12.8 C
Japan
日曜日, 1月 29, 2023

健康寿命延伸へ貢献!ジョンソン・エンド・ジョンソン、ヘルスケアイノベーション・アイデアコンテストを開催!

ジョンソン・エンド・ジョンソン イノベーションは、ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループと共同で、ヘルスケアイノベーション・アイデアコンテスト「Japan Smart Healthy Aging QuickFire Challenge」を開催します。

本コンテスト開催の背景と目的

本コンテストは、健康寿命の延伸と、高齢者の生活の質向上(QOL)への貢献を目標とするジョンソン・エンド・ジョンソンの取り組み「スマート・ヘルシー・エイジング・イニシアティブ(SHAI)」の一環です。
人生100年時代において、一人ひとりが健康で充実した日常生活を長きにわたって送ることができる「スマート・ヘルシー・エイジング」社会の実現は大きな課題です。本コンテストではその実現の一助になるよう、①ビジョン(眼科) ②オンコロジー(がん領域) ③整形外科(変形性関節症を含む) ④デジタル手術 ⑤脳血管系疾患の5つのエリアにおけるイノベーションのアイデアを募集します。
ジョンソン・エンド・ジョンソンではグローバルレベルでクイックファイアー・チャレンジを行っています。

2050年には、アジア太平洋地域の4人に1人が60歳以上となり、高齢者人口は2010年から2050年の間に3倍の約13億人になると予想されています*1。
世界トップクラスの長寿国である日本では*2、すでに65歳以上の高齢者人口が全人口の30%近くを占めています*3。

しかし、日本における平均寿命と健康寿命には約10年の差があるとされ *4、65歳以上の高齢者の約63%が、複数の慢性疾患を併せ持つ「多疾患罹患」であると言われています*5。
多疾患罹患は、身体機能の低下、QOLの低下、さらには死亡率の上昇につながることが報告されています。*6 複数の慢性疾患を抱えた高齢者の増加により、今後さらに社会保障費の増加が予想される中*7、人々の健康寿命の延伸は大きな社会課題です。

こうした状況を受けて、医療機器(眼科用医療機器含む)・医療用医薬品・消費財の知見を持つジョンソン・エンド・ジョンソンでは、「スマート・ヘルシー・エイジング」社会の実現に向けた取り組みを、産官学の連携を通して推進しています。
その一環として、本コンテストでは健康寿命の延伸に貢献するアイデアを広く求めています。

本コンテストの受賞チームには、ジョンソン・エンド・ジョンソンより、最大総額30万ドルの助成金が提供されます。
また、ジョンソン・エンド・ジョンソンのインキュベーションラボであるJLABS@上海での1年間の専用デスクを含むジョンソン・エンド・ジョンソン イノベーション – JLABS アジア太平洋コミュニティへのバーチャルアクセスやジョンソン・エンド・ジョンソンのエキスパートによるメンター制度もご利用できます。

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、SHAIおよび本コンテストを通して生み出される日本発のイノベーションがモデルケースとなり、世界的課題である健康寿命の延伸に貢献することを目指しています。

Japan Smart Healthy Aging QuickFire Challenge実施概要

応募期間:2022年9月14日(水)~12月2日(金)

受賞発表:2023年3月(正式日程は後日決定) 

主催:ジョンソン・エンド・ジョンソン イノベーション

協力:ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社 (メディカル カンパニー及びビジョンケア カンパニー)、エイエムオー・ジャパン株式会社、ヤンセンファーマ株式会社

対象領域:①ビジョン(眼科)➁オンコロジー(がん領域)③整形外科(変形性関節症を含む)④デジタル手術 ⑤脳血管系疾患の5つのエリア

実施形式および選考方法:書類審査および、社内外の審査員に向けたプレゼンテーションなど

応募資格:どなたでも応募可能です。

参加方法:2022年12月2日(金)までに必要事項を記入のうえ、ご応募ください。

応募はこちらから: https://jnjquickfire.secure-platform.com/a/solicitations/67/home
クイックファイアー・チャレンジについて(英語): https://jnjinnovation.com/innovation-challenges/japan-smart-healthy-aging-quickfire-challenge
クイックファイアー・チャレンジについて(日本語): https://www.jnj.co.jp/story-innovation/quickfire-challenge-2022

ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループについて

ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社(コンシューマー カンパニー、メディカル カンパニー、ビジョンケア カンパニー)、ヤンセンファーマ株式会社、エイエムオー・ジャパン株式会社等で構成されています。

スマート・ヘルシー・エイジング・イニシアティブ(Smart Health Aging Initiative:SHAI)について

高齢化の世界的進行に伴う医療課題は大きな機会でもあります。高齢化先進国の日本では、65歳以上の人口が3割に迫り、現在も拡大しています。日本の平均寿命は長いものの、高齢期におけるクオリティオブライフ(QOL)の低下により、健康寿命と平均寿命の間には約10年の差(失われた10年)があります。
ジョンソン・エンド・ジョンソン日本法人グループでは、この失われた10年を縮めることに貢献するため、消費者向け製品、医療機器や医療用医薬品を扱うトータルヘルスケアカンパニーとしての技術力と知見を集結させ、健康な高齢者と高齢者患者両方のニーズに取り組む「スマート・ヘルシー・エイジング・イニシアティブ(SHAI)」を立ち上げました。
SHAIは高齢者のQOL改善のために、主要大学や研究病院、民間企業、データプロバイダなどの社外パートナーとの連携や協業を通じて、複数の疾患領域でのインサイト創出とソリューション開発に取り組み、また、幅広いエコシステムの構築を目指しています。
SHAIについてはこちら https://www.jnj.co.jp/smart-healthy-aging

ジョンソン・エンド・ジョンソンについて

ジョンソン・エンド・ジョンソンは、健康こそが豊かな人生の基盤であり、地域社会の繁栄と、発展を促す原動力であると考えています。 この信念に基づき、130年を超える長きにわたり、すべての世代の、人生のあらゆる段階の人々の健康を支えてきました。
今日、世界最大級で広範な拠点を有するヘルスケア企業としての強みを最大限に活かし、世界中の誰もが、どこにいても、心身の健康と健全な環境を享受することができるよう、適正な価格でヘルスケアにアクセスできる、より健全な社会の実現に向けて努力しています。
ジョンソン・エンド・ジョンソンは、私たちのこころと科学の力、画期的な発想力を融合させ、ヘルスケアを飛躍的に進化させるべく取り組んでいます。

【出典】
*1 国際連合人口基金HP  https://asiapacific.unfpa.org/en/topics/ageing-6
*2 財務省統計局「Statistical Handbook of Japan2021」 https://www.stat.go.jp/english/data/handbook/c0117.html
*3 財務省統計局「Statistical Handbook of Japan2021」 https://www.stat.go.jp/english/data/handbook/c0117.html
*4 厚生労働省「健康寿命の令和元年値について」 https://www.mhlw.go.jp/content/10904750/000872952.pdf
*5 Physical multimorbidity patterns and depressive symptoms: a nationwide cross-sectional study in Japan
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7032897/#:~:text=A%20study%20that%20was%20conducted,those%20aged%2065%20or%20older.
*6 The associations of multimorbidity with the sum of annual medical and long-term care expenditures in Japan
https://bmcgeriatr.biomedcentral.com/articles/10.1186/s12877-019-1057- 7#:~:text=and%20LTC%20systems.-,The%20occurrence%20of%20multimorbidity%20(i.e.%2C%20the%20coexistence%20of%20multiple%20chronic,even%20higher%20mortality%20%5B6%5D.
*7 Japan Health Policy NOW http://japanhpn.org/en/demographic/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

【熊平製作所×MAMORIO】創業125年のトータルセキュリティ企業が、スタートアップ共創で未来の「安心・安全」を創る

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】広島銀行とCrewwは、広島県下のイノベーションエコシステムの構築に向け、広島県内に新たな事業の創出を図ることを目的に「HIROSHIMA OPEN ACCELERATOR 2021(広島オープンアクセラレーター2021)」を共催しました。本記事では、プログラム参加企業である熊平製作所と、「なくすを、なくす」をミッションに、紛失防止デバイス「MAMORIO」を始めとした 様々な製品・サービスを提供するIoTスタートアップ「MAMORIO」との共創プロジェクトにフォーカス。株式会社熊平製作所 新規事業開発部 取締役部長 茶之原 氏に、プロジェクトの共創に至った背景や、スタートアップとの共創から実際に得た体感や変化について、お話を伺いました。 #広島銀行 #広島県 #イノベーション #広島オープンアクセラレーター2021 #熊平製作所 #MAMORIO #IoT #スタートアップ #共創 #新規事業 #協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント