12.8 C
Japan
火曜日, 9月 28, 2021

丸井グループが将来世代とのオープンイノベーションによる新規事業創出の取り組みをスタート

丸井グループは、将来世代である大学生・大学院生から参加者を募り、丸井グループの社員とともにチームを組んで新規事業を創出するプログラム「Future Accelerator Gateway」を開催する。資本業務提携先である、中高生向けのIT教育プログラム運営のライフイズテックと連携し、将来世代との取り組みを加速していく。

「Future Accelerator Gateway」とは

今回のプログラムは、将来世代である大学生・大学院生の皆さまから広く丸井グループの新規事業のビジネスアイデアを募り、その中から選抜されたチームとともに、丸井グループ社員およびライフイズテックの水野氏でそのアイデアを磨き、具体的な事業プランをつくりあげるものである。
将来世代である大学生・大学院生にとっては、アイデアを実現する機会となり、さらに、水野氏や丸井グループ社員との対話を通じて、アントレプレナーシップ(起業家精神)を身に着ける機会にもなる。
また、優秀な提案には最終発表の場にて、賞金として30万円を贈呈するほか、事業の買取や出資も検討予定である。

「Future Accelerator Gateway」募集概要

募集期間 : 2020年11月12日(木)まで

募集人員 : 4~5チーム(1チーム5名程度まで。個人の応募も可能)

応募資格 : 大学生、大学院生およびそれに準ずる年齢の方(18~24歳) 
       かつ3カ月間、本プログラムに参加可能な方

応募方法 : 募集サイトの応募フォームより、テーマを決めて必要事項を記入

募集サイト: https://www.0101maruigroup.co.jp/future/

取り組みの流れ

①アイデアの募集・選考
アイデアは、2つのテーマで募集がされる。

  • A:あなたが解決したい社会・環境課題とその解決策…ビジネスを通じて持続的な社会、地球環境を実現するもの
  • B:丸井グループが取り組むべき新規事業…丸井グループのコア事業、小売およびフィンテックの強化につながるもの

2回の選考を経て、選抜されたチームに丸井グループ社員が加わり、企画が開始される。

②ビジネスプラン企画検討
選考を通過したメンバーは、サポート役の丸井グループ社員とチームを組み、約3カ月間、新規事業のプランを企画する。
企画中は、ライフイズテックの水野氏のメンタリングを受けながら、ビジネスプランのブラッシュアップを行う。

③発表・表彰
約3カ月の集大成として、参加者は企画のプレゼンテーションを行う。
審査員は丸井グループの役員や、丸井グループの資本業務提携先の若手起業家の方々が予定されている。
各チームのアイデアに対し、審査員からの講評ののち賞を決定、発表する。

開催の背景

丸井グループは、2050年に向けたビジョン「ビジネスを通じてすべての二項対立を乗り越える世界を創る」を掲げ、それを実現するために共創を基盤とした3つのビジネスを設定した。
今回の取り組みは、そのうちの一つ、「世代間をつなぐビジネス」※の具現化をめざして開始するものである。
これまで、丸井グループでは、社員でチームを組成して新規事業の提案を行っており、優れた提案については事業化に向けて検討を進めている。そして、この取り組みに、デジタルネイティブ、サステナビリティネイティブである将来世代の方々が参画することで、「世代間をつなぐビジネス」を実現する意向である。
今回の取り組みを通じ、新規事業の実現をめざして企画検討を行うことで、会社という枠を超えた、将来世代との共創を図る。

※「世代間をつなぐビジネス」について
丸井グループは、将来世代を含むすべての人の「しあわせ」を拡大するというミッションを実現するために、現世代の利益だけではなく、将来世代の利益も含んだ「世代間をつなぐビジネス」を進めている。丸井グループは、ビジネスを通じて持続的な社会、地球環境を実現するためには、将来世代というステークホルダーと共に取り組むことが必要だと考えている。

ライフイズテック株式会社 代表取締役CEO 水野氏より

丸井グループの初の試みである将来世代とのビジネスプランコンテスト!非常に楽しみです。
僕もメンターとして、約3カ月間チームに伴走させていただきます。
晴れてメンバーに選ばれる方々、決して楽(ラク)ではないかもしれませんが、その先に得ることができる達成感をめざして、楽しみながら精一杯走り抜けましょう!

丸井グループの概要

社名株式会社丸井グループ
設立1937年(昭和12年)3月30日
所在地〒164-8701 東京都中野区中野4-3-2
代表者青井 浩
事業概要小売事業、フィンテック事業をおこなうグループ会社の経営計画・管理など
URLhttps://www.0101maruigroup.co.jp/

ライフイズテックの概要

社名ライフイズテック株式会社
設立2010年7月6日
所在地〒106-0047 東京都港区南麻布2-12-3 南麻布ビル1F
代表者代表取締役CEO 水野 雄介
事業概要中高生向けIT・プログラミング教育キャンプ/スクール/イベントの企画・運営
オンラインプログラミング教育サービスの開発・運営
URLhttps://lifeistech.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【事業創出パートナー募集】社長と二人三脚で「明日の街を楽しく」する事業を生み出しませんか|店舗流通ネット オープンイノベーション

【オープンイノベーションインタビュー】 「飲食店の業務委託型ビジネス」を創ったパイオニア、店舗流通ネット株式会社。初期投資を抑えた出店サービスという唯一無二のビジネスモデルを確立させ、そこで培ったノウハウやネットワークをもとに、「店舗」を軸とした不動産・人材・プロモーション・工事など多角的なビジネス展開を続けている。新たに100の事業創出を目指して、2021年度よりアクセラレータープログラムを導入。すでに2回を開催し、実績が出始めている。そして今回、9月からスタートする3回目の開催に向けて、代表取締役社長の戸所岳大氏に話を伺った。 #募集 #店舗流通ネット #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【協業企業募集】日本のライフラインを支える渡辺パイプと、持続可能な地域社会に貢献し、ボトムアップで日本を元気にしませんか

【オープンイノベーションインタビュー】 水・住まい・農業。水道などの管材や電設資材、住宅設備機器、建材を取り扱う商社であり、農業の温室などを提供する農業メーカーでもある渡辺パイプ。日本全国の生活インフラを支えるリーディングカンパニーだ。これまでに培った潤沢なリソースを活用して、日本の国力をボトムアップで高めるべく、アクセラレータープログラムを実施する。スタートアップとの協業によって、小規模事業者の経営課題も解決できるようなサービス創出や、地域貢献を目指すという。プロジェクトを統括する副社長の渡辺圭祐氏に、具体的に活用できるリソースや描く未来について話を伺った。 #募集 #渡辺パイプ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【ビジネスアイデア募集】近代国家を作った薩摩藩・鹿児島の企業と一緒に、次の未来を切り拓きませんか|NTTドコモ主催

【オープンイノベーションインタビュー】 2021年9月13日より募集が始まる、「鹿児島アクセラレーター2021」。これは、鹿児島県内の企業と全国のスタートアップとのオープンイノベーションにより、新たな価値創出を目指す、NTTドコモ主催のプログラムだ。参加する地域企業は、南日本新聞と南日本放送、主に建設業を営む渡辺組の3社。そこに、NTTドコモが強力なサポーターとして参画する。今回のプログラムを主催する背景や期待することなどについて、NTTドコモ九州支社 鹿児島支店 法人営業部 部長の坂本亨氏に話を伺った。 #募集 #NTTドコモ #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

伝統工芸品のカスタムオーダーサービスで、職人による手仕事のすばらしさを広めたい!|「magokoro(まごころ)」

【スタートアップインタビュー】 「大挑戦時代をつくる。」をビジョンに掲げるCrewwでは、毎月オンラインネットワーキングにて、事業会社・スタートアップ・個人起業家などの挑戦者をリコメンドしています。 CrewwのSTARTUP STUDIO(スタートアップスタジオ)プログラム運営をメインに担当する寺田 麗未が今回ご紹介するスタートアッププロジェクトは、magokoro(まごころ)です。 #studioインタビュー #インキュベーションプログラム #スタートアップ #STARTUPSTUDIO #magokoro #まごころ #伝統工芸品 #大挑戦時代をつくる #Creww
Facebook コメント