとの連携事例も紹介しましょう。

デジタルトランスフォーメーションとは

そもそも、デジタルトランスフォーメーションとはどのようなものでしょうか?ここで簡単に確認しておきましょう。

デジタル技術を活用してビジネスモデルを改革

デジタルトランスフォーメーションとは、デジタル技術により業務や社会を変革させること。デジタルトランスフォーメーションにより 新たな事業を展開することでコストを削減し、働き方や社会そのものを改革しようとする施策です。

デジタルトランスフォーメーションは人々の生活をより良いものへと変え、既存の価値観や枠組みを根底から覆し、革新的なイノベーションをもたらします。

デジタルトランスフォーメーションの現状

日本企業のデジタルトランスフォーメーションは、海外に大きく遅れをとっているのが現状です。日本企業のIT投資のうち8割は既存システムの維持管理に向けられているという報告もあり、新規開発に消極的といえるでしょう。

デジタル技術導入の重要性は認識しながらも明確なビジョンが持てず、現場で推進する人材も不足しています。とりわけ製造業は環境の変化に対応しきれていない企業も多く、多くの課題を抱えているというのが実情です。

経済産業省は2018年に「デジタルトランスフォーメーションを推進するためのガイドライン」をまとめ、デジタルトランスフォーメーションの必要性を訴えています。

ガイドラインでは、あらゆる産業で新たなデジタル技術を利用したビジネスモデルを展開する新規参入者が登場し、ゲームチェンジが起きつつあることを指摘。企業は競争力の維持や強化のために、デジタルトランスフォーメーションを速かに進めることが課題だとしています。

2025年までの刷新が課題

経済産業省はさらに、業界を横断するデジタルトランスフォーメーションの仕組みを実現するために、国の支援が必要であることを強調。

さらに、2025年にシステムの刷新を行えなかった場合、システムの維持管理費が高額化して技術的負債を抱えるなど、多くのリスクがあることを警告しています。 いわゆる「2025年の崖」と言われているものです。

デジタルトランスフォーメーションを推進するスタートアップ

デジタル化に遅れをとりながらも古いシステムを変えられない現状を打開するには、外部からの改革を積極的に取り入れる必要があります。

新しい価値を生み出すスタートアップとの協業は、デジタルトランスフォーメーションの推進を加速させる契機になるでしょう。

デジタルトランスフォーメーションに取り組むスタートアップの事例

企業のデジタルトランスフォーメーションに取り組むスタートアップは数多く、これまでたくさんのデジタル化を成功させてきました。取り組みの事例を見ていきましょう。

製造業との連携

製造業はスタートアップとの連携で、作業の効率化や自社の持つ技術から新しい価値を生み出すことが可能です。

製造業のデジタルトランスフォーメーションに取り組むスタートアップもたくさんあり、連携してデジタル化を成功させている例も多く見られます。

課題を抱える製造業

近年、IoT(モノのインターネット化)やAI(人工知能)などのテクノロジーが進化し、製造業の競争環境も変化しています。

デジタル技術を導入して生産性の向上を図ることが必須となっていますが、思うように普及が進まないのが実情です。

ものづくりの現場では古いシステムが定着しており、急激な変化に対応できないというのが大きな原因のひとつ。特に中小企業では、コストのかかる新しいシステムの導入に消極的という事情もあります。

製造業と連携したスタートアップの事例

TRINUS

TRINUSはものづくりや商品開発をデジタルトランスフォーメーションするスタートアップです。
技術・素材・知財など企業に眠るリソースを自社サイトに公開し、世界中に登録する4,000名以上のクリエイターから型破りなデザインを集め、これまでのアナログな商品開発プロセスがデジタルに推進できるようになります。

廃棄古紙が主原料の技術を持つ企業と連携した事例では、プロジェクトを募集してアイディアを収集し、花色鉛筆という商品が製品化されました。日本を代表するサクラ、桔梗、タンポポなどの花の色と形を持ち、削るとまるで花びらとなるという他にはない商品です。今では全世界で販売されるヒット商品になっています。

キャディ

キャディはイノベーションの進まない部品調達の分野から、製造業のDXを推進するスタートアップです。特注加工品の発注者と全国の加工工場をテクノロジーでつなぐ、日本初の受発注サービスを開発。メーカーの持つ図面データを解析して瞬時に見積を提供できるシステムです。

パートナーとなってデジタルトランスフォーメーションを成功させた企業は多く、株式会社ヒガシヤマはシステム改革で年900万円以上の利益改善を達成。株式会社MAは取引を複数業界に分散し、理想的なポートフォリオを実現しています。

スタートアップとの連携でデジタルトランスフォーメーションを推進しよう

経産省が警告する「2025年の崖」まで時間は限られており、デジタルトランスフォーメーションの推進が急がれています。激しく変化する社会の波に乗るためにも、スタートアップとの連携も模索しながらデジタルトランスフォーメーションを成功させましょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント