12.8 C
Japan
日曜日, 5月 16, 2021

浜松市とCrewwによるオープンイノベーションプログラム 『浜松アクセラレーター2020』が10月26日より開始

Creww株式会社(クルー)は浜松市とともに、オープンイノベーションによる新規事業の創出を目的とした『浜松アクセラレーター2020』を2020年10月26日より開始します。

ものづくり企業4社と共に革新的ビジネスを共創可能なスタートアップ企業を大募集!

浜松市では「浜松バレー構想」を掲げスタートアップ(※2)支援に積極的に取り組んでおり、その成果が認められ2020年7月に内閣府が発表した「スタートアップ・エコシステム グローバル拠点都市」に全国の4拠点のうちの一つに愛知県・名古屋市と共に選定をされています。

浜松市はヤマハ、スズキ、ホンダ、カワイなど、世界に名だたるグローバル企業を輩出し、高い技術力を蓄積したものづくり企業が集積する産業都市です。

この度、新規事業創出の強い意志と優れた技術力・製品を持つものづくり企業4社<株式会社エヌエスティー、株式会社エフ・シー・シー、SHODA株式会社、テイボー株式会社>が本プログラムに参加をして開催します。浜松企業4社の優れた技術や製品などの経営資源と全国のスタートアップ企業の革新的な技術やアイデアを掛け合わせ、浜松企業の新たな事業創出を促進し、イノベーションエコシステムの構築を目指します。

本プログラムの開始に合わせてCrewwのホームページ内に専用WEBサイトをオープンし、スタートアップ企業のエントリーを開始します。浜松企業4社とスタートアップ企業は、シナジー確認から協業までの最終ゴールに向けて、簡単で迅速な選考プロセスの下、強力な連携機会の発掘が可能となります。

※1 自社の有する経営資源や技術に頼るだけでなく、社外と連携することにより、革新的なビジネスやサービスを共創していく仕組み
※2 独自の技術やアイデアによって前例のないビジネスモデルを創出し、既存マーケットに挑戦する成長速度の速い企業

『浜松アクセラレーター2020』概要

募集期間 :2020年10月26日(月)~11月6日(金)

エントリー方法: 下記URL(Crewwホームページ内の専用WEBサイト)より、協業案を2,500字以内でご提案ください。
URL:https://accele.creww.me/collaboration/hamamatsu-2020-10

対象企業: 国内外すべてのスタートアップ企業。業種不問。

主催: 浜松市、Creww

目的: 浜松市のイノベーションエコシステムの構築に向けて、市内に新たな事業の創出を図ることを目的として実施

浜松アクセラレーター2020|参加企業4社

(50音順)

■株式会社エヌエスティー

<開催テーマ>機械とソフトウェアの融合によるイノベーションの実現

<会社概要>1985年の創業以来、技術とアイデアによるイノベーションを通じて様々な分野での検査計測装置、FAシステム、各種制御ユニットの開発・製品化、無人化・省力化装置の具現化により、幅広いお客様のニーズにお応えしてまいりました。昨今では、E V関連設備や全く新しい分野への挑戦もしています。

■株式会社エフ・シー・シー

<開催テーマ>アイデアと技術で、社会に求められる価値を生み出し続ける企業へ

<会社概要>擦材の開発からクラッチの組立てまでを一貫生産するクラッチメーカーとして、二輪車用クラッチでは世界トップシェアを誇っています。安全と地球環境に配慮し、独創的なアイデアと技術でお客様、社会に喜ばれる先進的な製品を提供し、環境の変化に柔軟に対応できる企業体質を構築して「世界のエフ・シー・シー」としての存在感を有する企業への成長を目指しています。

■SHODA株式会社

<開催テーマ>工作機械からDIYまで、”創る・つながる”を支援

<会社概要>1926年(昭和元年)に木工機械の設計製作をメイン事業として創業以来、独創的な技術力による数多くの特許製品などの開発を通じて産業界の発展に寄与してきました。1968年(昭和43年)には日本で初めてNCルータの開発に成功。2014年(平成26年)には世界で初めて切削粉塵の出ないNCルータを開発。これからも最先端技術を駆使して、世界一のNCルータ・メーカを目指し全人類の平和と発展に貢献して参ります。

■テイボー株式会社

<開催テーマ>「農業・医療・教育」領域でイノベーションを実現

<会社概要>筆記具用ペン先を自社開発し、当分野で世界シェアNo. 1を誇るリーディングカンパニーです。昨今では、ペン先技術の根幹であるインクを吸い上げる毛細管現象と微細な気孔を持つ成形技術を活用し、ペン先以外の新しいフィールドへ用途展開しています。

浜松市が仕掛けるオープンイノベーション|ものづくり×ベンチャーによるイノベーションの創出

2020年10月26日

社名Creww株式会社
設立2012年8月13日
資本金5億6,455万円(資本準備金含む)
代表者伊地知 天(いじち そらと)
URLhttps://creww.in/
事業概要Creww株式会社は「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げ 、スタートアップ、起業家、事業会社、個人を問わず、挑戦したいすべての人のトータルサポート企業として、国内最大級のオープンイノベーションプラットフォームを運営をしています。

2012年の創業以来、企業とスタートアップによる新規事業創出を目的としたオープンイノベーションプログラムを200社以上実施し、これまで約680件の協業を実現しています。現在、Crewwが運営するオープンイノベーションプラットフォームには約5300のスタートアップが登録しています。

■クラウド型オープンイノベーション支援サービス 「Creww Growth
■挑戦者のためのオープンイノベーションメディア「PORT
■挑戦する個人のためのインキュベーションプログラム『STARTUP STUDIO by Creww

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

世界シェアNo. 1の日本金銭機械が、スタートアップとあらゆる社会課題の解決を目指す

【アクセラレーターインタビュー】 カジノ業界での金銭処理のパイオニアとして世界シェアNo. 1を誇る、日本金銭機械株式会社(Japan Cash Machine co.,ltd.)。世界中で貨幣の法的秩序を保ち、貨幣に対する信頼や社会の治安維持に貢献してきた同社は、既存のビジネス領域にとらわれない、新たな社会課題解決を目指して、アクセラレータープログラムを実施する。具体的に、どのようなスタートアップと協業し、どんな領域で新規ビジネスを創出したいと考えているのか。新規ビジネス開拓部の小林崇亮 氏にお話を伺った。 ※応募の締め切りは2021年4月30日(金)17時です。

日本生命とシェアダインによるオープンイノベーション!生活習慣病や働く子育て世帯、美容・健康に気遣う人に新たな価値を創出

【オープンイノベーション インタビュー】 「100年先も、大切な人の想いをいちばん近くで支える」をキャッチコピーに、人生100年時代を支える事業共創パートナーを募集した、日本生命アクセラレーター2018。スタートアップとの協業は初めてだったが、採択された出張シェフによる作り置きサービス「シェアダイン」とは、2019年の実証実験を経て2020年には資本提携を結び、コラボレーションを実現させている。具体的に、どのような課題を解決するためにアクセラを導入したのか、またシェアダインとはどのような取り組みを実施しているのか、日本生命保険相互会社 総合企画部イノベーション開発室の関 正之 氏と、本店法人営業第二部 法人部長(2018年当時)の大野 光明 氏に話を伺いました。 #日本生命 #オープンイノベーション #アクセラレーター #シェアダイン #協業事例 #大挑戦時代をつくる #Creww

「人の森」の挑戦ーオープンイノベーションでワクワクするような未来をつくりたい

【オープンイノベーションインタビュー】昭和15年創業、昭和40年代には日本最大の砂利会社となり、国土開発に貢献してきた「相模興業株式会社」が、2013年に「人の森株式会社」へと社名を変更。会社としての使命を、繁栄・発展から社会への貢献・人の幸せづくりへと大きく舵きりしました。事業領域を広げる中で、今回「ウェルネス・水・農業」の3部門において、アクセラレータープログラムによるオープンイノベーションを決意。スタートアップとの協業にかける思いを、人の森株式会社 代表取締役 加藤 政徳氏に伺いました。 #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #スタートアップ #人の森 #大挑戦時代をつくる #Creww

まだ世の中にない新たな体験価値を創出する、「香り噴霧器」の製品化を目指す|アネスト岩田のオープンイノベーション

自動販売機から美味しそうなコーヒーの香りが漂ってきたら、新しい購入体験にならないだろうか――。スタートアップとの協業により、既存技術を生かした“飛び地”の新規事業創出に取り組んでいる、アネスト岩田。 そんな同社が2020年から導入したアクセラレータープログラムで、香り空間演出・プロデュース事業を展開するスタートアップ「SceneryScent」との協業を進めているのは、発電システムチームの和泉孝明氏です。具体的に、どのような挑戦をしているのかを伺いました。 #アネスト岩田 #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント