12.8 C
Japan
金曜日, 12月 2, 2022

スマートドライブ×ナイトレイがデータ連携&協業ソリューション|出光興産 超小型EVのカーシェアリングの実証実験で利用開始

モビリティデータを活用したサービスを提供するスマートドライブと、位置情報ビッグデータと解析技術を用いた地域活性化支援ソリューションを提供するナイトレイがデータ連携と協業ソリューションの開発・提供を開始した。今回の連携ソリューションのファーストユーザーとして、出光興産が千葉県館山市・南房総市において超小型EVのカーシェアリングの実用化に向けた実証実験において利用しているスマートドライブ提供の「Mobility Data Platform」とデータ連携を行い、カーシェアリングサービスの稼働率向上や観光地開拓に活用を開始した。

今回のデータ連携は、Mobility Data Platformに蓄積した移動データ(移動経路・滞在場所・滞在時間など)と、ナイトレイが収集・解析する旅先で観光客が発信するSNSデータをかけ合わせる所から始まっている。かけ合わせたデータを分析することで、観光客の動きや関心事、目の前を通過されてしまうことの多い観光スポットなどを「見える化」。観光客の移動をスムーズにするための施策や、観光地パンフレットの配布や案内看板の設置などで知名度が低い観光スポットに誘導を図る施策など、観光資源の最大化を図ることができると考えられている。

スマートドライブは、2013年の創業以来、「移動の進化を後押しする」をビジョンとし、移動にまつわる様々なモビリティサービスを提供してきた。走行データの収集・解析を行うMobility Data Platformは、これまでも幅広い業種業態の企業と様々な実証実験を行い、新しいサービスの創出を目指した協業を行ってきた。

ナイトレイは、位置情報ビッグデータ解析技術により地球上で刻々と変化する人々の滞在・周遊・消費・興味関心といったデータを解析し、inbound insight(訪日外国人分析)やCITY INSIGHT(国内旅行者/生活者分析)等の地域活性化支援サービスを通して多くの民間事業者や地方自治体を支援してきた。近年ではこれらの解析データとノウハウが、新型コロナウィルスを筆頭とした急激な社会環境変化やリスクの分析、地域の移動手段最適化を目指すMaaS関連プロジェクトや、次世代のまちづくりにより地域活性化を目指す関連プロジェクトにも活用されており、地域の特徴や課題を分析・把握することで幅広いニーズに対応したデータ解析サービスと支援を行っている。

出光興産は、2019年8月より岐阜県飛騨市・高山市、2020年4月より千葉県館山市(同7月より南房総市に走行エリア拡大)で展開している超小型EVを活用したカーシェアリングの事業化に向けた実証実験において、スマートドライブが提供する走行データの収集・解析を行うMobility Data Platformを利用している。今回のスマートドライブおよびナイトレイの連携ソリューションを活用することで、よりきめ細かいサービスの設計ができると見込んでいる。

今回の連携は、スマートドライブとナイトレイのサービスを連携し、知見を共有し研鑽することによって、地域内の観光資源の最大化に繋がるのではないかという議論がきっかけとなった。実際に連携ソリューションを活用する出光興産も含めた3社で、地域の活性化を図れるような取り組みを行う予定だ。

【参考資料】

出光興産株式会社について

地方創生に資する新規事業として、地域密着型の経営を強みとする当社の販売店ネットワークを活用し、飛騨市/高山市・館山市/南房総市と一般と法人を対象にカーシェアリングサービスを展開している。

社名出光興産株式会社
設立1940年 3月(創業1911年6月)
所在地帝劇本社 〒100-8321 東京都千代田区丸の内三丁目1番1号
代表者木藤 俊一
URLhttps://www.idss.co.jp/

株式会社ナイトレイについて

「ロケーションビッグデータとテクノロジーの可能性に挑戦し世界中に新たな驚きとイノベーションを届ける」をビジョンに掲げ、多様なデータを活用した地域活性化支援ソリューションを開発・提供しているスタートアップである。

社名株式会社ナイトレイ
設立2011年1月
資本金〒150-0036 東京都渋谷区南平台町15-11 南平台野坂ビル 4F
代表者石川 豊
事業概要ロケーションインテリジェンス事業
URLhttps://nightley.jp/

株式会社スマートドライブについて

移動にまつわる様々なセンサーデバイスを通じて収集・解析されたビッグデータを活用して、IoT時代の新たな移動にまつわるサービスを創造している。

社名株式会社スマートドライブ
設立2013年 10月
所在地〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-6 NTT日比谷ビル5F
代表者北川 烈
URLhttps://smartdrive.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント