12.8 C
Japan
水曜日, 9月 23, 2020

アジア最大級のオープンイノベーションマッチングイベント|東京都×経団連×JETRO×プロジェクトニッポン「TOKYO CHALLENGE 100」

東京都、日本経済団体連合会、日本貿易振興機構及びプロジェクトニッポンは、アジア最大級のオープンイノベーションマッチングイベント「第8回 Innovation Leaders Summit」の期間中に、大手企業100社による国内外スタートアップとの協業マッチングコンテスト「TOKYO CHALLENGE 100」を実施するにあたり、参画する大手企業の募集を開始した。

アジア最大級のオープンイノベーションマッチングイベントが大手参画企業の募集を開始!

東京都、一般社団法人日本経済団体連合会、独立行政法人日本貿易振興機構及びプロジェクトニッポンは、昨年10月に「東京グローバルスタートアップエコシステム構築に向けた連携に関する協定書」を締結した。

本協定に基づき、来年3月3日から開催予定の、プロジェクトニッポンが運営するアジア最大級のオープンイノベーションマッチングイベント「第8回 Innovation Leaders Summit (ILS2021)」の期間中に、大手企業100社による国内外スタートアップとの協業マッチングコンテスト「TOKYO CHALLENGE 100 (T-100)」を実施するにあたり、参画する大手企業を募集する。

協業マッチングコンテスト「TOKYO CHALLENGE 100 (T-100)」

T-100は、大手企業100社以上が新事業テーマや自社課題を発信し、世界各地の有望スタートアップ数100社からアイデアや解決策を収集して、協業に向けた話し合いを進めていくという、世界でも類を見ない大規模なオープンイノベーションマッチングプログラムだ。

選出されたスタートアップは、当該企業と協業に向けた商談ができるだけでなく、PR支援や東京進出支援を受けることができる。これは、大手企業各社に、自社にフィットする世界の有望スタートアップと商談できる、またとない機会を提供することになる。

T-100及びILS2021には、既に20か国を超える駐日大使館や外国機関が、自国のスタートアップを招聘するパートナーシップメンバーとして参加表明しており、昨年のILSの海外スタートアップ参加数177社を大幅に上回る企業の参加が見込まれている。

また、大手企業からも大きな関心を集め、本年2月に実施したキックオフイベントには200社以上の参加があった。新しい日程及び、プログラムについては、参加者の健康と安全に配慮しながら、最大の成果が出せるよう以下のとおり実施される。大手企業の是非なる参画が呼び掛けられる。

スケジュール

TOKYO CHALLENGE 100 参画申込み

  • 大手企業の先行申込み締め切り:令和2年10月14日(水)
  • 大手企業の最終申込み締め切り:令和2年11月18日(水)

※申し込み詳細は専用ページから請求できる参画ガイドに掲載 https://ils.tokyo/

TOKYO CHALLENGE 100マッチング商談会

  • 対面    :令和3年3月3日(水)~5日(金) 虎ノ門ヒルズ
  • オンライン:令和3年3月8日(月)~12日(金) ILSオンラインマッチングプラットフォーム

※新型コロナウィルス感染症の世界的な終息状況によっては、再延期等の可能性もある。

<参考> 第8回 Innovation Leaders Summit (ILS2021)については、以下にて開催予定である。

  • マッチング商談会(対面)  :令和3年3月3日(水)~5日(金) 虎ノ門ヒルズ
  • マッチング商談会(オンライン):令和3年3月8日(月)~12日(金) ILSオンラインマッチングプラットフォーム

コロナ禍に対応したマッチング方法

  • マッチング商談をオンライン及び、対面で行うかを大手企業が選択可能                
    ILSオンラインマッチングプラットフォームを利用し、オンラインでも商談を設定し、大手企業の希望により対面かオンラインが選択可能となっている。
    ※現時点では海外企業との商談は、オンラインのみとなる予定である。
  • その他T-100選出企業向けイベントをオンラインで実施

※今後の状況により、プログラム内容に一部、変更が生じる場合がある。

TOKYO CHALLENGE 100(T-100)について

東京都・経団連・JETRO・プロジェクトニッポンが締結した『東京グローバルスタートアップエコシステム構築連携協定』に基づき、2021年3月3日から開催するILS2021に連動して行う大手企業100社による国内外スタートアップとの協業マッチングコンテストである。大手企業各社が自社の新事業テーマや課題を発信し、世界各地のスタートアップ数百社からアイデアや解決策を収集、その中から各社あたり3社~6社の協業候補となるスタートアップを選出し、協業に向けた話し合いを進めていく、世界でも類を見ない大規模なオープンイノベーションマッチングコンテストである。選出されたスタートアップ約300社は、当該大企業と協業に向けた商談ができるだけでなく、特典としてPR支援や東京進出支援を受けられ、T-100参加のインセンティブが飛躍的に向上する。これは大手企業各社に、自社にフィットする世界の有望スタートアップと商談できる機会を提供することになる。

Innovation Leaders Summit (ILS)について

大手企業とスタートアップをマッチングしグローバルイノベーションを創出する事を目的に、30名の大企業経営者から成る発起人と経済産業省の後援を受け2014年に発足。大手企業とスタートアップによる2000件以上の新事業マッチングプログラム「パワーマッチング」を筆頭に、200社以上のスタートアップピッチ、150社以上のスタートアップ展示会、100件以上のベンチャーキャピタルマッチング、30以上のトークセッションなどを実施、総勢1万名以上が参加するアジア最大級のオープンイノベーションマッチングイベントである。 

ILS公式ウェブサイト:http://ils.tokyo/

社名株式会社プロジェクトニッポン
設立2004年3月
所在地〒160-0004 東京都新宿区四谷1-18 綿半野原ビル別館8階
代表者代表取締役 松谷 卓也
事業概要・「起ちあがれニッポン ドリームゲートプロジェクト」の運営
・行政機関・民間企業からの創業・起業啓発・育成事業の受託運営
URLhttps://www.project-nippon.jp/
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。