12.8 C
Japan
水曜日, 1月 19, 2022

オープンイノベーションプログラム 西鉄Co+Lab 「BUS STOP 3.0」 パートナー企業決定

西日本鉄道株式会社では、オープンイノベーションプログラム 西鉄Co+Lab「BUS STOP 3.0~夢を描く未来のバス停を創ろう~」について、パートナー企業4社を決定した事を発表した。今後、パートナー企業各社と、IoT技術を搭載した高機能なバス停「スマートバス停」を活用した新たなビジネスの創出に取り組み、“バス停の更なるアップデート”を推進していく。

西鉄Co+Lab(にしてつコラボ)は、ベンチャー企業をはじめとした外部の皆さまの優れたアイデア・技術と西鉄グループの経営資源を組み合わせ、新たなビジネスの創出やサービスの革新を目指すプログラムだ。3回目となる今回は、ICTを活用したバス停である『スマートバス停』の新たな可能性を探るため、広くアイデアを募集した。全国5都市で開催した説明会では96社132名の参加があり、45社から55件の提案があった。書類選考・プレゼンテーション選考を経て、決定したパートナー企業名とご提案内容は下記の通り。

パートナー企業4社との協業概要について

株式会社スイッチスマイルhttps://switch-smile.com/

「Beacon設置による、位置情報に基づく情報配信サービス」

社名株式会社スイッチスマイル
設立2010年7月
所在地東京都中央区
代表者長橋 大蔵
事業概要Beaconによる位置情報に基づく情報配信サービス事業
提案内容スマートバス停×Beaconで、お客さま一人ひとりに最適なタイミングで最適な内容の情報を配信。北九州エリアでの位置情報マーケティングの展開。

anect株式会社https://anect.jp/

「アプリ開発およびスマートバス停との連携による沿線情報の発信強化」

社名anect株式会社
設立2015年2月
所在地福岡市中央区
代表者木村 一郎
事業概要高品質・低価格・短納期なアプリ開発・運営を実現する『Appabrik』の運営
提案内容まちがもっと楽しくなる、地元密着オトク情報サイト『バスっちゃ北九州』をアプリ化。スマートバス停とアプリの連携で、バス停を最適な情報や楽しみを発信してくれるスポットへ。

三井物産株式会社https://www.mitsui.com/jp/ja/index.html

「LAGOOロッカー(無人クリーニングサービス)一体型スマートバス停の開発・共同展開」

社名三井物産株式会社
設立1947年7月
所在地東京都千代田区
代表者安永 竜夫
事業概要総合商社
提案内容衣服のクリーニングをアプリで予約・決済、ロッカーでの受け渡せるスマートクリーニングサービス『LAGOO』と連携し、スマートバス停の利便性・付加価値を向上。

※共同提案者 株式会社AiCThttps://aict.co.jp/)の概要

社名株式会社AiCT
設立2017年1月
所在地熊本市
代表者渡邉 直登
事業概要スマートクリーニングサービス『LAGOO』の開発・運営

株式会社タイミーhttps://timee.co.jp/

「スキマバイトアプリ『Timee』との連携による沿線の人手不足解消」

社名株式会社タイミー
設立2017年8月
所在地東京都渋谷区
代表者小川 嶺
事業概要スキマバイトアプリ『Timee』の開発・運営
提案内容「この時間なら働ける」人と「この時間だけ働いてほしい」企業をつなぐスキマバイトアプリ『Timee』の普及により、北九州エリアの人手不足を解消。

今後の取組みについて

パートナー企業4社とテーマオーナーである西鉄バス北九州株式会社・西鉄エム・テック株式会社・株式会社YE DIGITALは、協議を重ね、早いものでは今冬から実証実験に取り組む予定である。また、4社以外のご提案内容においても、西鉄グループの経営資源を活用することで新たな価値を創造し得るものについては、協業を検討していく。

西鉄Co+Lab「BUS STOP 3.0~夢を描く未来のバス停を創ろう~」の概要

【募集テーマ】
スマートバス停を活用した新たなビジネス

【提供する経営資源】
スマートバス停、バス事業やスマートバス停に関する知見・技術等

【選考基準】
実現可能性、協業可能性、革新性、成長性

【事業化方針】
・パートナー企業等とは、協業を前提に事業化に取り組みます。
・実証実験など事業化の取り組みは、北九州地区で実施します。

【実施体制】

○主催:西日本鉄道㈱
○テーマオーナー:西鉄バス北九州㈱、西鉄エム・テック㈱、㈱YE DIGITAL
○協力:一般社団法人StartupGoGo、株式会社FFGベンチャービジネスパートナーズ、パーソルイノベーション株式会社
○後援:福岡県ベンチャービジネス支援協議会、北九州市、公益財団法人北九州産業学術推進機構

スマートバス停について

スマートバス停(一例)

○西鉄エム・テック株式会社と株式会社YE DIGITALが共同開発(特許取得)した、液晶パネルや電子ペーパー等にリアルタイムに情報を表示できるバス停。

○時刻表、系統図、運賃表をはじめ、バス接近情報や災害時の緊急案内、広告等をクラウドから配信。

○表示を柔軟に変更でき、現在の時刻表を大きく表示したり、多言語を交互に表示することなどが可能。

○インターネットからスマートバス停へ配信された情報コンテンツを周辺店舗にWiFi転送、表示することが可能。

○電源環境の有無に対応し、豊富な情報配信が可能なモデル、情報量を絞ることで消費電力を抑えたソーラーパネルを使ったエコモデルなどをラインナップ。

○全国各地への普及を進めており、北九州市で12基を試験運用中であるほか、盛岡市や金沢市、さいたま市でも各1基を運用中。(順次拡大予定)

プレスリリース発表元企業:西日本鉄道株式会社
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる

【インタビュー】本業を辞めずに挑戦!報酬を得ながら複業としてゼロイチフェーズに参画するニューノーマルな働き方

【インタビューレポート】スタートアップでは、都度生じる課題をスピーディーに解決し、企業成長を促すためにも、必要なフェーズにタイムリーに対応できる幹部人材を必要としている。一方の現実は、「採用にかかる費用は抑えたい」「フルタイムで依頼をするには業務内容が少ない」など幹部クラスの人材確保にジレンマを抱える場合も多い。また、たとえスタートアップに関心があったとしても、一定数のリスクが伴う以上、転職には踏み切れずに大手企業に留まる優秀な人材が多いことは、非常に勿体ないことであると言える。果たして双方にとって突破口となる様なソリューションはないのだろうかー。 大手企業からスタートアップ企業への転職経験を持つ方々に、転職する際の葛藤や、スタートアップ企業に勤める今の実際について、率直なお気持ちを伺いました。 #スタートアップ #大手企業 #転職 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント