12.8 C
Japan
水曜日, 8月 10, 2022

「東海オープンアクセラレーター」大同メタル工業×スペースリー、研修習熟度43%アップや研修業務の33%効率化  実証結果を踏まえて製造業向けに協業を展開

日本政策投資銀行は、DBJが運営したプログラム『東海オープンアクセラレーター』※1を通じて協業を開始した、大同メタル工業とスペースリーが、今後、他の製造事業者への実証を新たに進め、製造業にとってより有用なデータを収集し、協業による製造現場向けのVR研修ツールの商品化を推進していくことを発表した。アクセラレータープログラムを通して新規事業創出を推進する大同メタル工業とスタートアップ企業であるスペースリーとにより生まれたオープンイノベーション事例である。

本プログラムでは、全国のスタートアップ企業から、大同メタル工業が有する特徴的なリソースを活用した新規事業案を広く募っており、その後約4ヶ月間におよぶ書類選考や1次、2次の選考プロセスを経て、大同メタル工業とスタートアップ企業のスペースリーの協業に至った。

両社は、下記のとおり、大同メタル工業のグループ会社における新入社員教育現場にて、これまでに共同でVR研修の現場実証を行っており、「研修習熟度43%アップ」・「研修業務の33%効率化」(※大同メタル工業社内データより)という結果が得られたことに加え、研修現場からも、「今後、新人の定着率向上にも効果的であろう可能性が示された」という声を得ることができた。これらの知見を踏まえ、製造現場におけるVRの導入に際しては、「活用シーンや導入効果のイメージが湧かない」といった不安や現場の担当者が自作することに対する心配の声に対して、大同メタル工業が販売窓口としてその導入を支援する。

背景

慢性的な人材不足、若者の離職率増加、海外人材の増加などが近年ますます深刻化していく中で、いかにして技術を継承していくのかが、製造現場における大きな課題となっている。このような背景の中、大同メタル工業においても、確実な技術の継承に加え、従業員個々のレベルをスピーディーかつ均質に上げたいという製造現場の要望は大きく、教育方法の改革が求められていた。

内容

本現場実証では、事業者自らが簡単に様々なシナリオやクイズなどを設定し、高品質なVRコンテンツを創作して活用することが可能になるクラウドソフトウェア「スペースリー」を用いて、大同メタル工業のグループ会社における新入社員教育現場にて、VRを活用した研修の機動的な現場実証を行い、VR研修の有効性の検証を実施した。

本現場実証の有効性について

現場感覚を学ぶには、座学や動画だけでは不十分という根本的な課題に対し、製造現場での作業者の目線や手順を自身が体験しながら進められるクイズ形式を用いた独自のVR研修を通じて、VR活用の有効性が示された。特に、目線や体を頻繁に動かすといった、現場での経験が求められる作業は、座学や映像研修だけで学習することに限界があり、その点で、疑似体験を伴うVR研修は効果的であった。

ゲーム感覚で楽しみながら臨場感のある学びがいつでもどこでも可能であることもVRの大きな特徴である。新人研修の間、休み時間中に研修生が自らVR研修コンテンツを手に取り、学び始めた光景はこれまでの研修においては無かった光景だ。

製造現場の研修内容は、ベテラン作業員が培ってきた経験・ノウハウの結晶であり、それをVRコンテンツに織り込む作業は、現場のセンスやコツがなければ難しいものであるが、今回の現場実証では、大同メタル工業の現場の研修担当者が、アイデアが思い浮かんだその場でマイクロラーニングのVRコンテンツを制作した。また、スペースリーのクラウドソフトも、本現場実証を通して、大同メタル工業の現場のニーズに応え、それらに対応した新機能を拡充したことにより、研修現場向けに一層使いやすいものとなった。

本現場実証の具体的な効果についての補足(※大同メタル工業社内データよりスペースリー作成)

具体的な効果(1) 研修習熟度43パーセント向上

具体的な効果(2) 研修業務33パーセント効率化

具体的な効果(3) 定着度向上やOJT効率化

DBJは、企業理念「金融力で未来をデザインします~金融フロンティアの弛まぬ開拓を通じて、お客様及び社会の課題を解決し、日本と世界の持続的発展を実現します~」に基づき、今後も全国の自治体や地元企業に対し、スタートアップ企業との協業による新規事業創出支援プログラムを提案し、産業の活性化や新しい市場の育成に貢献する。

※1. 東海オープンアクセラレーター

東海地域に拠点を置く企業4社(大同メタル工業株式会社・日東工業株式会社・フタムラ化学株式会社・株式会社物語コーポレーション)が有する製品や情報、店舗網等の経営資源(リソース)と、スタートアップ企業(独自の技術やアイデアによって前例のないビジネスモデルを創造し、既存市場に挑戦する成長速度の速い企業。)の持つサービスやプロダクトを掛け合わせ、新規事業の創出を目指すプログラム。2018年10月1日から同年10月19日までスタートアップ企業からの提案募集を行った。

特設応募WEBサイト: https://dbj-i.net/ja/collaboration/tokaioa2018

大同メタル工業株式会社について

世界唯一の「総合すべり軸受メーカー」。自動車、船舶、建設機械、一般産業向けなど、あらゆる産業分野に貢献する。自動車や大型船舶のエンジンに使用される軸受はいずれも世界トップシェア。世界15ヶ国、42拠点で、グローバル生産・販売体制を構築。どこのメーカーにも属さない独立系企業の為、スピーディーに事業展開できるところに面白み、強みがある。「新規事業の創出・育成」を新中期経営計画の大きな柱の1つとしている。

コーポレートサイト: https://www.daidometal.com/jp/

株式会社スペースリーについて

360度VRコンテンツ制作と活用のためのクラウドソフト「スペースリー」を開発し、2016年11月の開始以来3年間で、不動産・ハウスメーカーなどの分野を中心に3,000以上の利用事業者にサービスを提供。リーズナブルな価格、直感的な操作で、ウェブブラウザ再生可能な高品質のパノラマVRコンテンツを制作・編集・管理、活用までが一括してできるクラウドソフトです。他にはない遠隔接客機能や、手のひらサイズのVRグラス「カセット」の開発など技術力を特徴とし、2018年4月には、360度空間データや視線データの活用のためのAI×VRの研究開発を推進するためのSpacely Labを設立し、研究開発を推進している。

コーポレートサイト: https://corp.spacely.co.jp/

プレスリリース発表元企業:株式会社Luup
配信元:@Press
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント