12.8 C
Japan
土曜日, 10月 31, 2020

コロナ時代のイベント管理ツール「Connelva(コネルバ)」今冬リリース!

「オンラインでも、参加者のエンゲージメントを高めたい。」
「参加者とのシームレスなコミュニケーションを継続したい。」
「自社ウェビナーで、これまで以上に高い価値を提供したい。」
これら全ての声に応える新しいイベント管理ツール「Connelva(コネルバ)」は、今冬リリース予定です!
※ コネルバは、Creww株式会社のインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO BY Creww」の採択プロジェクトです。

目次
コネルバとは
コネルバでできること
コネルバのターゲット
リリース後に実装を予定している機能
最後に

●コネルバとは

Connelva(コネルバ) は、「ウェビナー × 出会い」をテーマとした新しいイベント管理ツールです。

コロナ禍で急激に拡大した「ウェビナー」。
世界中のどこにいても気軽に開催・参加できるウェビナーが普及したことにより、セミナーという存在はより身近なものになりました。
一方で、オンラインに移行してから、リアルイベントでは当たり前に存在した「交流会」が難しくなっているという現状があります。
実際、イベント主催者の方にヒアリングすると、「ネットワーキングタイムがうまくいかない」「参加のモチベーションを作りづらい」といった課題を抱えていることがわかりました。

コネルバは、「出会い」に特化した新しいサービスであり、
コロナ時代のセミナーをより良いものにするためのイベント管理ツールです。

サービス紹介動画はこちら↓

● コネルバでできること

(1) イベントの作成・集客
コネルバ上でイベントを作成することで、イベント内容・資料・Zoom等の外部URLを一元管理できます。
イベントにカテゴリ・タグを付与することで、あなたのセミナーに関心のある参加者を集めることも可能になります。

(2) 参加者属性の可視化
参加者の過去のイベント参加履歴やプロフィール情報をもとに、属性を可視化し、関与・興味度を事前に把握することができます。
コネルバ上で事前・事後アンケートを取ることが可能であり、参加者の生の声や参加目的を拾うことができます。

(3) 参加者同士のネットワーキング
コネルバは「出会い」に特化したイベント管理ツールです。
イベント終了後には、コネルバのネットワーキングシステムを誰でも利用することが可能です。
独自のアルゴリズムにより、「属性」と「関心」が合致する参加者のレコメンドを行います。
マッチングすることで、チャット・通話が可能になり、ビジネスへの最初のコミュニケーションが始まります

(4) 継続的なコミュニティの形成
イベント主催者はイベント終了後も、参加者とのメッセージのやりとりおよび相手のプロフィール閲覧が可能です。
マッチングでビジネスにつながりそうな相手と直接商談を行ったり、当日は話せなかった相手に資料を共有したりすることで、継続的なコミュ二ティを形成できます。

● コネルバのターゲット

コネルバでは、ウェビナーを主催する全ての方をサポートしたいと考えています。
・ウェビナーの開催を検討している方
・ウェビナー運営に慣れていない方
・現在のウェビナー運営に課題を抱えている方
・ウェビナーでのネットワーキングに注力したい方
・より参加者に刺さるウェビナーを開催したい方

是非一度、コネルバをお試しいただきたいです。
必ずあなたのウェビナーがより良いものになることをお約束します。

● リリース後に実装を予定している機能

今冬のリリース以降に、下記の4つの機能の実装・提供を予定しております。

  1. 有料イベントの開催
    コネルバで有料イベントを開催することができるようになります。
  2. 事前・事後アンケートの拡張
    事前・事後アンケートにおいて、自由に質問項目を追加できるようになります。
    また、アンケート結果を可視化できるようになります。
  3. マッチング機能の充実
    リリース時点では、マッチングした場合、お相手と通話とチャットができるようになります。
    今後、資料の共有機能・打ち合わせスケジューリング機能・複数人でのマッチング機能を追加予定です。
  4. ライブ配信機能のリリース
    リリース時点では、Zoom等の外部のURLに一度誘導する必要があります。
    コネルバ上でもライブ配信を行えるようにし、集客からイベント終了まですべてコネルバで行えるようになる予定です。

● 最後に

コネルバでは、「ビジネスの始まりを最大化する」というミッションを掲げています。
コネルバから多数のビジネスが生まれることを目指し、サービスを鋭意開発中です。
ご興味のある方は、気軽にお問い合わせ頂けますと幸いです。

お問い合わせフォーム
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScApR4p6Q7tXuLoLlx8cZiRd2ji3zWNVJdkVpZAIMEiXiZdZQ/viewform

リリース前公式サイト
https://www.lp.connelva.com/

https://studio.creww.me/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【新規事業開発インタビューvol.1】Freeat_食品ロス削減の仕組みを創る(前編)

“本業を退職せず”事業創出を実現できるインキュベーションプログラム「STARTUP STUDIO by Creww」にてプロジェクトを推進するファウンダーインタビュー連載。第一弾は、食品ロス削減の仕組みを創る「Freeat」の小嶋 亮 氏にお話を伺いました。スタートアップスタジオで本業を続けながら事業開発をするメリットや、ぶっちゃけ大変なこと、失敗談などなど…ここでしか聞けない生の声を赤裸々に語っていただきました。 前編では、プロジェクトの発足背景、仲間集めのポイント、プロジェクトを推進する上で行った事を伺いました。

コロナ禍の新たな顧客体験構築に挑む、店舗業務効率化SAASスタートアップ

成長の加速を落とさないスタートアップにフォーカスをして、失敗事例や克服のストーリー成功体験など、生の声を配信している連載「スタートアップの流儀」。今回は、Leretto(リリット)の代表取締役社長である辰巳 衛氏にお話を伺いました。

シードラウンド調達完了|廃棄物業界の省力化・効率化に取り組むファンファーレを紐解く

成長の加速を落とさないスタートアップ企業にフォーカスし、「失敗事例や克服のストーリー、成功体験」など、生の声をこれから成長していくスタートアップに参考にしてもらえるお話をお届けする「スタートアップの流儀」。 第二回目のゲストは、テクノロジーを活用して廃棄物業界の省力化や効率化を目指す、ゴミテック領域のスタートアップ、ファンファーレ株式会社の代表取締役 近藤志人さんにお話を伺いました。

丸紅に根付くスタートアップとの協業文化。1年の開発を経てIoT製品を商品化へ

「お金で買えない価値を売りたい!〜コンセントの先の未来へ〜」というコンセプトで、2018年にアクセラレータープログラムを開始した丸紅電力本部。IoT製品である、コネクテッド・バッテリー「みまもり電池MaBeee」を開発しているスタートアップのノバルスと、1年間の開発・協議を経て、2020年8月より丸紅ソーラートレーディングより販売を開始した。具体的にどのようにプロジェクトを進めてきたのか、丸紅ソーラートレーディングの青木健治氏と、ノバルス代表の岡部顕宏氏に話を聞きました。