12.8 C
Japan
火曜日, 11月 24, 2020

丸井グループとCAMPFIREが「スタートアップ支援のエコシステムを共創」に向け資本業務提携

丸井グループは、国内No.1の会員数を持つクラウドファンディング企業、CAMPFIREとの資本業務提携契約を締結した。これにより、スタートアップ企業の支援に向けた協業・共創を加速する。

本提携の背景と目的

CAMPFIREの掲げるミッション『資金集めを民主化し、世界中の誰しもが声をあげられる世の中をつくる』と、当社グループのミッション『すべての人が「しあわせ」を感じられるインクルーシブで豊かな社会を共に創る』は、「利益」と「しあわせ」を同時に実現していくという点で、同じ方向を向いている。

両社はこれまでも、2018年11月に有楽町マルイで開催した「キャンプファイヤーマルシェ」や、2020年1月よりスタートした「多数欠EPOSカード」の発行などを通じ、それぞれの強みを活かした協業の取り組みを進めてきた。このたびの資本業務提携により、両社の協業を加速し、CAMPFIREの持つ多数の良質なプロジェクトと、当社グループの持つ店舗やクレジットカードをはじめとするさまざまな経営資源を掛け合わせることで、新たな価値の創出を推進する。

株式会社CAMPFIREについて

あらゆるファイナンスニーズに応えるべく、“資金調達の民主化” をミッションに、個人やクリエイター、企業、NPO、大学、地方自治体など、さまざまな挑戦を後押ししている。国内最大のクラウドファンディング「CAMPFIRE」は、2011年のサービス開始から現在までに42,000件以上のプロジェクトを掲載し、支援者数は延べ380万人以上、流通金額は340億円に達した。1人でも・1円でも多く、お金がなめらかに流通する世界をめざした、CAMPFIRE経済圏を目指している。

今後の取り組み

CAMPFIREで資金調達に挑戦しているスタートアップ企業をはじめ企業や個人の課題解決に向けた取り組みや、夢に向かって困難に立ち向かう個人の挑戦など、さまざまな「物語」を、CAMPFIREと丸の内グループが応援する。丸の内グループは、当社の持つリアル店舗や決済インフラ、物流や広告などの経営資源を活用することで、市場で一般化する前のプロダクトや、ソリューションのデビューのステージを提供し、スタートアップ企業を支援する。

<具体的な取り組み>
・クラウドファンディングでめざす「物語」を体験できるリアルイベントの開催
・出店企業や支援者など、関連するコミュニティが集う常設スペースの開設
・異なる顧客基盤におけるエポスカード利用や新規カード入会の促進
・アニメやアイドルなど、当社グループのアニメ事業との連携

丸の内グループは、「小売」「フィンテック」に「共創投資」を加えた、三位一体の新たなビジネスモデルを推進している。解決すべき社会課題をインクルージョンの視点から特定し、ビジネスを通じてステークホルダーと共創することで、企業価値向上と社会課題の解決を同時に実現することをめざしている。今後もCAMPFIREと丸の内グループのみならず、当グループが出資・協業している複数の企業と連携の輪を拡げ、世の中を変えていきたいという強い想いを持ち、先天的なリスクにも果敢に立ち向かっているスタートアップ企業と共に、「共創のエコシステム」を作っていく意向である。

CAMPFIRE 代表取締役 家入一真氏コメント

丸井グループの皆さまとは、2018年頃からクラウドファンディグと実店舗を掛け合わせ、事業者にとって新たな可能性を提示すべくともに模索してまいりました。新型コロナウイルス感染拡大などをきっかけに、両社の取り組みをさらに推し進めるべく、このたび、資本業務提携にいたりました。日本における金融包摂・フィンテックの祖である丸井グループさまと、双方が掲げるミッションの実現に向けてご一緒できることを心より嬉しく思います。


丸井グループ 取締役上席執行役員共創投資部長 青木正久コメント

今年で創業90年目の丸井グループは、世の中やお客さまの「お役に立つ」ことで成長してきました。かつて、地方から大きな夢を持って上京した若者たち。数十年後の今、「あのころ、丸井さんにはお世話になって」と声をかけていただきます。そして今、大きなビジョンを持つ起業家の皆さんに、数十年後の未来、「あのころ、CAMPFIREさんと丸井グループに・・・」と言っていただけるよう、一緒に未来を創りたいと考えています。

社名株式会社CAMPFIRE
設立2011年1月14日
所在地東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル5F
代表者代表取締役:家入 一真
事業概要購入型クラウドファンディング事業、融資型クラウドファンディング事業、それらに付帯する事業の企画・開発・運営
URL株式会社CAMPFIRE:https://campfire.co.jp
クラウドファンディング「CAMPFIRE」:https://camp-fire.jp/
社名株式会社丸井グループ
設立1937年(昭和12年)3月30日
所在地〒164-8701 東京都中野区中野4-3-2
代表者代表取締役社長:青井 浩
事業概要小売事業、フィンテック事業をおこなうグループ会社の経営計画・管理など
URLhttps://www.0101maruigroup.co.jp/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【Creww×飯田市】地方での新事業創出の可能性、そしてオープンイノベーションへの挑戦へ

飯田市金融政策課と17の支援機関が連携し取り組むビジネス支援協議会「I-Port」の開港から3年。これまで、地域で生まれる多様な新規事業や事業展開への幅広いビジネス支援を継続してきました。その実績を振り返りつつ、今回は「事業をつくる=挑戦する」あらゆるビジネスパーソンの機会創出を数多く手がけてきたCreww(クルー)株式会社取締役の水野智之さんをお招きし、地方におけるビジネス支援の可能性や課題について、ともに語り合いました。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(後編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 後編では、スタートアップスタジオで活動する上でのメリットや、大変なこと、プロジェクトの状況や今後の予定をまとめております。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

コロナ禍の新たな顧客体験構築に挑む、店舗業務効率化SAASスタートアップ

成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、Leretto(リリット)の代表取締役社長である辰巳 衛氏にお話を伺いました。