12.8 C
Japan
金曜日, 10月 7, 2022

アイスタイル、米国Amazonおよび三井物産と業務資本提携|利便性や満足度アップ・新たな価値を創造!

アイスタイルは、米国Amazonおよび三井物産それぞれと業務資本提携を締結したことを発表しました。

Amazonとアイスタイルの協業について

アイスタイルは「生活者中心の市場の創造」をビジョンに掲げ、コスメ・美容の総合サイト「@cosme」を運営しています。また、「@cosme」に寄せられた生活者のクチコミや評価等を反映した品ぞろえや店作りをおこなうEC・店舗を展開し、オンラインとオフラインを融合した美容関連総合サービスを提供しており、中国をはじめ海外にも事業をおこなっています。

米国Amazonは「地球上で最もお客様を大切にする企業になること」をビジョンとして掲げ、常に顧客を起点に考え、「地球上で最も豊富な品揃え」を提供できるよう、日本においてはAmazon.co.jpをはじめとする総合オンラインストアを展開するとともに、顧客にとっての利便性向上のため各種サービスを提供しています。
こうした企業としてのスタンスに加え、顧客への価値提供の在り方やビジネス機会の創出においても通じる点が多いことから、より価値の高いサービスを提供しながら相互のビジネスを成長させていくための最適なパートナーであるという両社の考えのもと、このたびの業務資本提携に至りました。

当提携に基づき、アマゾンジャパンとアイスタイルの今後の具体的な協業の一つとして、Amazon.co.jp上において「@cosme SHOPPING(仮称)」のオンラインストアをオープンする予定です。Amazon.co.jpのアカウントを持つ全ての顧客に対して、「@cosme SHOPPING」の特長である、信頼できるコスメ・美容に関する様々な情報提供、および幅広いブランド・多彩なカテゴリーでの化粧品販売を展開していく予定です。

また今後、Amazon.co.jp上の「@cosme SHOPPING(仮称)」のストアを起点に、オンラインおよびオフラインの各種施策における連携等も検討していきます。アマゾンジャパンが日本国内で販売事業者向けに提供している各種サービスやテクノロジーと、アイスタイルが展開するコスメ・美容に特化したクチコミ・品揃え・店舗づくりの知見を活用し、コスメ・美容関連の買い物における利便性やお客様の満足度をさらに向上していくことを目指します。

アマゾンジャパン合同会社 社長 ジャスパー・チャン氏 コメント

「アイスタイルと協業できることを大変嬉しく思います。Eコマースやテクノロジーにおける当社の知見・経験と、コスメ・美容に関する情報サイトや実店舗の運営においてアイスタイルが培ってきたノウハウ等をそれぞれ活かし、このたびの協業により、コスメ・美容関連のお買い物においてイノベーションをもたらし、利便性やお客様の満足度を高めていきたいと考えています。」

アイスタイル 代表取締役社長 兼 CEO 吉松 徹郎 氏コメント

「今回、米国Amazonと業務資本提携できたことを大変嬉しく思っています。化粧品市場が大きく変化していく中、総合オンラインストアを運営し、優れたお買い物体験を提供するアマゾンジャパンとの協業によって、生活者の一層の満足度向上を図ると同時に、化粧品ブランドの皆様にもさらなる価値を提供し、生活者とブランドの新たな出合いを創出していきたいと考えています。」

三井物産とアイスタイルの協業について

三井物産流通事業本部ではECや店舗を中心としたリテール分野、商品開発分野、物流分野での投資及びビジネス構築等の幅広い分野で事業を展開しており、国内のみならずアジア始めグローバルにネットワークを持っています。
それらを通して培ったECや店舗事業におけるサプライチェーン構築、Global事業におけるパートナー発掘などに関する知見等を、当社の国内外の美容関連における幅広いサービスに活用することによって、将来的な当社の事業成長が期待できることから、この度の業務資本提携に至りました。

今後の取り組みとして、三井物産の有する国内外での幅広いネットワークを活かし、当社の海外事業におけるパートナーの発掘や紹介、および関連したマクロデータの提供に加え、国内流通事業における店舗開発や課題解決のサポートなど、当社の事業成長による企業価値向上に向けた共同事業を検討・開発していく予定です。

三井物産 執行役員 流通事業本部 長田 務氏 コメント

「三井物産の流通事業本部では、多様な消費者ビジネスを創造・推進し、人々の生活や価値観への理解を深めながら、消費者にとって価値ある製品・サービスをお届けすることに取り組んでまいりました。 このたび、三井物産はアイスタイルと共に「生活者中心の市場の創造」を国内だけではなく、グローバルな世界を舞台に展開することを目指し、業務資本提携を締結します。アイスタイルの消費者データおよび事業基盤と三井物産の国内外ネットワークで、ネットとリアルを融合した新たな価値を創造し、世界中のお客様に美容を通じた日々の幸せを提供していきます。」

アイスタイル代表取締役社長 兼 CEO 吉松 徹郎氏 コメント

「@cosmeは小売事業に加え、広告ソリューション・Saasサービス・人材派遣など、多岐にわたって事業を展開しています。海外においても東アジア中心に越境ECや店舗運営等を行っています。国内外に幅広いネットワークを持つ三井物産との提携は、将来的な国内外における様々な共同事業における可能性があると考えており、今後密に連携を取りながら共同事業の検討を進めていきたいと考えています。」

Amazonについて

Amazonは4つの理念を指針としています。お客様を起点にすること、創造への情熱、優れた運営へのこだわり、そして長期的な発想です。Amazonは、地球上で最もお客様を大切にする企業、そして地球上で最高の雇用主となり、地球上で最も安全な職場を提供することを目指しています。
カスタマーレビュー、1-Click注文、パーソナライズされたおすすめ商品機能、Amazonプライム、フルフィルメント by Amazon(FBA)、アマゾン ウェブ サービス(AWS)、Kindle ダイレクト・パブリッシング、Kindle、Career Choice、Fire タブレット、Fire TV、Amazon Echo、Alexa、Just Walk Out technology, Amazon Studios、気候変動対策に関する誓約(The Climate Pledge)などは、Amazonが先駆けて提供している商品やサービス、取り組みです。
詳しくはAmazon Newsroom(http://amazon-press.jp)およびAbout Amazon(http://www.aboutamazon.jp)を参照して下さい。

三井物産について

三井物産は金属資源、エネルギー、プロジェクト、モビリティ、化学品、鉄鋼製品、食料、流通事業、ウェルネス事業、ICT事業、コーポレートディベロップメントの各分野において、全世界に広がる営業拠点とネットワーク、情報力などを活かし、多種多様な商品販売とそれを支えるロジスティクス、ファイナンス、さらには国際的なプロジェクト案件の構築など、各種事業を多角的に展開しています。

アイスタイルについて

アイスタイルグループは、「生活者中心の市場の創造」をビジョンに、コスメ・美容の総合サイト「@cosme」から、化粧品専門EC「@cosme SHOPPING」、化粧品セレクトショップ「@cosme STORE」、「@cosme TOKYO」まで、オンライン・オフラインを通貫した美容関連総合サービスの運営などを通じて、美容に関するあらゆるプロダクト・サービス・ヒトと生活者の幸福な出合いを生み出すサービスを展開しています。

社名株式会社アイスタイル
設立1999年7月27日
所在地〒107-6034 東京都港区赤坂 1-12-32 アーク森ビル 34 階
代表者代表取締役社長 兼 CEO 吉松 徹郎
事業概要美容系総合ポータルサイト@cosmeの企画・運営、関連広告サービスの提供
URLhttp://www.istyle.co.jp
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる

【スタートアップ募集】第一三共ヘルスケアと一緒に、「ヘルスケア」領域に新しい価値を創出しませんか

【オープンイノベーションインタビュー】「Fit for You 健やかなライフスタイルをつくるパートナーへ」をコーポレートスローガンに掲げ、鎮痛薬「ロキソニン」をはじめ、かぜ薬「ルル」、キズ薬「マキロン」など、生活に身近な市販薬ブランドを多数展開する第一三共ヘルスケア。他にも、敏感肌向けスキンケアブランド「ミノン」やオーラルケアなど、さまざまな製品を展開している。そんな同社は、もっと幅広くヘルスケアや生活改善に貢献すべく、製薬会社だけでは発想できないアイデアや技術を求めて、アクセラレータープログラムの実施を決定した。具体的に、どんなスタートアップとの協業に期待しているのか。同社・経営企画部の松尾健氏と製品企画室の古市亜美氏に話を伺った。 #第一三共ヘルスケア #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント