12.8 C
Japan
土曜日, 12月 3, 2022

経済産業省後援「第7回 HRテクノロジー大賞」、授賞企業が決定!21事例を発表

ProFutureは、後援する「第7回 HRテクノロジー大賞」の授賞企業を発表。授賞式は、新型コロナウイルス感染拡大の社会情勢を鑑み、2022年9月16日(金)にオンライン形式で開催されます。

「第7回 HRテクノロジー大賞」について

「HRテクノロジー大賞」(後援:経済産業省、産業技術総合研究所、情報処理推進機構、中小企業基盤整備機構、株式会社東洋経済新報社、株式会社ビジネスパブリッシング、HRテクノロジーコンソーシアム、HR総研(ProFuture株式会社))は、日本のHRテクノロジー、人事ビッグデータ(アナリティクス)の優れた取り組みを表彰することで、この分野の進化発展に寄与することを目的に、今年第7回が開催されました。
第7回の応募総数は70事例で、厳正な審査の結果、その中から21事例が選ばれました。

「第7回 HRテクノロジー大賞」オフィシャルページ
https://hr-souken.jp/hrtech_award/

審査委員

・山形大学学術研究院 産学連携教授 岩本 隆 氏(委員長)(前・慶應義塾大学大学院経営管理研究科 特任教授)
・多摩大学大学院 教授 (学長補佐)/ 株式会社ライフシフトCEO 徳岡 晃一郎 氏
・法政大学大学院 教授 石山 恒貴 氏
・ProFuture株式会社 代表取締役社長、HR総研 所長 寺澤 康介

授賞式概要

開催名 :「第7回 HRテクノロジー大賞」授賞式
開催日時:2022年9月16日(金)14時00分~
開催方法:新型コロナウイルス感染拡大の社会情勢を鑑み、オンライン形式で開催します。

授賞企業

■大賞(1社)

ソニーグローバルソリューションズ株式会社
<取組名>
知と経験のダイバーシティをHRテクノロジーで実現
~多様な個性のデータ民主化で、能動的な繋がりと学び合いを生むEmployee Experience~
<授賞理由>
人事情報の活用は人事や組織上のマネージャーに限られることが多い中、社員同士が未知の繋がりに気づき、新たなネットワーク作りができるような仕掛けを施した独自アプリ『Talent Network』を構築。社員の担当業務や保有スキル、各職場で取り組める業務や学びを社内公開することにより、動的な人材ポートフォリオに基づくリスキルや学び直し、社内異動といった社員の主体的なキャリアアップを支援するなど、『Talent Network』は既製の人事SaaSシステムだけでは対応できない会社特有のニーズに柔軟に応えるための優れた取り組みであると高く評価されました。

■イノベーション賞(2社)

株式会社Skillnote
<サービス名>
スキルの見える化で計画的な育成と配置を実現するスキルマネジメントシステム 『SKILL NOTE』
<授賞理由>
管理すべきスキルの数が多く、煩雑になりがちな製造業のスキルマネジメントにおいて、細かなスキルと教育計画・記録を効率的に一元管理できるシステム『SKILL NOTE』を提供。スキルデータを活用した計画的な人材育成と配置を実現し、技能伝承、多能工育成といった製造業の人材管理に関する課題解決に貢献する画期的なサービスであると高く評価されました。

パーソルキャリア株式会社
<サービス名>
データが採用を成功に導く、採用ターゲット作成サービス 『HR forecaster』
~マーケットデータを提供して、中途採用の「ものさし」に~
<授賞理由>
中途採用サイト『doda』が蓄積した100万件以上の転職データをもとに構築した『HR forecaster』は、年収相場や候補者数などの転職マーケットの実態がわかるデータを提供することで、企業の中途採用活動の効率化を支援。「手探りでの採用」から脱却し、データ・ドリブンな中途採用を可能にする革新的なサービスであると高く評価されました。

■人的資本経営部門優秀賞(1社)
日本電気株式会社
<取組名>
パーパス実現につながるエンゲージメントスコア向上への取り組み
~因果分析による「チームを変えるナレッジ」の獲得と社内展開~

■人的資本経営サービス部門優秀賞 (1社)
株式会社アドバンテッジリスクマネジメント
<サービス名>
従業員の人事労務データを集約し「見える化」
~専門的知見に基づいて分析・課題を抽出し、解決に導く『アドバンテッジ ウェルビーイング DXP』~

■採用部門優秀賞(1社)
株式会社大塚商会
<取組名>
Beyond 構造化面接!AIを活用して「面接を定量化」
~科学的アプローチをもとにした面接精度向上プロジェクト~

■採用サービス部門優秀賞(1社)
株式会社ヒューマネージ
<サービス名>
業界初・AI監視型Webテスト『TG-WEB eye』
~オンライン選考時代に《応募者の利便性向上》と《公平・公正な採用試験》の両立を実現~

■ラーニング部門優秀賞(1社)
株式会社電通コーポレートワン
<取組名>
株式会社電通「人財の見える化」プロジェクト
~人財を個性と能力と働き方の視点で分析、
社員の生涯価値向上と事業拡大をかなえる人財情報基盤整備へ~

■ラーニングサービス部門優秀賞(1社)
・株式会社Schoo
<サービス名>
社会人向けオンライン学習サービス『Schoo』
~「世の中から卒業をなくす」をミッションに、生涯学び続ける大人たちを支援~

■人事システム部門優秀賞(1社)
・株式会社セプテーニ・ホールディングス
<取組名>
⼈的資本を定量的に可視化し、課題抽出と解決策を実⾏するデジタルHR構造の構築と実践

■人事システムサービス部門優秀賞(1社)
・HiTTO株式会社
<サービス名>
社内DXに特化したAIチャットボット『HiTTO』
~社内問い合わせ対応を自動化により、人事部門と従業員側、双方の生産性向上と、会社全体として中長期に働きやすい環境作りを~

■アナリティクス部門優秀賞:今回の授賞企業はありませんでした。
■アナリティクスサービス部門優秀賞:今回の授賞企業はありませんでした。

■人事マネジメント部門優秀賞(1社)
パナソニック インダストリー株式会社
<取組名>
組織風土活性化のボトムアップの取り組みで、従業員の働く“HAPPY”を実現し、お客様の“HAPPY”へとつながる、「MAKE HAPPY PROJECT」による社員ムーヴメントの活動

■人事マネジメントサービス部門優秀賞(1社)
PwCコンサルティング合同会社
<サービス名>
従業員の多様性にフォーカスしてエンゲージメント向上を実現する『Employee Experience Designer』

■特別賞(人的資本開示賞)(1社)
株式会社リンクアンドモチベーション
<取組名>
『エンゲージメントを基軸にした人的資本経営20年の実践』
~結果としてのアジア初ISO30414取得~

■特別賞(ウェルビーイング賞)(1社)
株式会社ラフール
<サービス名>
組織課題、非財務情報(ESGへの取り組み)を可視化・改善、個人のセルフケア・行動変容を促進する
人的資本/ウェルビーイング経営支援クラウドツール『ラフールサーベイ』

■地方活性賞(1社)
株式会社SIGNATE
<サービス名>
データスキルを計測・向上・定着させ組織のDXを加速する、データ活用能力マネジメントシステム
『SIGNATE Cloud』

■注目スタートアップ賞(2社)
株式会社Empath
<サービス名>
あらゆるオンライン会議を録画・分析・整理するAI搭載SaaS『JamRoll』

株式会社YOUTRUST
<サービス名>
日本のキャリアSNS『YOUTRUST』

■奨励賞(3社)
株式会社ZENKIGEN
<取組名>
独自開発した社内の繋がりを強化するマッチングAI「naname(仮称)」による組織の活性化
~社員同士の新たな繋がりを創出し、関係構築をサポート~

株式会社アクシバース
<サービス名>
勤務シフト自動作成サービス『Shiftmation(シフトメーション)』

株式会社ギブリー
<サービス名>
テクノロジー⼈材育成プラットフォーム『Track(トラック)』

※プレスリリースの全文はこちら
https://prtimes.jp/a/?f=d41222-20220728-2bb1d082145a1e7881f1895c3cefbdb8.pdf

※各企業の授賞理由につきましては、下記のオフィシャルページ参照
https://hr-souken.jp/hrtech_award/

ProFuture株式会社について

社名ProFuture株式会社
設立2007年7月
所在地〒100-0014東京都千代田区永田町2-14-2 山王グランドビル5階
代表者代表取締役社長CEO 寺澤 康介
事業概要人事ポータルサイト『HRプロ』、経営層向け情報サイト『経営プロ』、HR総研公式サイト『HR総研』、職種特化型アンケートメディア『PRO-Q』の運営
人事担当者・経営者向けイベント『HRサミット』の開催など
メディア事業、イベント事業、ソリューション事業、人事関連の研究
URLhttps://profuture.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント