12.8 C
Japan
火曜日, 11月 24, 2020

スマートドライブ×ナイトレイがデータ連携&協業ソリューション|出光興産 超小型EVのカーシェアリングの実証実験で利用開始

モビリティデータを活用したサービスを提供するスマートドライブと、位置情報ビッグデータと解析技術を用いた地域活性化支援ソリューションを提供するナイトレイがデータ連携と協業ソリューションの開発・提供を開始した。今回の連携ソリューションのファーストユーザーとして、出光興産が千葉県館山市・南房総市において超小型EVのカーシェアリングの実用化に向けた実証実験において利用しているスマートドライブ提供の「Mobility Data Platform」とデータ連携を行い、カーシェアリングサービスの稼働率向上や観光地開拓に活用を開始した。

今回のデータ連携は、Mobility Data Platformに蓄積した移動データ(移動経路・滞在場所・滞在時間など)と、ナイトレイが収集・解析する旅先で観光客が発信するSNSデータをかけ合わせる所から始まっている。かけ合わせたデータを分析することで、観光客の動きや関心事、目の前を通過されてしまうことの多い観光スポットなどを「見える化」。観光客の移動をスムーズにするための施策や、観光地パンフレットの配布や案内看板の設置などで知名度が低い観光スポットに誘導を図る施策など、観光資源の最大化を図ることができると考えられている。

スマートドライブは、2013年の創業以来、「移動の進化を後押しする」をビジョンとし、移動にまつわる様々なモビリティサービスを提供してきた。走行データの収集・解析を行うMobility Data Platformは、これまでも幅広い業種業態の企業と様々な実証実験を行い、新しいサービスの創出を目指した協業を行ってきた。

ナイトレイは、位置情報ビッグデータ解析技術により地球上で刻々と変化する人々の滞在・周遊・消費・興味関心といったデータを解析し、inbound insight(訪日外国人分析)やCITY INSIGHT(国内旅行者/生活者分析)等の地域活性化支援サービスを通して多くの民間事業者や地方自治体を支援してきた。近年ではこれらの解析データとノウハウが、新型コロナウィルスを筆頭とした急激な社会環境変化やリスクの分析、地域の移動手段最適化を目指すMaaS関連プロジェクトや、次世代のまちづくりにより地域活性化を目指す関連プロジェクトにも活用されており、地域の特徴や課題を分析・把握することで幅広いニーズに対応したデータ解析サービスと支援を行っている。

出光興産は、2019年8月より岐阜県飛騨市・高山市、2020年4月より千葉県館山市(同7月より南房総市に走行エリア拡大)で展開している超小型EVを活用したカーシェアリングの事業化に向けた実証実験において、スマートドライブが提供する走行データの収集・解析を行うMobility Data Platformを利用している。今回のスマートドライブおよびナイトレイの連携ソリューションを活用することで、よりきめ細かいサービスの設計ができると見込んでいる。

今回の連携は、スマートドライブとナイトレイのサービスを連携し、知見を共有し研鑽することによって、地域内の観光資源の最大化に繋がるのではないかという議論がきっかけとなった。実際に連携ソリューションを活用する出光興産も含めた3社で、地域の活性化を図れるような取り組みを行う予定だ。

【参考資料】

出光興産株式会社について

地方創生に資する新規事業として、地域密着型の経営を強みとする当社の販売店ネットワークを活用し、飛騨市/高山市・館山市/南房総市と一般と法人を対象にカーシェアリングサービスを展開している。

社名出光興産株式会社
設立1940年 3月(創業1911年6月)
所在地帝劇本社 〒100-8321 東京都千代田区丸の内三丁目1番1号
代表者木藤 俊一
URLhttps://www.idss.co.jp/

株式会社ナイトレイについて

「ロケーションビッグデータとテクノロジーの可能性に挑戦し世界中に新たな驚きとイノベーションを届ける」をビジョンに掲げ、多様なデータを活用した地域活性化支援ソリューションを開発・提供しているスタートアップである。

社名株式会社ナイトレイ
設立2011年1月
資本金〒150-0036 東京都渋谷区南平台町15-11 南平台野坂ビル 4F
代表者石川 豊
事業概要ロケーションインテリジェンス事業
URLhttps://nightley.jp/

株式会社スマートドライブについて

移動にまつわる様々なセンサーデバイスを通じて収集・解析されたビッグデータを活用して、IoT時代の新たな移動にまつわるサービスを創造している。

社名株式会社スマートドライブ
設立2013年 10月
所在地〒100-0011 東京都千代田区内幸町1-1-6 NTT日比谷ビル5F
代表者北川 烈
URLhttps://smartdrive.co.jp/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【Creww×飯田市】地方での新事業創出の可能性、そしてオープンイノベーションへの挑戦へ

飯田市金融政策課と17の支援機関が連携し取り組むビジネス支援協議会「I-Port」の開港から3年。これまで、地域で生まれる多様な新規事業や事業展開への幅広いビジネス支援を継続してきました。その実績を振り返りつつ、今回は「事業をつくる=挑戦する」あらゆるビジネスパーソンの機会創出を数多く手がけてきたCreww(クルー)株式会社取締役の水野智之さんをお招きし、地方におけるビジネス支援の可能性や課題について、ともに語り合いました。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(後編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 後編では、スタートアップスタジオで活動する上でのメリットや、大変なこと、プロジェクトの状況や今後の予定をまとめております。

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

コロナ禍の新たな顧客体験構築に挑む、店舗業務効率化SAASスタートアップ

成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、Leretto(リリット)の代表取締役社長である辰巳 衛氏にお話を伺いました。