12.8 C
Japan
水曜日, 1月 27, 2021

DSファーマアニマルヘルスが「動物の健康を支える新規事業」 へのエントリー募集!

DSファーマアニマルヘルス株式会社が10月12日(月)~12月12日(土)の期間、新規事業につながる技術シーズ・ビジネスシーズの探索を目的とする、「動物の健康を支える新規事業探索プログラム2020」へのエントリーを募集中だ。

「動物の健康を支える新規事業探索プログラム2020」とは

「動物の健康を支える新規事業探索プログラム2020」*1は、動物の健康を支えるために、動物の診断や健康維持に関連する技術やサービスの分野において、革新的な技術やアイデアの事業化を目指す研究者、スタートアップ企業および事業化を模索中の企業が保有するシーズを探索し、当社の経営リソースと融合させることで、新たな価値を創出して早期事業化を進めるものです。

本プログラムを実施することで、より多くの皆様にアニマルヘルス分野に関心をお持ちいただき、動物の健康を支える新たなビジネス機会の創出につながることを期待しています。

【プログラムの概要】

・対象テーマ

動物の健康を支える新規事業提案

・対象分野

動物の診断や健康維持に関連する技術・サービス(医薬品や検査、医療機器に限らない)

特に今回は以下に関する案件を探しています。なお、いずれの場合も獣医師の診療活動の支援に繋がるものであることが条件です。

(1)未病検知
動物の未病とは、外見上飼い主が異常に気付かないものの、バイタルサインや臨床検査で軽い異常があると判定される状態です。未病の段階で検知ができれば、大切な動物の健康寿命を延ばすことが可能となります。

(2)感染症検知
動物の感染性の病原体の保有の有無を知ることで、動物の症状の推移を予測し、適切な治療を行うことが可能となります。また、人の感染症はその半数以上が動物由来と推定されているため、簡便かつ迅速に感染症を検知する技術は非常に重要となります。

(3)「あにさぽ」を介して動物病院に提供できる診断支援デジタルヘルスサービス
「あにさぽ」は獣医師のための獣医療支援プラットホームサービスです。多様なアニマルヘルスのニーズに対応するため、本サービスに連携できる事業を募集します。
提供中サービス:スキンコンサルティングサービス(詳細はWebページへ)

【プログラムへのエントリーについて】

・エントリー対象

上記テーマに該当する事業提案を持つ研究者、スタートアップ企業、自社技術の事業化を模索されている企業

・エントリー期間

2020年10月12日(月)~12月12日(土)予定

・エントリーサイト

アニマルヘルス・プログラム
(委託運営:合同会社SARR *2)

【プログラムのスケジュール】

12月中旬        書類審査
12月下旬~1月中旬   書類審査通過チーム向けメンタリング*3
2021年1月21日(木)  事業提案ピッチ(Zoomウェビナーによる選考会を予定)

【これまでの本プログラム大賞受賞者・内容】

2016年度 大阪大学 チームVisGene「革新的な核酸クロマトによる動物感染症の診断技術」
2018年度 株式会社ハカルス「スパースモデリング技術を応用した診断・治療支援AI」

*1 昨年度は上期・下期の2回開催し、計126のチームから本プログラムへの興味を示していただき、計16チームに事業提案ピッチへご参加いただきました。

*2 合同会社SARR(Science, Art & Research for Reconstruction)は、東日本大震災後の2011年4月、科学技術と文化伝統をベースに日本の復興を成し遂げたいという想いで京都にて設立されました。日本中の大学の研究成果を事業化して地域を元気にするべく、NEDO、総務省I-Challenge!など国とも協力しながら、優れた研究成果を持つ研究者、企業そしてチャレンジ精神旺盛な起業家を、そして地域を元気にしたいという人々を応援し、一緒にビジネスや戦略、政策を作るという活動を行っています。
詳細はWEBサイトをご覧ください。

*3 エントリーチームに対しては、合同会社SARRが事業提案の添削ならびに事業提案ピッチ(選考会)に向けたメンタリングを実施いたします。

■DSファーマアニマルヘルス株式会社について

DSファーマアニマルヘルスは、動物たちの健康を支えることで、人々の笑顔あふれる暮らしに貢献する企業として、2010年7月に大日本住友製薬株式会社の事業部門から分社化し、設立された研究開発型の動物用医薬品等の製造販売会社です。70余年に及ぶ動物薬事業を通じて培った経験と実績を基礎に、人と動物の絆を支える「コンパニオンアニマル事業」、人々の豊かな生活を支える「畜水産事業」、確定診断に必要不可欠な「臨床検査事業」を展開しています。
また、医薬品や機能性食品の提供に加え、診察・検査・診断・投薬・アフターケアにわたる獣医師、ペットオーナーや畜産農家等のニーズの全体(ヘルスケアサイクル)へ事業領域を拡張し、総合的なソリューションを提供する会社への変革を推進しています。
詳細はWEBサイト(https://animal.ds-pharma.co.jp/)をご覧ください。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

上場スタートアップ「ギフティ」の流儀|eギフトを軸として、人、企業、街の間に、さまざまな縁を育むサービスを提供する

【スタートアップの流儀】 今回は、コロナ禍において、サービスのニーズがより高まっているという株式会社ギフティの代表取締役である鈴木 達哉氏にお話を伺いました。 #スタートアップ #資金調達 #アクセラレータープログラム #withコロナ #ギフティ #giftee

建設業界に変革を起こす。大幅な業務改善・効率化を目指す、安藤ハザマの挑戦|オープンイノベーション

【オープンイノベーション事例インタビュー】 国内外でさまざまな建設やインフラを整備してきたゼネコンである安藤ハザマは、2019年4月にイノベーション部を新設し、アクセラレータープログラムを実施。そして、協業を始めた「建築×IT」のプロダクトを開発するトラスに対し、2020年11月に1億円を出資した。トラスとはどのような取り組みをして、どんな課題解決を目指しているのか。 #安藤ハザマ #オープンイノベーション #トラス #スタートアップ出資 #アクセラレータープログラム #大挑戦時代をつくる。 #Creww

セールステックSrush(スラッシュ)の流儀|セールスの新しい地図になる

【スタートアップインタビュー】 成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー、成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、忙しい営業マンが手間と時間をかけずに、顧客とより良い信頼関係を築くためのセールスエンゲージメントツールの開発に乗り出したという株式会社Srush(スラッシュ)の代表取締役社長 樋口 海氏にお話を伺いました。 #セールステック #SalesTech #SaaS #DX推進 #スタートアップ #セールスエンゲージメントツール #Srush #Creww #大挑戦時代をつくる

利用者が本当に欲しいと思うモノ作りプラットフォーム – モノラボ

STARTUP STUDIOは、“本業を退職せず”事業を実現できる、個人を主体としたインキュベーションプログラムです。”社会を変える挑戦”に挑んでいる、新規事業開発インタビュー第5弾をお届けします。今回は、モノラボファウンダーの 島谷 亮澄氏にお話を伺いました。 #インキュベーション #実績事例 #インタビュー 
Facebook コメント