12.8 C
Japan
土曜日, 10月 31, 2020

仙台市と01Boosterによる「東北グロースアクセラレーター2020」が起業家を募集!

東北グロースアクセラレーター2020

ゼロワンブースターは、仙台市と共同で、2020年9月18日(金)から「東北グロースアクセラレーター2020」を開始している。本プログラムでは、仙台市や支援機関、過去の採択企業、01Boosterのネットワークを活用したマッチン グ等を通じて、スタートアップの成長を加速させるべく支援する。また、9月24日(木)と10月8日(木)には事前説明会を開催。9月24日(木)の「Day1」では、主催者によるプログラムの説明や、現在もさらに成長を続ける昨年度の採択企業2社より体験談が語られる。

http://tohoku-growth-ap2020.01booster.com/
https://prtimes.jp/a/?f=d16550-20200917-3103.pdf

「東北グロースアクセラレーター」とは

「東北グロースアクセラレーター」は、東北の新たなロールモデルとなる企業の創出及びエコシステムの構築を目的とし、スタートアップや新規事業に挑戦する企業の成長を支援する事業である。3年間で50社を採択し、事業の成長をサポートしている。

「東北グロースアクセラレーター2020」概要

名称:東北グロースアクセラレーター2020(TOHOKU GROWTH ACCELERATOR 2020)
応募受付開始:2020年9月18日(金)
応募締切:2020年10月19日(月)
WEBサイト: http://tohoku-growth-ap2020.01booster.com/

参加メリット
仙台市や支援機関、過去の採択企業、01Boosterなどのネットワークを活用したマッチング等を通じて、スタートアップの成長を加速させるべく支援がなされる。また、プログラム期間中、仙台市内および東京の施設において、ビジネスプランに関する個別相談(メンタリング)やレクチャーの受講が可能である。さらに、地方最大級の起業イベント「SENDAI for Startups!」への登壇の機会などを通じて、社会的な信用を得ることができる。
応募締切まで随時、プランに関する事前個別相談(メンタリング)を受け付けている。また 、本アクセラレータープログラム支援終了後、イベントで成果を発表する機会が設けられる予定である。

※本プログラムは、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の実施する「Technology Commercialization Program(以下「TCP」)」の連携プログラムに位置づけられている。TCPは、技術を基に起業して事業を大きく拡大させたいと考えている起業家、起業家予備群、起業意識のある研究者等を支援するためのプログラムである。TCPへの参加を希望される方は、本アクセラレーターへ応募して下さい。

事前セミナーについて

日時
 Day1 2020年9月24日(木)19:00〜20:00
 Day2 2020年10月8日(木)19:00〜20:00

 ※上記以外にも、オンラインイベントが予定されている。WEBサイトにて順次、案内がされる。

場所 いずれもオンライン開催
YouTubeライブ配信を予定。

内容「東北グロースアクセラレーター2020」プログラム説明、昨年度採択企業によるピッチ等を予定

参加費 無料

事前セミナー申込サイト https://01booster.peatix.com/
※順次、下記のサイトに情報がアップされる。

今後のスケジュール
1.事前セミナー 2020年9月24日(木)、10月8日(木)
2.ビジネスプランの応募期間 2020年9月18日(金)~10月19日(月)
3.1次選考(書類審査)2020年10月下旬予定、2次選考(面談審査) 2020年11月上旬(予定)
4.アクセラレータープログラム期間 2020年11月下旬~2021年2月(予定)
5.ピッチイベント(仙台) 2021年1月(予定)
6.デモデイ(東京) 2021年3月(予定)
※ 予定は変更になる可能性がある。

株式会社ゼロワンブースターについて

「日本を事業創造できる国にして世界を変える」という企業理念のもと、大手企業とベンチャー企業が足りない部分を相互に補完し合い、イノベーションを共創し、事業の成長を加速するオープンイノベーションプログラム「コーポレートアクセラレーター」や社内起業家を発見・育成するプログラム「イントラプレナーアクセラレーター」を展開している。また、起業家や社内の事業開発担当者を育成するアクティブラーニングプログラム「01Dojo」の運営やベンチャー投資、大企業の人材のベンチャー留学など、事業領域を拡大中。また、2020年2月から、個人のアイディアを形にするワーキングコミュニティ「有楽町『SAAI』Wonder Working Community」の運営を行っている。

社名株式会社ゼロワンブースター
設立2012年3月
資本金〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-12-1 新有楽町ビル10階
代表者代表取締役 鈴木規文
事業概要起業家向けシェアオフィス、コーポレートアクセラレーター・イントラプレナーアクセラレータープログラム企画運営、企業内起業人材研修、投資および資金調達支援、事業創造コンサルティング、M&A仲介サポート等
URLhttps://01booster.co.jp
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

コロナ禍の新たな顧客体験構築に挑む、店舗業務効率化SAASスタートアップ

成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、Leretto(リリット)の代表取締役社長である辰巳 衛氏にお話を伺いました。

シードラウンド調達完了|廃棄物業界の省力化・効率化に取り組むファンファーレを紐解く

成長の加速を落とさないスタートアップ企業にフォーカスし、「失敗事例や克服のストーリー、成功体験」など、生の声をこれから成長していくスタートアップに参考にしてもらえるお話をお届けする「スタートアップの流儀」。 第二回目のゲストは、テクノロジーを活用して廃棄物業界の省力化や効率化を目指す、ゴミテック領域のスタートアップ、ファンファーレ株式会社の代表取締役 近藤志人さんにお話を伺いました。

丸紅に根付くスタートアップとの協業文化。1年の開発を経てIoT製品を商品化へ

「お金で買えない価値を売りたい!〜コンセントの先の未来へ〜」というコンセプトで、2018年にアクセラレータープログラムを開始した丸紅電力本部。IoT製品である、コネクテッド・バッテリー「みまもり電池MaBeee」を開発しているスタートアップのノバルスと、1年間の開発・協議を経て、2020年8月より丸紅ソーラートレーディングより販売を開始した。具体的にどのようにプロジェクトを進めてきたのか、丸紅ソーラートレーディングの青木健治氏と、ノバルス代表の岡部顕宏氏に話を聞きました。