12.8 C
Japan
土曜日, 12月 3, 2022

10分で届く宅配スーパー!Quick Commerce事業を展開するスタートアップ「OniGO」へ出資

創業期のスタートアップから出資・成長支援を行うサムライインキュベートは、運営する「Samurai Incubate Fund 6号投資事業有限責任組合」より、OniGOへ出資しました。

OniGOについて

OniGOは、10分で食料品や日用品を届ける宅配スーパーを運営し、日本で生鮮食料品のQコマース(Quick Commerce)領域にチャレンジするスタートアップである。
OniGOは、利用者が家とスーパーの往復や出かけるための準備に時間をかけることなく、自宅でアプリから欲しい商品を注文すると、10分という短時間で品物を届ける。昨今のコロナ禍においては、人との接触を大幅に減らして日常生活に必要なものを必要な時に買い揃えることが可能となる。

また、ユーザーが安心して利用できるように、地域密着型のホスピタリティを重視してOniGOがライダー(配達員)を採用し、ライダーによる利用者との丁寧なコミュニケーションを図っている。また、OniGOがゼロからシステム開発をすることによって、土地が狭い日本での最適な在庫管理システムの構築と、ライダーやユーザーにとって使いやすく便利なアプリ提供を可能にしていることも特徴である。

本出資の背景

欧米で急速な広がりを見せるQuick Commerceであるが、これからDXが本格的になる日本ではまだ未開拓と言える領域である。日本は海外と異なり倉庫が狭くなりやすく在庫管理やピッキング等オペレーション面でのハードルが高いことや、快適なUI/UXを含めて丁寧な対応が必要不可欠となるため、日本に合ったシステム開発やサービスクオリティレベルが重要となる。さらに配送員確保が容易ではない労働市場環境や、ダークストア(配達専用店舗)の展開等に多額の資金が必要となるため、日本での展開は難易度が高いと言われていた。

サムライインキュベートは、その難しいとされる日本の新しい領域で、果敢にチャレンジするOniGOのビジョンや姿勢に共感し、出資を含めた支援を決定した。

OniGOについて

社名OniGO株式会社
設立2021年6月10日
所在地東京都目黒区自由が丘2-15-23
代表者梅下 直也
URLhttps://onigo.club/

OniGO 代表取締役CEO 梅下 直也氏 コメント

パートナーの會さんを始めとした、Samurai Incubateチームの皆さんには、Qコマース事業の本質をいち早く捉え、高速で投資決定していただきました。デューデリ期間も事業推進や現場に対し、細やかな配慮をいただき、とても感謝しています。引き続き、顧客満足度向上を重視し、OniGOチーム一丸となって、高速でサービス改善・拡大を進めて参ります。

サムライインキュベートPartner Investment Group 會 義貴 氏 コメント

梅下氏を始めとする創業メンバーの視座の高さと顧客を常に最初に考える姿勢、またオペレーション現場の取組を拝見し、創業して間もないOniGOがすでに高い顧客満足度を達成できている理由がよく理解できました。
OniGOによって、Quick Commerceが多くの人々の生活インフラの一部として定着する未来を信じています。

サムライ6号ファンド概要

名称:Samurai Incubate Fund 6号投資事業有限責任組合
投資対象エリア:日本、イスラエル、アフリカ
投資対象領域:物流、ヘルスケア、リテールテック、フィンテック、建設、MaaS中心
投資ラウンド:プレシード〜シリーズA

株式会社サムライインキュベートについて

社名株式会社サムライインキュベート
設立2008年3月14日
所在地東京都港区六本木1-3-50
代表者榊原 健太郎
URLhttps://www.samurai-incubate.asia/
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

関東近郊2万坪の土地 × スタートアップで、今までにない斬新な “場” を作りたい|Gulliverが挑む!

【オープンイノベーションインタビュー】中古車売買でお馴染みの「Gulliver」を運営する株式会社IDOMが、2022年10月24日から「Gulliver アクセラレータープログラム2022」を実施。新しい購買体験の提供と、生活を彩るクルマの価値を創造する新しいコンセプト店舗の開発をテーマに、関東近郊に2万坪の土地を用意し、スタートアップの皆さんと一緒に新しい場づくりに取り組みたいという。具体的に、どのような構想を描いているのか。株式会社IDOMの経営戦略室チームリーダー、三樹教生氏に話を伺った。 #Gulliver #IDOM #スタートアップ #アクセラレータープログラム #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

スタートアップ募集!【豊富な開発技術力 × デミング賞大賞の社内風土】モノづくりメーカーのOTICSに、今求めるパートナーを聞く

【オープンイノベーションインタビュー】高出力・低燃費・低エミッション化などの要求に対し、積極的な技術提案と高精度な品質で応えるOTICS(オティックス)の自動車部品は、多くの車種で採用されています。一方で、120以上の国と地域が目標に掲げる「2050年カーボンニュートラル」に向け「脱炭素化」の企業経営に取り組むOTICSは、初めてのアクセラレータープログラムを開催。豊富な開発経験と生産技術力を活かせる協業案、自然環境保全や社会・地域に貢献できるアイデア等をスタートアップから広く募集します。デミング賞大賞も受賞したOTICSの社風、アクセラレータープログラムの開催に至った背景や、募集ページだけでは伝わらない魅力、プログラムに関わる方々の想いを、株式会社オティックス 経営管理本部TQM経営戦略室 係長 奥村守氏に話を伺いました。 #OTICS #自動車 #カーボンニュートラル #アクセラレータープログラム #協業 #スタートアップ #デミング賞 #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

OPA × somete の挑戦|「まちクロッ」でファッションロス問題の解決を目指す!

【Creww Growth活用協業事例インタビュー】金沢フォーラス、キャナルシティオーパ、横浜ビブレなど、OPA・VIVRE・FORUSの3ブランドを主軸に、都市型商業施設の開発運営を行う株式会社OPA。そんな同社は2021年、「OPAアクセラレータプログラム2021」を実施し、地域と連携したファッションロス削減に取り組むsometeとの協業をスタートさせた。OPAとsometeは具体的にどのような実証実験を重ねているのか。株式会社OPA 事業創造部 新業態開発チームの安達有美氏と、someteを運営する株式会社Play Blue代表の青野祐治氏に話を伺った。 #OPA #somete #オープンイノベーション #活用協業事例インタビュー #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

【空間ID × スタートアップの着想】デジタルツイン社会実装への挑戦

【オープンイノベーションインタビュー】現実世界をデジタル空間に複製する絶対的な技術を持つダイナミックマップ基盤株式会社は、「cm」級の高精度3次元データを有し、モビリティの自動走行において要となる同社のプロダクトは、既にグローバルに展開されています。今般、デジタル庁の肝煎り案件となるアクセラレータープログラムを開催。リアル/サイバー両空間を組み合わせたユースケースの創出に向け、「空間ID」を活用した共創案を募集します。ダイナミックマップ基盤株式会社 第二事業部 事業開発2課 課長 兼 空間IDプロジェクトPMOの望月洋二氏に話を伺った。 #ダイナミックマップ基盤 #デジタルツイン #空間ID #デジタル庁 #ミラーワールド #アクセラレータープログラム #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント