12.8 C
Japan
水曜日, 10月 20, 2021

さらに重要度が増した医療業界におけるオープンイノベーション

近年、医療の質の向上と医療業界の強化が大きな課題となってきました。コロナ禍によって、医療の果たすべき役割はさらに大きくなり、オープンイノベーションにかかる期待も大きくなっています。医療業界におけるオープンイノベーションの現状と展望を解説しましょう。

メディカルオープンイノベーションとは?

オープンイノベーションとは外部の技術、アイデアを活用することによって、新しいイノベーションを生み出すビジネスモデルのことです。現在、医療、ヘルスケアの分野でもオープンイノベーションが頻繁に活用されています。創薬、医療技術の開発には資金も人材も時間もかかるため、単独の企業で行うのは難しいという背景によるところも大きいでしょう。ここでは医療、ヘルスケアなどの分野でのメディカルオープンイノベーションについて解説します。

メディカルオープンイノベーションの歴史

医療の現場では早くからオープンイノベーションが活用されてきました。特にアメリカの医療産業においてメディカルオープンイノベーションはめざましい成果をあげています。代表的な例はシリコンバレーにおける医療機器開発のエコシステムの形成でしょう。1990年代後半からスタートし、さまざまなスタートアップが医療機器関連の事業を立ち上げています。

メディカルオープンイノベーションの現状と課題

新薬や医療機器の開発、健康管理、疾患管理、先制医療、予防、疾患治療、リハビリテーションなどの充実、生活の質の改善など、さまざまなシチュエーションで、新たなイノベーションの創出が求められています。コロナ禍によって、オープンイノベーションを活用する動きもさらに活発化してきました。特にその傾向は自治体が主導するプロジェクトで顕著です。現状で浮き彫りになってきたメディカルオープンイノベーションの問題点はいいアイデアがあっても、そのアイデアを事業として成立させる人材・ノウハウが不足していることでしょう。

医療業界のオープンイノベーションのメリットデメリット

医療業界のオープンイノベーションにはメリットがたくさんありますが、注意すべき点もあります。メリット、デメリット、それぞれを見ていきましょう。

メリットとは?

外部の技術、アイデアの提供を受けることによって、コストや時間を節約できることが、オープンイノベーションの最大のメリットです。医療機器の開発を例にとると、機器のパーツのひとつひとつに、専門的な技術と複雑な工程が必要に。オープンイノベーションによってさまざまなスタートアップと組んで、得意分野を活かすことで、効果的な開発を進めることができます。

デメリットとは?

医療に関するオープンイノベーションにおいては研究結果や特殊な技術を共有することが想定されます。アイデアの流出や模倣、技術の盗用などの危険性はゼロではありません。

医療業界のオープンイノベーション事例

医療業界におけるオープンイノベーションの具体的な事例をいくつか紹介しましょう。

コロナ対策に特化、STOP COVID-19

神戸市が全面的にバックアップしているプロジェクトが「STOP COVID-19」です。最新技術によってコロナによる諸問題の解決を目指すスタートアップを支援する目的で2020年4月からスタート。コロナ対策に特化している点と完全オンラインでスピードを重視している点に大きな特徴があります。

創薬、医療支援、Blockbuster TOKYO

「Blockbuster TOKYO」は2018年スタートの東京都が支援する創薬・医療系のスタートアップ育成支援プログラムです。製薬会社、各種の支援機関、投資家などが集まっている東京の強みを活かして、自治体、民間企業、大学が連携して、幅広い支援を行っている点が特徴的です。

健康支援、ファイザーヘルスケアアクセラレーター

ファイザー株式会社Creww株式会社による「ファイザーヘルスケア・アクセラレーター2020」健康寿命の延伸とヘルシー・エイジングの促進をテーマとしたオープンイノベーションプログラムです。ファイザーが持っている経営資源とスタートアップの持っているアイデアやノウハウを活用して、新たなイノベーションの創出、サービスの共創を目指しています。2019年11月にスタートしました。

健康生活応援、大正製薬アクセラレーター

大正製薬株式会社Creww株式会社による「大正製薬アクセラレーター2019」は2019年5月にスタートしたオープンイノベーションプログラムです。1912年創業という大正製薬の蓄積された経営資源と、スタートアップの新しいアイデアとノウハウを活用することで、医薬品の枠にとらわれない新たな価値を創出することを目的としています。このプログラムで採択されたスタートアップのひとつがオンライン薬局「minacolor(ミナカラ)」。この会社では実証実験の一環として2020年5月からオンラインの薬剤師健康相談サービスの提供も開始しています。

8社共同設立、COTO LABOコンソーシアム

iPS細胞などの研究をする次世代ラボの提供を目指して、8社共同で設立されたのが「COTO LABOコンソーシアム」です。参加企業は50音順で株式会社iPSポータルアース環境サービス株式会社株式会社NTTデータオリンパス株式会社株式会社片岡製作所株式会社島津製作所大成建設株式会社株式会社日立産機システムの8つ。8社の技術やノウハウを結集し、大阪大学大学院工学研究科のアドバイスを受けながら、次世代ラボの社会実装に向けた準備を進行中です。

医療の未来の鍵を握るオープンイノベーション

医療、ヘルスケアの分野において、オープンイノベーションが大きな鍵を握っているのは間違いないでしょう。コロナ禍の影響もあり、遠隔治療が注目されています。またAI(人工知能)やビッグデータの活用の機会も大幅に増加。医療システムも医療業界を取り巻く環境も大きく変わろうとしています。その変革を駆動していくものとして期待されているのがオープンイノベーションです。これからの医療業界におけるオープンイノベーションに求められるのは社会の課題の克服と事業としての継続性との両立でしょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

「カナエ」が見据える未来|パッケージ業界にイノベーションを起こしたい

【オープンイノベーションインタビュー】昭和31年創業。軟包装材料の加工・販売事業からスタートし、現在は「パッケージ」を核に、医薬品・化粧品・食品・トイレタリー&ケミカル・メディカルの5分野を主体として事業展開を進める株式会社カナエが、既存事業に対する新しい発想を求めて、オープンイノベーションを決意。スタートアップとの共創にかける思いを、代表取締役社長 中澤 孝氏に伺いました。 #アクセラレータープログラム #オープンイノベーション #スタートアップ #カナエ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

世界初! 辛さの単位を作った「辛メーター」。伊藤忠商事のアクセラレータープログラムでアイデアが形に

【スタートアップの流儀/インタビュー】定期的に食べたくなる辛い料理。しかし、辛さの基準は店によって違うため、残念な気持ちを味わった人は少なくないだろう。この体験に終止符を打つべく、辛さの単位を作ったのが辛メーター株式会社だ。映画監督・江口カン氏の「辛さの単位を作りたい」というアイデアに賛同した作家の元木哲三氏、そして周りに集まったプロフェッショナル達の高い熱量を、伊藤忠商事のアクセラレータープログラムが強力に後押し。どんな経緯で辛メーターは作られ、これからどのような展開を目論んでいるのか。元木氏に話を聞いた。 #伊藤忠商事 #辛メーター #アクセラレータープログラム #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント