12.8 C
Japan
木曜日, 2月 9, 2023

三菱地所・LIXIL・mui Lab、スマートホーム事業で提携!エネルギーマネジメントによる脱炭素にも貢献

三菱地所、LIXIL、mui Labの3社は、この度、スマートホーム事業領域での提携に向けた基本合意書を締結しました。

ECHONET Lite機器に対応し、エネルギーマネジメントによる脱炭素社会にも貢献

三菱地所株式会社(以下、三菱地所)、株式会社LIXIL(以下、LIXIL)、mui Lab株式会社(以下、mui Lab)の3社は、この度、スマートホーム事業領域での提携に向けた基本合意書を締結しました。

今後、三菱地所が開発した総合スマートホームサービス「HOMETACT(ホームタクト)」にLIXILが提供するIoTホームリンク「Life Assist 2」のホームデバイス(ECHONET Lite規格認証取得)が新たな連携機器として加わり、ホームデバイスがサポートする製品やECHONET Lite機器の操作・制御にHOMETACTも順次対応していきます。

また、スマート分電盤等と連携したエネルギーマネジメント機能(HEMS)も新たに実装予定です。連携するIoT機器・住設機器の幅が拡がることで、一層の利用体験の向上につなげるとともに、HOMETACTアプリでのエネルギー使用量の見える化はもちろん、サービスを通して省エネルギー化の推進による脱炭素社会への貢献や生活者の光熱費負担軽減等に寄与する仕組みの提供を目指していきます。

さらに、今後のHOMETACTの追加機能開発やアプリケーションのUI設計においては、mui Labが提唱する「カーム・テクノロジー」の理念を応用した「カームUI」の設計アプローチを取り入れ、家庭のエネルギー使用量を生活者が直感的に理解・判断できるインターフェースや、節電Tips(助言・ヒント)の発信などにより、生活者の省エネ行動の習慣化促進につながる仕掛けも実装していきます。

本件取り組みによる期待効果

1.HOMETACTへの機器接続方式として、従来の機器メーカーとのクラウド間連携(API連携)に加え、LIXILホームデバイス(コントローラー)を経由したECHONET Lite通信での連携にも対応。連携スピードや柔軟性を高めたハイブリッドなIoTプラットフォームを構築し、機器連携の拡大による利便性の向上や新たなライフスタイルの提案を加速。

2.計測・通信機能を有したスマート分電盤等との連携で、HOMETACTにエネルギーマネジメント(HEMS)機能を新たに実装予定。エネルギー使用量の見える化にとどまらず、スマートホームソリューションの強みを活かした省エネルギー化を推進し、脱炭素社会の実現に貢献。

3.機能開発のみならず、HOMETACTのUI設計にmui Labが提唱する「カーム・テクノロジー」の理念を応用した「カームUI」の設計アプローチを取り入れ、アプリケーションとしての直感性や使いやすさを高めること等のアプローチで、生活者の日常的なサービス利用を促進。

三菱地所とLIXIL、mui Labの3社は上記に加え、脱炭素社会の実現ならびにスマートホームサービスを介した付加価値提供を加速させるべく、エネルギーマネジメント領域を主とした共同研究や協業を推進し、提供サービスのアップデートに取り組んでいく方針です。

なお、3社の本取り組みについては、今年の12月5日(月)~7日(水)に東京ビッグサイトで開催される「第5回スマートハウスEXPO東京展」の三菱地所ブースにて紹介予定です。

HOMETACTとLIXILホームデバイスの連携について

LIXILが提供するIoTホームリンク「Life Assist 2」のホームデバイスは、ECHONET Lite規格認証およびAIF認証の登録番号を取得しており、HAN(Home Area Network)に接続された様々な機器メーカーのECHONET Lite対応製品(エアコン、照明スイッチなど)の制御が可能になっています。

今回、HOMETACTとLIXILのクラウド間連携(API連携)によりHOMETACT側でもホームデバイスを介した同様の機器制御が可能となり、HOMETACTは従来の機器メーカーとのクラウド間連携(API連携)に加え、ECHONET Lite規格を活用した機器接続にも対応したハイブリッド型のIoTプラットフォームとなります。

幅広い機器メーカーとの連携の柔軟性が高まるこのIoTプラットフォームの確立により、HOMETACT導入企業の商品企画や生活者利便の向上を実現させ、新たなライフスタイル提案をサポートしてまいります。HOMETACTに連携される機器は、今後順次拡大予定です。

エネルギーマネジメント機能について

脱炭素社会の実現に向けて家庭部門においてもCO2排出量の大幅な削減が求められていることや、昨今の電気料金の高騰などを背景として、住宅分野における省エネルギー化の推進は大きな注目を集めています。また、グローバルなスマートホームサービスの動向に目を向けても、省エネルギー化に寄与するサステナブルなサービス設計は欠かせない要素として位置付けられており、幅広いIoT機器との連携を活かしたスマートホームならではのソリューション提案が非常に活発になってきています。

HOMETACTは今後、計測・通信機能を有したスマート分電盤等との連携を進め、ホームオートメーションにとどまらないエネルギーマネジメント機能(HEMS)を実装(Life Assist 2では実装済)し、併せて家庭内のエネルギー使用量を直感的に判断できるユーザーインターフェースや、即時節電行動に移せる情報発信等の様々な仕掛けを盛り込むことで、グローバルな傾向にも合致し、社会的なニーズにも対応できるサービスへと進化していきます。

また、エネルギーマネジメント領域を主とした三菱地所、LIXIL、mui Labの3社提携によって、脱炭素社会の実現及びスマートホームサービスを介した付加価値提供を一層加速させるように取り組む方針です。

HOMETACTについて

HOMETACTは三菱地所が総合デベロッパーとしての知見を活かし自社開発した、日本の住環境に導入しやすい新しいスマートホームサービスです。一つのスマホアプリやスマートスピーカーを使い、エアコンやテレビ、照明、カーテンといった複数メーカーの幅広いIoT機器をコントロールできます。

主なサービスの特徴
・アプリケーション一つでホームオートメーションをコントロール
・オープンなプラットフォームで、対応機器は今後さらに拡大予定
・直感的でユーザーフレンドリーなアプリケーションインターフェース
・「おはよう」「行ってきます」といった「シーン」の設定や、時間や位置情報などをトリガーとする「マイルール」の設定で、複数のIoT機器をまとめて動かし、設定どおりの住空間の制御が可能
・管理ポータル機能「TACTBASE」による管理
・導入からアフターケアまで一貫したサポートサービス

HOMETACTは現在、三菱地所レジデンス株式会社が開発する高品質賃貸マンション「ザ・パークハビオ」シリーズの4物件に導入済で、三菱地所グループ内物件への実装をさらに進めるだけでなく、三菱地所グループ以外の物件への提供も積極的に行っています。

LIXILについて

LIXILは、世界中の誰もが願う豊かで快適な住まいを実現するために、日々の暮らしの課題を解決する先進的なトイレ、お風呂、キッチンなどの水まわり製品と窓、ドア、インテリア、エクステリアなどの建材製品を開発、提供しています。また、“住まいの未来”をコンセプトとしたIoT実験住宅「U2-Home(ユースクエアホーム)」「U2-HomeⅡ(ユースクエアホーム・ツー)」での研究を通じて、スマートホームの知見やノウハウを蓄積し、2017年にIoTホームリンク「Life Assist」を発売。

その後、お客様のご要望をもとに、“スマートホームをもっと身近に”をコンセプトに新しく生まれ変わった「Life Assist 2」を2021年7月に発売。

さらに今年10月には、IoTホームリンク「Life Assist 2」を中心に、家中のさまざまな建材や設備機器、家電との連携による、便利で快適な暮らしをご体感いただけるIoT実験住宅「みらいえらぼ」を開設し、スマートホームのさらなる普及と、社外機器の連携開発を目的に各機器メーカーと連携強化を図るなど、オープンイノベーション活動を推進する場として展開しました。

mui Labについて

mui Labは、デジタル情報と人との接点を穏やかにするインターフェース「カーム UI」を、ハードウェアとソフトウェアの両面から訴求し、協業企業の製品やサービスに実装することで世界に穏やかなスマートホームの体験を普及させています。

自社製品であるスマートホーム・コントローラーの「muiボード」、子供の成長に寄り添い、家族の絆を深めるスマート機能が搭載されたデジタル版の柱「柱の記憶」、それらが与える穏やかな体験を成立させる「カームUI」の技術スタックを集積した「muiスマートホーム・プラットフォーム」を通じて、世界に人とデジタルテクノロジーが調和した、穏やかな暮らしを拡げています。

2022年9月には、人々の節電行動を促すDR(デマンドレスポンス)機能を備えた「mui Kurashiアプリ」を開発。節電をするとポイントが発行されるシステムを、ガス会社の住宅事業である賃貸住宅の入居者へ提供しています。これまで世界最大のテクノロジー見本市「CES イノベーションアワード」を2度受賞(2019年に「muiボード」で、2022年「muiスマートホーム・プラットフォーム」で受賞)。

社名mui Lab株式会社
設立2017年10月
所在地京都府京都市中京区夷川通柳馬場東入俵屋町295番地1
代表者大木和典
URLhttps://muilab.com/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント