12.8 C
Japan
日曜日, 11月 27, 2022

感情を定量分析するサービス「LIFE WILL」を開発自身の感情からWell-beingになれる住まいをレコメンド

世界一のライフデータベース&ソリューション・カンパニーを目指し、不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」等の住生活関連サービスを提供する株式会社LIFULL(ライフル)は、Well-beingを目的に、予防医学研究者石川善樹氏に監修いただきTwitterの投稿をもとに感情を定量的に分析、診断するサービス「LIFE WILL」をR&D部門LIFULL Labが開発し、2019年12月3日(火)より提供を開始したことを発表した。

開発をしたLIFULL Labは、外部パートナーとのオープンイノベーションで未来の可能性をプロトタイピングするLIFULLのR&D部門だ。「LIFE WILL」は、LIFULL Labの研究領域である「未来のユーザインタフェース」と「Well-beingの計測」の研究成果をもとにしたプロトタイプ第1弾として、LIFULL HOME’Sの物件情報との連携を試みた。

この「Well-being」とは一般的に「よい状態」を示し、むかしは「より多くのポジティブ感情を経験すること」が大事だと思われてきましたが、最近では感情の多様性“Emodiversity(エモダイバーシティ)”という概念が大切だと考えられており、ポジティブな感情だけでなく、ネガティブな感情も含めたさまざまな感情に触れることがWell-beingであるとされている。

LIFULLはこの“Emodiversity”の考えに基づき、ユーザーが自身の感情に足りていない感情に出会える場所へ行ったり、街で暮らしたりすることで、もっとWell-beingになるのではないかというコンセプトのもと「LIFE WILL」を開発した。

「LIFE WILL」によってTwitterの投稿内容200件のテキストが持つ感情を分析し、ユーザーの直近の感情と「ユーザーに足りていない感情」を12種類に分析・診断します。その結果からよりよい自分になる、Well-beingになるための場所や街、物件情報を全国1800市区町村のなかからレコメンドする。

<12の感情環>

Twitterの投稿内容によって「LIFE WILL」の診断結果が変わるため、定期的な使用で手軽にWell-beingを知る手段としても利用できる。また「LIFE WILL」は、従来のキーワード入力による情報検索とは異なり、ユーザーの感情をベースにしたレコメンドを行うため、思いがけない情報と出会う新たな検索体験として可能性を秘めている。

今後はLIFULLが保有するさまざまなライフデータベースをはじめとして、外部パートナーのデータベースとの連携、感情分析エンジンとしての利活用等、さまざまな可能性に取り組んでいく。

■感情分析について

ユーザーから取得した最大200件のツイートを構文解析し、抽出した特徴量をもとに感情分析を行います。12の感情の中で最も高い値のものが「ユーザーの感情」として選ばれます。「街の感情」も同様の手法を使い、各市区町村について書かれている最大100件のブログから収集したテキストをもとに、感情分析を行っています。

図:街の感情MAP

■LIFE WILLの診断結果例

■LIFULLについて

LIFULLは「あらゆるLIFEを、FULLに。」をコーポレートメッセージに掲げ、現在はグループとして世界63ヶ国でサービスを提供しています。

主要サービスである不動産・住宅情報サイト「LIFULL HOME’S」をはじめ、空き家の再生を軸とした「LIFULL地方創生」、シニアの暮らしに寄り添う「LIFULL介護」、ママの子育てと仕事の両立を支援する「LIFULL FaM」など、 人生・暮らしを豊かにするさまざまな領域に事業拡大しています。

LIFULLグループは、より多くの人が心からの安心と喜びを得られる社会の実現のため「世界一のライフデータベース & ソリューション・カンパニー」 を目指します。       

プレスリリース発表元企業:株式会社LIFULL
配信元:PR TIMES
執筆
PORT編集部 
「PORT」はCreww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント