12.8 C
Japan
火曜日, 8月 4, 2020

ヨクト、東芝と協業検討開始|次世代のIoTヨガマットを使ったリモートヨガレッスンの実現へ

ヨクト株式会社は、東芝が新規事業の創出を目指して開催した「Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020」で協業検討企業として選定された。当社は、在宅勤務の合間にヨガでリフレッシュする企業向け各種サービスの実現を、東芝のIoT機器やWebサービスとモジュール化することで目指していく。在宅勤務が加速する中、従業員が企業内でも自宅でも健康的なライフスタイルを実践できるサービスの開発を進めている。

◼︎東芝との協業の目的

Toshiba OPEN INNOVATION PROGRAM 2020』 は、東芝のさまざまな事業分野での豊富な知見と実績、技術・ノウハウと社外のデジタル技術・ビジネスアイデアを掛け合わせ、幅広いパートナー企業と 新たな可能性を探り、価値の創出を目指す本プログラムです。協業検討企業の選定後、2020年9月25日 の「Demoday」にて再審査が行われ、今後の事業化の展開を含めて、協業を目指していく企業が選定されます。

ヨクトは、企業向けリモートヨガレッスン「YOGA ONE(ヨガワン)」及び、次世代ヨガマット「YOCTO MAT(ヨクトマット)」と、東芝の、様々なIoT機器やWebサービスをモジュー ル化することで、ユーザーが自由に組み合わせて便利なしくみを簡単に実現することができるIoTプラットフォーム「 ifLink」との製品連携の実証を重ねます。在宅勤務の合間にヨガでリフレッシュするライフスタイルが一般的なものになるようIoTを活用して、産業、社会を進化させるビジネスソリューションの共創協業にむけた検討を進めていきます。

◼︎在宅勤務における健康促進サービスのニーズの増加

テレワークの実施率は2019年度比職種別に見てもほぼ倍以上の数値を示しています。また、在宅勤務が平常化することにより、運動不足や従業員同士のコミュニケーション不足が加速すると考えられています。そんな中、オンラインヨガサービス「YOGA ONE(ヨガ ワン)」は、在宅勤務時代における、企業の新しい福利厚生や、従業員のエンゲージメントサービスとしての可能性を検証していきます。

※職種別テレワーク実施率 (スクリーニング調査/会社員・公務員のみ/単数回答)(出典/リクルート住まいカンパニー「新型コロナ禍を受けたテレワーク×住まいの意識・実態」調査)

◼︎オンラインヨガレッスンサービス「ヨガワン」について

「YOGA ONE(ヨガワン)」は、オンラインのヨガレッスンサービスです。スマートフォンと、畳一畳分のスペースさえあればどこでもすぐにレッスンを開始することができます。また、オンラインレッスンであっても実際に動きを確認しながら指導を行い ますので、初心者にも優しく、導入に当たってのハードルは低くなっています。

ヨクトは「YOGA ONE」を通してヨガの楽しさを伝えるとともに、ウィズコロナ時代の運動不足の解消と、コミュニケーション不足の軽減を図ってまいります。

PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

資金調達額9億円のユニロボットのファウンダーが語る「日々立ちはだかる失敗の壁との向き合うコツ」

新型コロナのような不測の事態でも、極力スタートアップの成長速度は落とさない為に、数々の荒波を経験し乗り越えてきた先輩スタートアップから失敗事例や成功事例、リリカバリーしてきた経験やノウハウをシリーズでお届け。第一回目は次世代型ソーシャルロボットの開発で知られるユニロボット株式会社代表 酒井拓さん...

「イノベーション立県」広島のオープンイノベーションによる地域課題解決

数年前より、国をあげての「オープンイノベーション」に関する取組が活発化してきており、各自治体においても、イノベーションを加速させるべく様々な施策が練られている。今回は広島県の象徴的なオープンイノベーション事例について広島県を代表して商工労働局イノベーション推進チーム担当課長の金田典子氏と「広島アクセラレータープログラム」の仕掛け人で広島銀行法人営業部 金融サービス室シニアマネージャーの栗栖 徹 氏にお話を伺った。

新しい仕事と「STARTUP STUDIO」に同時にコミット。何歳になっても挑戦し続けたい

社会課題を解決するためのアイデアと、その事業を作り出したい個人をつなぎ、6ヶ月でプロダクトを作って事業会社に売却することを目指す「STARTUP STUDIO」。第一回目のプロジェクト「スマホでありがとうを届けるチップサービス『petip』」の立ち上げに参加したのが、Reproで働く金卓史氏だ...

社長秘書をしながら、3つの新規プロジェクトを牽引。松竹を変える起爆剤へ

演劇や映像をはじめ、総合エンターテインメントを提供する松竹。銀座にある歌舞伎座が象徴的だが、伝統を継承しつつ、実は長年新しいコンテンツや新しい体験を追求してきた、「進化し続ける企業」の一つだ。そんな松竹がグループ各社を巻き込み、2019年に初めてアクセラレータープログラムに挑戦。そのプロジェクトメンバーの公募に自ら手を挙げ、本業がありつつも3つのプロジェクトを推進したのが、秘書室・政策秘書の平岩英佑氏だ。平岩氏はどんなことを考え、どのようにプロジェクトを進めていったのか。話を伺った。