12.8 C
Japan
土曜日, 12月 3, 2022

USセルラーとエリクソンが協業|高所におけるドローン技術を使った5G試験を開始!

USセルラーとエリクソンは、高所におけるドローン技術を使った5G試験を開始したと発表しました。今回の取り組みはUSセルラーの5Gネットワークを使用した最初の試験であり、今後、さまざまな業界におけるセルラー接続ドローンの将来の利用の基盤となるものです。

協業による試験の目的

USセルラーの2つの商用5Gタワー間を飛行するドローンを用いて、最初の見通し線試験がウィスコンシン州ベロイトで行われました。このドローンには5Gスマートフォンと信号の強度と品質、アップロード及びダウンロード速度、さまざまな高度での飛行中の遅延などの性能値を記録するRF測定機器が装備されています。これらはローバンドとハイバンド両方のデータが収集されました。この最初の試験の目標は、空中におけるネットワーク接続と速度のデータを収集・分析し、地上で計測される速度と比較して、最終的には将来の5G接続ドローンの実利用と成功が見込まれる要件について理解することにあります。

USセルラーの技術戦略とアーキテクチャー担当副社長、ナロサム・サクセナ(Narothum Saxena)氏は次のように述べています。

「高所での無線接続を試すことで、将来的には空中にあるドローンに対して接続をする準備を整えています。コマンドと制御機能を提供し、より簡単で高速、安全なリアルタイム画像とデータの共有を実現できるはずです。私たちのネットワークは、接続を介してドローンの飛行を最適化するために役立つと信じています。エリクソンの支援を得て、今後もお客様の無線通信体験を向上させるイノベーションを追求してまいります」

USセルラーや他の無線通信事業者のドローン活用例の一つに、実際にタワーに登らずに検査することが出来るという事があります。この種の利用方法は他の産業にも拡張ができます。農場経営者が納屋や貯蔵庫の上部を検査したり、都市の作業者が給水塔を検査したりできます。このような作業は接続のないドローンでも可能ですが、5G接続を使うことでドローンはパイロットの見通し線外の領域にまで到達し、ドローンの映像をUSセルラーのネットワークを介してライブでストリーミングできるようになります。これによって、従来より遥かに効率的で費用対効果の高い検査が可能となり、リアルタイムのデータ収集と配信、特に接近が難しい場所での適切な映像を確実に撮影できるといった利点が得られます。

エリクソン北米地域のUSセルラー事業担当副社長、ジョシー・プロチロ(Jossie Prochilo)は次のように述べています。

「ドローン技術は今日の市場に幅広い新しい機会を提供します。USセルラーとの試験は、社会や企業に利益をもたらす高度な接続ドローンの利用に向けた大きな一歩です。Ericsson Connected Drone TestingとEricsson Device Analyticsは、通信事業者の実績あるソリューションを強化するもので、USセルラーに5Gネットワークを介したドローンの商用運用をサポートする、接続ドローン試験のための最先端の機能一式を提供しています」

最近のアーサー・ディ・リトルの調査によると、世界中で販売される無人航空機、特にドローンの数は着実に増加しており、市場全体の規模は今後10年間で最大300億米ドルに増え、サービス価値は今後5年間で500億米ドルに達します。
見通し線外の長距離を飛行できる商用ドローンは、複数の業界や消費者に大きなチャンスをもたらします。医薬品を迅速に届けたり、荒天に見舞われた地域に重要な物資を運んだりといった利用方法の鍵を握るのは5G接続です。

エリクソンについて

エリクソンは、コネクティビティから最大限の価値を創造する通信サービスプロバイダーを支援します。ネットワーク、クラウドソフトウェアおよびサービス、エンタープライズ・ワイヤレス・ソリューション、テクノロジーおよび新しいビジネスにわたるポートフォリオを持ち、顧客のデジタル化、効率向上、新たな収益源の発掘を援助します。
エリクソンのイノベーションへの投資は、電話とモバイルブロードバンドのメリットを世界中の何十億もの人々にもたらしてきました。エリクソンは、ストックホルムとニューヨークのナスダックに上場しています。

社名エリクソン・ジャパン株式会社
設立1992年09月
所在地東京都港区東新橋2-3-17MOMENTO SHIODOME
代表者代表取締役 ルカ・オルシニ(Luca Orsini)
代表取締役 野崎 哲(のざき とおる)
事業内容電気通信機器および周辺機器の輸出入並びにカスタマイゼーション/販売/設置工事
通信事業者向け運用・保守、システム・インテグレーション等の各種サービス
電子部品/OEM製品の調達
URLwww.ericsson.com
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント