12.8 C
Japan
木曜日, 2月 9, 2023

三菱総合研究所「ICF Business Acceleration Program2022」受賞者決定 !

三菱総合研究所が運営する未来共創イニシアティブは、12月9日、イノベーションとビジネスで社会課題を解決するアイデアを競う「ICF Business Acceleration Program2022」の最終審査会を開催し、最優秀賞・三菱総研賞・ベストグロース賞・オーディエンス賞の各受賞者を決定しました。

ICF Business Acceleration Program2022について

MRIは、多様なステークホルダーが参加するプラットフォーム“未来共創イニシアティブ”(以下 ICF)を運営しています。ICFは、オープンイノベーションの発想に基づく共創活動を通じて社会課題解決と社会実装に繋げ、より大きな(コレクティブな)インパクトを創り出すことを目指しています。

ICF Business Acceleration Program(以下 BAP)は、このICF活動の中核プログラムの一つです。有望なスタートアップの発掘・支援を通じて、MRIおよびICF会員との共創を促進し、社会課題解決・実装を実現することを目的としています。過去7回の開催を通じ、延べ800件に上るビジネス提案の中から、社会課題解決に資する有望かつユニークなビジネスアイデアを取り上げ、表彰・支援してきました。

本年度、8回目となるBAP2022では、引き続きICFが重点的に取り組む6分野(「ウェルネス」「水・食料」「エネルギー・環境」「モビリティ」「防災・インフラ」「教育・人財育成」)をベースに、「100億人が100歳まで豊かに暮らせる持続可能な社会」を実現するためのアイデアを募りました。

特に今回は、足許の課題解決だけでなく、大局観をもってイノベーション創出に挑む未来志向の提案に着目しています。応募総数147件の中から、書類審査とプレゼンテーション審査を経て、7チームを「ファイナリスト」に選出し、その後約1カ月にわたりMRI研究員によるメンタリングを実施、各ビジネスアイデアのブラッシュアップを図ってきました。

12月9日に行われた最終審査会では、このファイナリスト7チームによって競われ、ICFのアドバイザー4名および当社審査員による厳正な審査の結果、以下のとおり各受賞者を決定しました。

なお、MRIでは今回の受賞者やファイナリストをはじめ、本プログラムへの応募者を共創パートナー候補として、さまざまな形で継続的に応援し、より大きな社会インパクトに繋がる社会課題解決を目指しています。このうち特に具体的な共創活動が進められた場合は、その取り組みや成果をDEMODAY(2023年3月10日開催予定)にて発表予定です。

(DEMODAYは、社会課題解決企業を標ぼうするMRIが取り組むベンチャー連携の実態と成果について、広く社会に向けて発信する場として開催する全社イベントです。開催はフルオープン型とし、過年度BAP参加企業との共創成果や各事業部門の活動も併せて発表する予定です。)

ファイナリストと最終審査委員
最優秀賞を受賞した株式会社安斉管鉄
三菱総研賞(未来パートナー賞)を受賞した株式会社Study Valley
三菱総研賞(未来デザイン賞)を受賞した株式会社ninpath
ベストグロース賞を受賞したUPWARD株式会社
オーディエンス賞受賞した UNTRACKED株式会社

受賞者

最優秀賞
審査の視点:ICFが提唱する未来社会像の実現に最も貢献し得る
提案者: 株式会社安斉管鉄
提案タイトル: Clean Water Mechanism 「きれいな水にインセンティブを」
受賞理由: 取り扱う社会問題の大きさと重要さ、解決のための独自の技術開発に注目。社会実装が実現した場合の社会インパクト(期待成果)の大きさも評価

三菱総研賞 未来パートナー賞
審査の視点:MRIが描く事業戦略の実現に最も連携強化が期待される
提案者: 株式会社Study Valley
提案タイトル: 生きる力を育む!学校と社会を繋ぐ探究学習
受賞理由: 「探求学習」の必修化でマーケット拡大が見込まれる分野。学校側と企業側の双方の課題を取り込み、重要な社会課題解決に挑戦。当社の社会実装パートナーとして期待

三菱総研賞 未来デザイン賞
審査の視点:MRIが掲げる未来社会像の実現に将来的に貢献し得る
提案者: 株式会社ninpath
提案タイトル: 不妊治療の可視化とリファーによる、治療も仕事も諦めない
受賞理由: 少子化は日本をはじめ先進国の将来にわたる重要な社会課題。出生率が急速に低下する中、不妊治療促進は大きな社会インパクトをもたらす可能性が大きい。当社としても今後注目したい領域

ベストグロース賞
審査の視点:メンターによる評価=メンタリング成果が最も大きい
提案者: UPWARD株式会社
提案タイトル: 位置情報×CRMによる社会課題解決の可能性
受賞理由: 民間セクター実績を活かしたパブリックセクター向けSaaS領域の開拓に挑戦。メンタリングを通じ、防災分野から空き家問題、介護、道路メンテなど、対象分野を拡大

オーディエンス賞
審査の視点:当日視聴者による評価=プレゼンテーションが最も優れている
提案者: UNTRACKED株式会社
提案タイトル: AIによるパーソナライズド転倒予防訓練の自動提案アプリ
受賞理由: オンライン視聴者の投票で第1位

ファイナリスト(上記の各受賞者を含む)(社名五十音順)
UPWARD株式会社 「位置情報×CRMによる社会課題解決の可能性」
株式会社安斉管鉄 「Clean Water Mechanism 「きれいな水にインセンティブを」」
UNTRACKED株式会社 「AIによるパーソナライズド転倒予防訓練の自動提案アプリ」
株式会社Study Valley 「生きる力を育む!学校と社会を繋ぐ探究学習」
株式会社テイラーワークス 「共助型オンラインコミュニティを活用した分散型社会の実現」
株式会社New Ordinary 「AI目的地レコメンドによる観光地回遊性向上と地域消費額拡大」
株式会社ninpath 「不妊治療の可視化とリファーによる、治療も仕事も諦めない」

最終審査委員一覧

最優秀賞
審査委員長小宮山 宏 株式会社三菱総合研究所 理事長
審査委員(順不同)リチャード・ダッシャー氏 スタンフォード大学 アジア・米国技術経営研究センター 所長
椙山泰生氏 京都大学 名誉教授(椙山女学園大学 現代マネジメント学部 教授)
校條 浩氏 NSV Wolf Capital マネージング・パートナー

三菱総研賞 未来パートナー賞
籔田健二 株式会社三菱総合研究所 代表取締役社長
水原秀元 株式会社三菱総合研究所 代表取締役副社長/VCP総括
伊藤芳彦 株式会社三菱総合研究所 デジタル・トランスフォーメーション部門長
仲伏達也 株式会社三菱総合研究所 ビジネス・コンサルティング部門長
羽生哲也 株式会社三菱総合研究所 ポリシー・コンサルティング部門長

三菱総研賞 未来デザイン賞
岩瀬 広 株式会社三菱総合研究所 専務執行役員/シンタンク部門長
古屋孝明 株式会社三菱総合研究所 常務研究理事
山田敬喜 株式会社三菱総合研究所 常務研究理事
亀井信一 株式会社三菱総合研究所 研究理事
比屋根 一雄 株式会社三菱総合研究所 研究理事
武田洋子 株式会社三菱総合研究所 研究理事
伊藤一道 株式会社三菱総合研究所 研究理事

ベストグロース賞
株式会社三菱総合研究所 メンター 10名

オーディエンス賞
最終審査会参加者(オンラインを含む)

社名株式会社三菱総合研究所
設立1970年05月
所在地東京都千代田区永田町2-10-3
代表者籔田 健二
URLhttps://www.mri.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント