12.8 C
Japan
金曜日, 9月 30, 2022

さらに重要度が増した医療業界におけるオープンイノベーション

近年、医療の質の向上と医療業界の強化が大きな課題となってきました。コロナ禍によって、医療の果たすべき役割はさらに大きくなり、オープンイノベーションにかかる期待も大きくなっています。医療業界におけるオープンイノベーションの現状と展望を解説しましょう。

メディカルオープンイノベーションとは?

オープンイノベーションとは外部の技術、アイデアを活用することによって、新しいイノベーションを生み出すビジネスモデルのことです。現在、医療、ヘルスケアの分野でもオープンイノベーションが頻繁に活用されています。創薬、医療技術の開発には資金も人材も時間もかかるため、単独の企業で行うのは難しいという背景によるところも大きいでしょう。ここでは医療、ヘルスケアなどの分野でのメディカルオープンイノベーションについて解説します。

メディカルオープンイノベーションの歴史

医療の現場では早くからオープンイノベーションが活用されてきました。特にアメリカの医療産業においてメディカルオープンイノベーションはめざましい成果をあげています。代表的な例はシリコンバレーにおける医療機器開発のエコシステムの形成でしょう。1990年代後半からスタートし、さまざまなスタートアップが医療機器関連の事業を立ち上げています。

メディカルオープンイノベーションの現状と課題

新薬や医療機器の開発、健康管理、疾患管理、先制医療、予防、疾患治療、リハビリテーションなどの充実、生活の質の改善など、さまざまなシチュエーションで、新たなイノベーションの創出が求められています。コロナ禍によって、オープンイノベーションを活用する動きもさらに活発化してきました。特にその傾向は自治体が主導するプロジェクトで顕著です。現状で浮き彫りになってきたメディカルオープンイノベーションの問題点はいいアイデアがあっても、そのアイデアを事業として成立させる人材・ノウハウが不足していることでしょう。

医療業界のオープンイノベーションのメリットデメリット

医療業界のオープンイノベーションにはメリットがたくさんありますが、注意すべき点もあります。メリット、デメリット、それぞれを見ていきましょう。

メリットとは?

外部の技術、アイデアの提供を受けることによって、コストや時間を節約できることが、オープンイノベーションの最大のメリットです。医療機器の開発を例にとると、機器のパーツのひとつひとつに、専門的な技術と複雑な工程が必要に。オープンイノベーションによってさまざまなスタートアップと組んで、得意分野を活かすことで、効果的な開発を進めることができます。

デメリットとは?

医療に関するオープンイノベーションにおいては研究結果や特殊な技術を共有することが想定されます。アイデアの流出や模倣、技術の盗用などの危険性はゼロではありません。

医療業界のオープンイノベーション事例

医療業界におけるオープンイノベーションの具体的な事例をいくつか紹介しましょう。

コロナ対策に特化、STOP COVID-19

神戸市が全面的にバックアップしているプロジェクトが「STOP COVID-19」です。最新技術によってコロナによる諸問題の解決を目指すスタートアップを支援する目的で2020年4月からスタート。コロナ対策に特化している点と完全オンラインでスピードを重視している点に大きな特徴があります。

創薬、医療支援、Blockbuster TOKYO

「Blockbuster TOKYO」は2018年スタートの東京都が支援する創薬・医療系のスタートアップ育成支援プログラムです。製薬会社、各種の支援機関、投資家などが集まっている東京の強みを活かして、自治体、民間企業、大学が連携して、幅広い支援を行っている点が特徴的です。

健康支援、ファイザーヘルスケアアクセラレーター

ファイザー株式会社Creww株式会社による「ファイザーヘルスケア・アクセラレーター2020」健康寿命の延伸とヘルシー・エイジングの促進をテーマとしたオープンイノベーションプログラムです。ファイザーが持っている経営資源とスタートアップの持っているアイデアやノウハウを活用して、新たなイノベーションの創出、サービスの共創を目指しています。2019年11月にスタートしました。

健康生活応援、大正製薬アクセラレーター

大正製薬株式会社Creww株式会社による「大正製薬アクセラレーター2019」は2019年5月にスタートしたオープンイノベーションプログラムです。1912年創業という大正製薬の蓄積された経営資源と、スタートアップの新しいアイデアとノウハウを活用することで、医薬品の枠にとらわれない新たな価値を創出することを目的としています。このプログラムで採択されたスタートアップのひとつがオンライン薬局「minacolor(ミナカラ)」。この会社では実証実験の一環として2020年5月からオンラインの薬剤師健康相談サービスの提供も開始しています。

8社共同設立、COTO LABOコンソーシアム

iPS細胞などの研究をする次世代ラボの提供を目指して、8社共同で設立されたのが「COTO LABOコンソーシアム」です。参加企業は50音順で株式会社iPSポータルアース環境サービス株式会社株式会社NTTデータオリンパス株式会社株式会社片岡製作所株式会社島津製作所大成建設株式会社株式会社日立産機システムの8つ。8社の技術やノウハウを結集し、大阪大学大学院工学研究科のアドバイスを受けながら、次世代ラボの社会実装に向けた準備を進行中です。

医療の未来の鍵を握るオープンイノベーション

医療、ヘルスケアの分野において、オープンイノベーションが大きな鍵を握っているのは間違いないでしょう。コロナ禍の影響もあり、遠隔治療が注目されています。またAI(人工知能)やビッグデータの活用の機会も大幅に増加。医療システムも医療業界を取り巻く環境も大きく変わろうとしています。その変革を駆動していくものとして期待されているのがオープンイノベーションです。これからの医療業界におけるオープンイノベーションに求められるのは社会の課題の克服と事業としての継続性との両立でしょう。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント