12.8 C
Japan
月曜日, 7月 26, 2021

建設業界向けアプリ「助太刀」が高校生向け人材サービス「ジョブドラフト」と連携!

建設現場で働くすべての人を支えるアプリ「助太刀」を運営する株式会社助太刀は建設事業者と若手求職者の新たな出会いの場を提供し、建設業界の課題である若年入職率の改善することを目指し、高校生向け人材サービス最大手の「ジョブドラフト」を運営する株式会社ジンジブとの協業を開始します。

建設事業者と若手求職者の新たな出会の提供に向けて協業を開始

助太刀の現状

助太刀は、「建設現場を魅力ある職場に。」というミッションを掲げ、建設業界の人手不足解消のために、に工事会社や職人さんが協力会社や取引先を探すためのマッチングサービスを中心に、建設業特化の求人サイト「助太刀社員」など建設現場で働く人のための様々なサービスを展開してまいりました。登録事業者数は14万事業者を超え、登録する工事会社や職人さんは、助太刀を活用して新たな協力会社や取引先と出会い、事業の拡大や成長のサポートさせていただいております。

 これまで助太刀は、既に職人として働いている経験者の職人さんと工事会社の出会いをサポートして参りましたが、昨今では助太刀ユーザーの工事会社様から「安定した働き手の確保のために、未経験でも良いので若手の人材を採用したい。」というお声も多くいただくようになりました。

ジョブドラフトの思い

一方、ジンジブは「未来を担う高校生と成長に向かう企業を輝かせる」をミッションに掲げ、高校生の未来の選択肢を増やすため高校生の就職支援をする「ジョブドラフト」を運営しております。掲載数No.1の高校新卒の求人サイト「ジョブドラフトNavi」や合同企業説明会「ジョブドラフトFes」、高卒社会人向けの教育研修サービス等の運営を通じ、高校生への就職情報提供、高校の進路指導サポート及び、企業の高校新卒の採用支援や人材の定着支援を行っています。高校生向け求人サイト「ジョブドラフトNavi」では建設系の掲載求人数が全体の25%程度となっており、建設業への若手採用を推進して参りました。

 そこで、全国の「ジョブドラフト」を利用する高校生と若手採用をしたい助太刀ユーザーをつなぎ合わせることで建設業の若手採用へのさらなる貢献につながると考えこの度の協業に至りました。
 本協業により助太刀アプリを利用する14万超の事業者は、「ジョブドラフトNavi」への求人掲載依頼を同アプリから簡単に行うことが可能になります。また、ジョブドラフトを利用する建設事業者はアプリ「助太刀」の法人プランおよび、建設業特化の求人サービス「助太刀社員」を特別価格でご利用いただくことが可能になります。

協業の背景

 国内の建設業では、リーマンショック以降、建設投資額は増加している一方で就業人口は減少傾向にあり慢性的な人手不足が続いています。さらに建設業の技能労働者の3分の1は55歳以上となっている一方で、29歳以下は約1割と、他産業と比べても高齢化が進行しております。このような人手不足、かつ高齢化が進んでいる建設業を持続的に成長させていくためには、若年入職率を改善し如何に建設業の担い手を確保できるかが業界の大きな課題となっています。

 しかしながら、大手求人サイト等では、建設業は職種が非常に多く業界の構造が複雑であることなどから他の業種と比べて取り扱いが少なく、社員を募集したい建設事業者と、求職者が出会える場がありませんでした。

  今後は、14万超の登録事業者数を抱える助太刀と、高校生向け人材サービス最大手のジンジブが連携することにより、建設事業者と若手求職者の新たな出会いの場を提供し、建設業の若手採用、高校生の就職支援につながる様な新たな施策を引きつづき検討し、若年入職率の改善に貢献して参ります。

株式会社助太刀について

当社は、建設現場で働くすべての人を支えるアプリ「助太刀」を運営しています。登録事業者数は14万を超え、建設業界におけるマッチング領域では圧倒的なシェアを誇ります。「助太刀」では、76職種、居住地に基づく最適なリコメンド機能により今まで出会うのが難しかった、職人や工事会社に簡単に出会うことが可能です。正社員の求人の際には求人サービス「助太刀社員」を使えば、アプリ「助太⼑」を使っているたくさんの職⼈・施工管理に向けて求⼈を掲載できます。

 加えて、フィンテック事業として、工事代金をすぐに・確実に受け取れる 「助太刀あんしん払い」や、アプリでかんたん申込み、工事代金がチャージできるカード「助太刀カード」があります。助太刀あんしん払いは銀行口座不要で利用でき、24時間365日セブン銀行ATMで工事代金の受取りが可能になります。これらのサービスにより、初めての取引先でも未払いの心配をせずに取引が出来ます。

 EC事業の「助太刀ストア」では今後、材料や工具の購入、建機レンタルなど現場で必要なモノをどこでも注文できて、現場に直接届くサービスを順次拡充していく予定です。
 これらのサービスはすべて、煩雑な書類手続きや対面での申し込みは不要で、アプリ上での簡単操作で利用することができます。 当社は今後も、建設業界で働く人のあらゆる課題をワンストップで解決するプラットフォームの構築に尽力してまいります。

会社概要

社名:株式会社 助太刀
代表者:代表取締役社長 兼 CEO 我妻 陽一
所在地:東京都渋谷区南平台町2-17 日交渋谷南平台ビル5階
設立:2017年3月30日
資本金:100,000,000円
事業内容:インターネットを利用したサービスの企画、制作及び運営
URL:https://suke-dachi.jp/

株式会社ジンジブについて

当社は、就職する高校生が学歴や「高卒」という偏見に捉われることなく、自己決定の上希望を持って社会に出ること、企業が若手採用を継続すること、これらを実現するために、高卒採用にまつわる社会課題の解決に取り組んでおります。

ジョブドラフトでは掲載数No.1の高校新卒の求人サイト「ジョブドラフトNavi」の運営や合同企業説明会「ジョブドラフトFes」等の運営を通じ、高校生への就職情報提供、高校の進路指導サポート及び、企業の高校新卒の採用支援や人材の定着支援を行っています。2020年10月末現在、延べ3,000社以上の企業にご活用頂いております。

会社概要

社名:株式会社ジンジブ
代表取締役:佐々木 満秀
本社所在地:東京都港区浜松町2丁目7-19 KDX浜松町ビル5階
設立:2015年3月23日(グループ創業1998年9月1日)
資本金:98,000,000円
URL:https://jinjib.co.jp/
事業内容:高校生の新卒採用支援、高校生のための就職求人サイト「ジョブドラフト」運営

 

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】暮らしの未来を創造する次世代のプラットフォーマーへ | イオンモールがスタートアップと協業

【オープンイノベーションインタビュー】 「アジア50億人の心を動かす企業へ」をビジョンに掲げるイオンモールは、「Life Design Developer」として、人々のライフスタイルの向上と地域社会の発展に貢献することをミッションに、国内外の大型商業施設を開発から運営まで一気通貫で手掛けるディベロッパー企業です。 同社はこの度、ライフスタイルの変容や地域の社会課題に対して、商業施設の枠組みを越え、新たな「暮らしの未来」を創造する事業領域を拓くべく、Crewwのプラットフォーム「Creww Growth」を用いて、アクセラレータープログラムを開催します。イオンモール株式会社DX推進部 ビジネス開発担当部長 野口 耕司氏に、オープンイノベーションへ乗りだすに至った思いを伺いました。 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #イオンモール #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

現代の社会課題である食品ロスを解決する「Freeat(フリート)」

【ファウンダーインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。CrewwのSTARTUP STUDIOプログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、Freeat(フリート)です。 #フードテック #SDGs #インキュベーションプログラム #スタートアップスタジオ #Freeat #フリート #大挑戦時代をつくる #Creww

潜在的イノベーターの挑戦と覚醒を促す“パートタイム”という選択肢

【新プロジェクトインタビュー】 “大挑戦時代をつくる。”をビジョンに掲げ、数々のオープンイノベーションを
支援してきたCreww社が、スタートアップへパートタイムで参画できるプロジェクトを開始します。
SHIFT(x)プロジェクトで実施する新たな取り組みについて、担当者にインタビューしました。 #スタートアップ #
SHIFT(x) #シフトエックス #STARTUPSTUDIO #スタートアップスタジオ #大挑戦時代をつくる #Creww

【募集】大阪メトロ アドエラがスタートアップ協業で目指す「ローカル経済を結びつけた大阪の活性化!」

【アクセラレーターインタビュー】 株式会社 大阪メトロ アドエラがスタートアップとのオープンイノベーションに乗り出した。人口減少による交通利用の影響に立ち向かうべく、2025年に向け新しい事業の柱を創っていくという大阪メトログループ全体のミッションがある中、各グループで新規事業創出に向けた準備が着々と進められていたが、新型コロナウィルスの影響がよりこの流れを加速させたと言う。 そんな中、大阪メトロアドエラではスタートアップの斬新なアイデアや先進的な技術を取り入れ、協業による新規事業を生み出すべくアクセラレータープログラムを開催する。大阪メトロアドエラの新規事業創出を担う事業創造本部の奈良大和氏に、オープンイノベーションに取り組む背景やスタートアップとの共創に向けた狙いや想いを伺った。 #大阪メトロアドエラ #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント