12.8 C
Japan
月曜日, 1月 30, 2023

丸井グループとCAMPFIREが「スタートアップ支援のエコシステムを共創」に向け資本業務提携

丸井グループは、国内No.1の会員数を持つクラウドファンディング企業、CAMPFIREとの資本業務提携契約を締結した。これにより、スタートアップ企業の支援に向けた協業・共創を加速する。

本提携の背景と目的

CAMPFIREの掲げるミッション『資金集めを民主化し、世界中の誰しもが声をあげられる世の中をつくる』と、当社グループのミッション『すべての人が「しあわせ」を感じられるインクルーシブで豊かな社会を共に創る』は、「利益」と「しあわせ」を同時に実現していくという点で、同じ方向を向いている。

両社はこれまでも、2018年11月に有楽町マルイで開催した「キャンプファイヤーマルシェ」や、2020年1月よりスタートした「多数欠EPOSカード」の発行などを通じ、それぞれの強みを活かした協業の取り組みを進めてきた。このたびの資本業務提携により、両社の協業を加速し、CAMPFIREの持つ多数の良質なプロジェクトと、当社グループの持つ店舗やクレジットカードをはじめとするさまざまな経営資源を掛け合わせることで、新たな価値の創出を推進する。

株式会社CAMPFIREについて

あらゆるファイナンスニーズに応えるべく、“資金調達の民主化” をミッションに、個人やクリエイター、企業、NPO、大学、地方自治体など、さまざまな挑戦を後押ししている。国内最大のクラウドファンディング「CAMPFIRE」は、2011年のサービス開始から現在までに42,000件以上のプロジェクトを掲載し、支援者数は延べ380万人以上、流通金額は340億円に達した。1人でも・1円でも多く、お金がなめらかに流通する世界をめざした、CAMPFIRE経済圏を目指している。

今後の取り組み

CAMPFIREで資金調達に挑戦しているスタートアップ企業をはじめ企業や個人の課題解決に向けた取り組みや、夢に向かって困難に立ち向かう個人の挑戦など、さまざまな「物語」を、CAMPFIREと丸の内グループが応援する。丸の内グループは、当社の持つリアル店舗や決済インフラ、物流や広告などの経営資源を活用することで、市場で一般化する前のプロダクトや、ソリューションのデビューのステージを提供し、スタートアップ企業を支援する。

<具体的な取り組み>
・クラウドファンディングでめざす「物語」を体験できるリアルイベントの開催
・出店企業や支援者など、関連するコミュニティが集う常設スペースの開設
・異なる顧客基盤におけるエポスカード利用や新規カード入会の促進
・アニメやアイドルなど、当社グループのアニメ事業との連携

丸の内グループは、「小売」「フィンテック」に「共創投資」を加えた、三位一体の新たなビジネスモデルを推進している。解決すべき社会課題をインクルージョンの視点から特定し、ビジネスを通じてステークホルダーと共創することで、企業価値向上と社会課題の解決を同時に実現することをめざしている。今後もCAMPFIREと丸の内グループのみならず、当グループが出資・協業している複数の企業と連携の輪を拡げ、世の中を変えていきたいという強い想いを持ち、先天的なリスクにも果敢に立ち向かっているスタートアップ企業と共に、「共創のエコシステム」を作っていく意向である。

CAMPFIRE 代表取締役 家入一真氏コメント

丸井グループの皆さまとは、2018年頃からクラウドファンディグと実店舗を掛け合わせ、事業者にとって新たな可能性を提示すべくともに模索してまいりました。新型コロナウイルス感染拡大などをきっかけに、両社の取り組みをさらに推し進めるべく、このたび、資本業務提携にいたりました。日本における金融包摂・フィンテックの祖である丸井グループさまと、双方が掲げるミッションの実現に向けてご一緒できることを心より嬉しく思います。


丸井グループ 取締役上席執行役員共創投資部長 青木正久コメント

今年で創業90年目の丸井グループは、世の中やお客さまの「お役に立つ」ことで成長してきました。かつて、地方から大きな夢を持って上京した若者たち。数十年後の今、「あのころ、丸井さんにはお世話になって」と声をかけていただきます。そして今、大きなビジョンを持つ起業家の皆さんに、数十年後の未来、「あのころ、CAMPFIREさんと丸井グループに・・・」と言っていただけるよう、一緒に未来を創りたいと考えています。

社名株式会社CAMPFIRE
設立2011年1月14日
所在地東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル5F
代表者代表取締役:家入 一真
事業概要購入型クラウドファンディング事業、融資型クラウドファンディング事業、それらに付帯する事業の企画・開発・運営
URL株式会社CAMPFIRE:https://campfire.co.jp
クラウドファンディング「CAMPFIRE」:https://camp-fire.jp/
社名株式会社丸井グループ
設立1937年(昭和12年)3月30日
所在地〒164-8701 東京都中野区中野4-3-2
代表者代表取締役社長:青井 浩
事業概要小売事業、フィンテック事業をおこなうグループ会社の経営計画・管理など
URLhttps://www.0101maruigroup.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント