12.8 C
Japan
土曜日, 10月 31, 2020

丸井グループが将来世代とのオープンイノベーションによる新規事業創出の取り組みをスタート

丸井グループは、将来世代である大学生・大学院生から参加者を募り、丸井グループの社員とともにチームを組んで新規事業を創出するプログラム「Future Accelerator Gateway」を開催する。資本業務提携先である、中高生向けのIT教育プログラム運営のライフイズテックと連携し、将来世代との取り組みを加速していく。

「Future Accelerator Gateway」とは

今回のプログラムは、将来世代である大学生・大学院生の皆さまから広く丸井グループの新規事業のビジネスアイデアを募り、その中から選抜されたチームとともに、丸井グループ社員およびライフイズテックの水野氏でそのアイデアを磨き、具体的な事業プランをつくりあげるものである。
将来世代である大学生・大学院生にとっては、アイデアを実現する機会となり、さらに、水野氏や丸井グループ社員との対話を通じて、アントレプレナーシップ(起業家精神)を身に着ける機会にもなる。
また、優秀な提案には最終発表の場にて、賞金として30万円を贈呈するほか、事業の買取や出資も検討予定である。

「Future Accelerator Gateway」募集概要

募集期間 : 2020年11月12日(木)まで

募集人員 : 4~5チーム(1チーム5名程度まで。個人の応募も可能)

応募資格 : 大学生、大学院生およびそれに準ずる年齢の方(18~24歳) 
       かつ3カ月間、本プログラムに参加可能な方

応募方法 : 募集サイトの応募フォームより、テーマを決めて必要事項を記入

募集サイト: https://www.0101maruigroup.co.jp/future/

取り組みの流れ

①アイデアの募集・選考
アイデアは、2つのテーマで募集がされる。

  • A:あなたが解決したい社会・環境課題とその解決策…ビジネスを通じて持続的な社会、地球環境を実現するもの
  • B:丸井グループが取り組むべき新規事業…丸井グループのコア事業、小売およびフィンテックの強化につながるもの

2回の選考を経て、選抜されたチームに丸井グループ社員が加わり、企画が開始される。

②ビジネスプラン企画検討
選考を通過したメンバーは、サポート役の丸井グループ社員とチームを組み、約3カ月間、新規事業のプランを企画する。
企画中は、ライフイズテックの水野氏のメンタリングを受けながら、ビジネスプランのブラッシュアップを行う。

③発表・表彰
約3カ月の集大成として、参加者は企画のプレゼンテーションを行う。
審査員は丸井グループの役員や、丸井グループの資本業務提携先の若手起業家の方々が予定されている。
各チームのアイデアに対し、審査員からの講評ののち賞を決定、発表する。

開催の背景

丸井グループは、2050年に向けたビジョン「ビジネスを通じてすべての二項対立を乗り越える世界を創る」を掲げ、それを実現するために共創を基盤とした3つのビジネスを設定した。
今回の取り組みは、そのうちの一つ、「世代間をつなぐビジネス」※の具現化をめざして開始するものである。
これまで、丸井グループでは、社員でチームを組成して新規事業の提案を行っており、優れた提案については事業化に向けて検討を進めている。そして、この取り組みに、デジタルネイティブ、サステナビリティネイティブである将来世代の方々が参画することで、「世代間をつなぐビジネス」を実現する意向である。
今回の取り組みを通じ、新規事業の実現をめざして企画検討を行うことで、会社という枠を超えた、将来世代との共創を図る。

※「世代間をつなぐビジネス」について
丸井グループは、将来世代を含むすべての人の「しあわせ」を拡大するというミッションを実現するために、現世代の利益だけではなく、将来世代の利益も含んだ「世代間をつなぐビジネス」を進めている。丸井グループは、ビジネスを通じて持続的な社会、地球環境を実現するためには、将来世代というステークホルダーと共に取り組むことが必要だと考えている。

ライフイズテック株式会社 代表取締役CEO 水野氏より

丸井グループの初の試みである将来世代とのビジネスプランコンテスト!非常に楽しみです。
僕もメンターとして、約3カ月間チームに伴走させていただきます。
晴れてメンバーに選ばれる方々、決して楽(ラク)ではないかもしれませんが、その先に得ることができる達成感をめざして、楽しみながら精一杯走り抜けましょう!

丸井グループの概要

社名株式会社丸井グループ
設立1937年(昭和12年)3月30日
所在地〒164-8701 東京都中野区中野4-3-2
代表者青井 浩
事業概要小売事業、フィンテック事業をおこなうグループ会社の経営計画・管理など
URLhttps://www.0101maruigroup.co.jp/

ライフイズテックの概要

社名ライフイズテック株式会社
設立2010年7月6日
所在地〒106-0047 東京都港区南麻布2-12-3 南麻布ビル1F
代表者代表取締役CEO 水野 雄介
事業概要中高生向けIT・プログラミング教育キャンプ/スクール/イベントの企画・運営
オンラインプログラミング教育サービスの開発・運営
URLhttps://lifeistech.co.jp/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

コロナ禍の新たな顧客体験構築に挑む、店舗業務効率化SAASスタートアップ

成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、Leretto(リリット)の代表取締役社長である辰巳 衛氏にお話を伺いました。

シードラウンド調達完了|廃棄物業界の省力化・効率化に取り組むファンファーレを紐解く

成長の加速を落とさないスタートアップ企業にフォーカスし、「失敗事例や克服のストーリー、成功体験」など、生の声をこれから成長していくスタートアップに参考にしてもらえるお話をお届けする「スタートアップの流儀」。 第二回目のゲストは、テクノロジーを活用して廃棄物業界の省力化や効率化を目指す、ゴミテック領域のスタートアップ、ファンファーレ株式会社の代表取締役 近藤志人さんにお話を伺いました。

丸紅に根付くスタートアップとの協業文化。1年の開発を経てIoT製品を商品化へ

「お金で買えない価値を売りたい!〜コンセントの先の未来へ〜」というコンセプトで、2018年にアクセラレータープログラムを開始した丸紅電力本部。IoT製品である、コネクテッド・バッテリー「みまもり電池MaBeee」を開発しているスタートアップのノバルスと、1年間の開発・協議を経て、2020年8月より丸紅ソーラートレーディングより販売を開始した。具体的にどのようにプロジェクトを進めてきたのか、丸紅ソーラートレーディングの青木健治氏と、ノバルス代表の岡部顕宏氏に話を聞きました。