12.8 C
Japan
土曜日, 10月 31, 2020

カーシェアプラットフォーム「Lemon(レモン)」|With/After コロナを見据えた新しいカーシェア価値を創造

車両用自動ゲート「ロボットゲート」のパイオニアであるシー・ティ・マシンは、カーシェアプラットフォーム「Lemon」のサービス提供を2020年10月から開始した。昭和51年に設立した同社は決してスタートアップではないが、既存事業のイノベーションに注目が集まる。今回も協業パートナーを募集し、オープンイノベーションによるサービスの拡大を目指しているようだ。

一般顧客向けにサービス提供を開始

シー・ティ・マシンは、2020年10月からLemonを運営し、大阪環状線天満駅から徒歩1分の立地にカーシェアステーションを設置した。
スタート時点では2台の車両を一般顧客向けに車両提供している。
登録はこちら https://www.lemobility.net/

カーシェアプラットフォームLemonの販売を開始

2020年10月からカーシェア事業を検討する企業向けに、プラットフォーム(車両デバイス、管理ダッシュボード、予約サイト)の提供を開始した。
「車両」もしくは「駐車場」など資産のより有効な活用を提案するものとなる。
カーシェアプラットフォーム「Lemon」サイト 
https://lemobility.net/

サービス開発の背景

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、3密の可能性がある不特定多数の人々が利用する公共交通機関は控え、プライベートな空間が提供される車両の利用が増えてくると予想されている。
また働き方も一変し、会社の車両が遊休資産となる可能性もある。
シー・ティ・マシンは、会社の車両を簡単に安心して利活用できるカーシェアプラットフォーム「Lemon」を開発したのである。

サービスコンセプト

「もっと気軽に」カーシェア事業を始めたい企業と「もっと気軽に」車を利用したいユーザーをコネクトする「Lemon」

カーシェアプラットフォームの[Lemon」の概要

「Lemon」は、気軽にカーシェアサービスを開始したい企業向けのサービスである。
車両に接続する通信デバイス、車両の状態、予約状況などを確認できる管理コンソール、料金プランを設定できる決済基盤、運転レポート、利用ユーザー向けのスマートフォンサイト、導入・導入後のオペレーションサポートまで新規事業でカーシェアサービス導入がワンストップでサポートされる。

また、新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、在宅勤務が推進される中、作業環境に個人差が出ている。「Lemon」は新しい働き方の体験として、⾝近な⾃家⽤⾞、社⽤⾞、遊休⾞両(バス、タクシー…)などをオフィスとして活用できる「Rental Mobility Office」も提供する。

テレワークが推進される一方、自宅では仕事のスペースを確保できないケースも発生している。「Rental Mobility Office」を活用し、車両を動くオフィスとして衛生管理し、電源や簡易デスクが準備された環境を簡単に整えることができる。

「Lemon」の機能紹介

「Lemon」の利用シーン

カーシェアを導入して既存サービスに付加価値をつけたい方
・ホテル事業
・不動産事業
・ビルオーナー
・駐⾞場オーナー

カーシェアを導入して業務改善、コスト削減を行いたい方
・配送事業
・社用車を多く持たれている企業
・訪問サービス(⽔道/電気/ガス⼯事、植⽊/外構工事事業など)

導入事例

中西金属工業株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:中西 竜雄、以下NKC)では、2020年9月から従業員を対象に「Lemon」を導入した。
大阪本社では、社用車の利用時間は全体の36%(NKC調べ)となっており、社用車が非稼働の土日や夜の時間帯に従業員のプライベートでも利用できるようになった。

また平日の日中は、リモートワーク推進のため家庭の事情などで自宅作業が困難な従業員向けに衛生管理された車両がリモートオフィスとして提供されている。

協業パートナー募集

シー・ティ・マシンは、遊休資産となっている「車両」もしくは「駐車場」を持つ協業パートナーを募集している。
企業の強み/資産を活かし、With/Afterコロナを見据えた新しいカーシェア価値の創造を見据えている。

問い合わせ先

シー・ティ・マシン株式会社
〒530-0041 大阪市北区天神橋1-12-8  創建天神橋ビル2F
担当部署:ITビジネス事業推進室 室長 風井 邦雄
TEL:06-6355-0070
Mail : info@ctmachin.co.jp

社名シー・ティ・マシン株式会社
設立昭和51年5月
資本金〒530-0041 大阪市北区天神橋1-12-8  創建天神橋ビル2F
代表者代表取締役社長 中西 淳二
事業概要車番認識システムをはじめ、各種車両進入防止装置、テロ対策防止製品、 防犯用品など、多岐にわたるセキュリティ関連商品・サービスの提供
URLhttps://www.ctmachin.co.jp/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

コロナ禍の新たな顧客体験構築に挑む、店舗業務効率化SAASスタートアップ

成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、Leretto(リリット)の代表取締役社長である辰巳 衛氏にお話を伺いました。

シードラウンド調達完了|廃棄物業界の省力化・効率化に取り組むファンファーレを紐解く

成長の加速を落とさないスタートアップ企業にフォーカスし、「失敗事例や克服のストーリー、成功体験」など、生の声をこれから成長していくスタートアップに参考にしてもらえるお話をお届けする「スタートアップの流儀」。 第二回目のゲストは、テクノロジーを活用して廃棄物業界の省力化や効率化を目指す、ゴミテック領域のスタートアップ、ファンファーレ株式会社の代表取締役 近藤志人さんにお話を伺いました。

丸紅に根付くスタートアップとの協業文化。1年の開発を経てIoT製品を商品化へ

「お金で買えない価値を売りたい!〜コンセントの先の未来へ〜」というコンセプトで、2018年にアクセラレータープログラムを開始した丸紅電力本部。IoT製品である、コネクテッド・バッテリー「みまもり電池MaBeee」を開発しているスタートアップのノバルスと、1年間の開発・協議を経て、2020年8月より丸紅ソーラートレーディングより販売を開始した。具体的にどのようにプロジェクトを進めてきたのか、丸紅ソーラートレーディングの青木健治氏と、ノバルス代表の岡部顕宏氏に話を聞きました。