12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

【世界初】秋葉原の駅と街を再現!「メタバース・ステーション」“Virtual AKIBA World”がオープン

ギネス世界記録を持つ世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット」をはじめとしたVRサービスの開発ソリューションを提供する株式会社HIKKYは、2021年に業務提携を発表した東日本旅客鉄道株式会社・株式会社ジェイアール東日本企画とともに、JR東日本が掲げる、駅を“つながる”くらしのプラットフォームへと転換する「Beyond Stations構想」の一環として、オリジナルのバーチャル空間”Virtual AKIBA World”を、2022年3月25日にオープンします。

「Virtual AKIBA World」について

Virtual AKIBA World(以下、VAW)は、世界的なコンテンツ集積地である秋葉原の駅と街をバーチャル上に再現した、スマートフォンから手軽に体験可能な空間です。リアルとバーチャルを駅・車両という場でつなぐことで、バーチャルをより身近なものにし、人と人とのつながりをリアル・バーチャル双方で演出していきます。

「リアルとバーチャルの融合」を図る第一歩として、東日本旅客鉄道株式会社・株式会社ジェイアール東日本企画は、HIKKYと2021年に資本・業務提携を発表した株式会社NTTドコモ(以下、NTTドコモ)と連携した取り組みを開始します。今後もさまざまな企業やコンテンツとの空間共創によって、VAWをビジネス創発拠点へと発展させていきます。
※「メタバース・ステーション」、「Virtual AKIBA World」は商標申請中です。

開業に至った流れ

昨年8月に開催した「バーチャルマーケット6」では、JR東日本ブースへの来場者が歴代の企業出展ブース中最多となり、大好評を博しました。そこで、いつでも、どこにいてもスマートフォンから体験可能な「メタバース・ステーション」としてパワーアップし、本オープンに至りました。

VAWとは

バーチャル上に秋葉原駅およびその周辺を再現した、オリジナルのバーチャル空間です。リアルさながらに再現された駅空間で、改札を通過したり電車に乗ったり、秋葉原駅周辺を歩くなどさまざまな体験ができます。また、来訪者同士のコミュニケーションも楽しむことができます。

スマートフォンから手軽に体験可能!

HIKKYの技術「Vket Cloud」(※)を活用し、スマートフォンから、アプリのダウンロードなしで手軽にVAWへアクセスできます。JR東日本の強みである駅や車両といったリアルの場から、バーチャル空間にQRコードなどを介してシームレスに遷移でき、リアルとバーチャルが融合したかのような感覚を得られます。

※Vket Cloud(ブイケット クラウド)とは…HIKKYが独自開発したVRコンテンツ開発エンジン。Vket Cloudを用いて制作されたメタバースコンテンツには、アプリなどのダウンロードを行うことなく、スマートフォンやパソコンからブラウザ上のURLリンクをクリックするだけでアクセスが可能です。マルチプレイにも対応しており、ボイスチャットやテキストチャットで同空間内にいる他のユーザーとのコミュニケーションも楽しめます。

VAW開業時の展開

■山手線31番目の駅「シン・秋葉原駅」 誕生!

日本を代表する“ヒーロー”4作品によって構成された企画「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース(略称:SJHU)」とコラボレーションし、期間中はバーチャル秋葉原駅を「シン・秋葉原駅」と名付けます。バーチャル空間上にVAWオリジナルデザインのグラフィックと各キャラクターが登場し、来場者を出迎えます。

©TTITk「シン・ジャパン・ヒーローズ・ユニバース」コラボ VAWオリジナルキービジュアル

■秋葉原駅に、バーチャル空間への「ゲートウェイ」出現!

秋葉原駅1階改札内のエキナカスペースに、「VAWゲートウェイ」を期間限定で設置します。中央のLEDパネルにはVAWの期待感を醸成する動画が流れ、横に設置したQRコードブロックからVAWへアクセスが可能です。
期間:2022年3月25日(金)~31日(木)
場所:JR秋葉原駅 1F改札内イベントスペース

「VAWゲートウェイ」設置イメージ

■利用者同士のコミュニケーションスペース 「オフ会ルーム」

入場者同士でのコミュニケーションができる空間「オフ会ルーム」を、VAW内の機能として実装します。共通の話題で盛り上がれる仲間とルームを作成したり、オンライン飲み会の代わりとしてVAWで集合したりと、まるでリアルで集まっているかのような感覚を味わうことができます。

「オフ会ルーム」イメージ ※開発中の画面です

■参画企業との連携

・日本中央競馬会(JRA)
VAWにJRAの空間が登場します。展開内容は今後、VAW公式ホームページやJRAホームページにて発表します。

・株式会社ビームス
VAWを軸にBEAMSと連携した企画を実施します。詳細は今後、VAW公式ホームページやBEAMS公式サイトでお知らせします。

今後の展開について ~ビジネス創発拠点としてのVAW~

VAWは、リアル空間とバーチャル空間を融合させたビジネスの創発拠点として、さまざまな企業クライアントと「共創」し、これまでにない体験価値を利用者に届けます。

■株式会社NTTドコモとの連携を開始

「共創」の第一歩として、NTTドコモとVAW内での連携を開始します。さらに、今後のXR領域の発展に向けた取り組みを推進していきます。

バーチャル空間でのホーム、車両と広告イメージ

■リアル駅との相互展開によるバリューアップ

リアルの駅空間で、XRの世界観を体験できるスペースを造成します。リアルとバーチャルの融合を加速させ、リアルの駅空間とバーチャル空間との利用者の往来を活性化し、クライアントにバーチャル上での広告展開と販売機会の提供を行います。例えば、リアル空間で出稿した駅広告がバーチャル空間でよりダイナミックに表現されたり、バーチャル空間で購入した商品がリアル空間でシームレスに受け取れるなど、JR東日本だからこそ実現できる、新しい日常の創造を目指します

リアル展開のイメージ

■その他のコンテンツ・サービスについて

VAW内の機能をさらに拡充し、限定入場券をNFT(※)で配布するほか、来訪者同士の交流の深度化やイベントの活性化を図ります。将来的にはバーチャル空間内でのお買い物体験や、購入した商品を駅で受け取れるようにするなど、リアルのサービスとの連動によるこれまでにない体験の実現を目指します。

またVAWでは、ともにビジネスをつくりあげていく「共創」のパートナー企業を随時募集しています。リアルとバーチャルの融合により、VAWを新たなビジネス創発拠点・コンテンツの集積地として発展させます。

※NFT…Non-Fungible Token(非代替性トークン)。ブロックチェーンの技術を活用し、デジタル上のコンテンツに非代替性を持たせたもの。

「Virtual AKIBA World」概要

【名称】Virtual AKIBA World(バーチャル アキバ ワールド)
【略称】VAW(バウ)
【開業日時】2022年3月25日11時頃
【URL】https://jrakiba.vketcloud.com
https://jrakiba.vketcloud.com/VAW/
※3月8日15時~25日11時まではティザーサイトとなり、VAWへのアクセスはできません。
※メンテナンス:隔週木曜10時~15時
【利用料】無料
※上記内容は、予告なく変更となる場合があります。詳細については、公式HPおよび公式SNSにて案内します。
【概要】  
秋葉原駅や駅周辺エリアを再現したオリジナルのメタバース空間内において以下のコンテンツを提供。
●メタバース空間におけるワールドの企画・運営
●連携パートナー企業やIP(知的財産)とコラボレーションしたオリジナルコンテンツの企画・提供
●ユーザー同士のコミュニケーションスペース「オフ会ルーム」の運営
●リアル空間とバーチャル空間が融合したオリジナルコンテンツの企画・提供および企業・団体プロモーションの提供
【運営者】
東日本旅客鉄道株式会社、株式会社ジェイアール東日本企画、株式会社HIKKY

<株式会社HIKKY(通称:VR法人HIKKY)について>

『最も魅力的なバーチャル世界とアクセスを提供する』
株式会社HIKKYはVR/AR領域における大型イベントの企画・制作・宣伝、パートナー企業との新規事業開発を主業務とするVR法人です。 エンタテインメントVRを牽引する注目のクリエイター達をメンバーとして、バーチャル世界の生活圏・経済圏・文化圏の発展と、クリエイターの発掘・育成を目標に設立しました。

“誰もが持つクリエイティビティの価値が幅広く認められる世の中を創り出す“ことを目指し、世界で唯一のVRソリューションを提供しています。 HIKKYが主催する世界最大のVRイベント「バーチャルマーケット」は、2020年には国際的なVR表彰式「VR AWARDS」のマーケティング部門で最優秀賞、日本の「XR CREATIVE AWARD 2020」で最優秀賞を受賞。2021年にはギネス世界記録™を取得しました。

社名株式会社HIKKY
本社〒150-0011 渋谷区東3丁目24-2 恵比寿STビル2F
代表者代表取締役CEO: 舟越靖
設立2018年5月1日
URLhttps://www.hikky.co.jp/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント