12.8 C
Japan
水曜日, 7月 6, 2022

グローバル・オープンイノベーション・プログラム『SmartCityX』世界96社のスタートアップが大企業と事業共創!

スクラムスタジオが主催する、デジタル化やコロナ禍の社会変容を前向きな未来への変革の機会と捉え、各業界を代表する大企業と世界中のスタートアップが協働し、産業や技術の視点だけではなく、生活者目線で価値の高いサービス及びアプリケーションを共創するグローバル・オープンイノベーション・プログラム『SmartCityX』が新たにスタートアップ64社を採択。世界18の国と地域から96社のスタートアップが大企業との事業共創を開始します。

『SmartCityX』について

スクラムスタジオ株式会社が主催する『SmartCityX』は、デジタル化やコロナ禍の社会変容を前向きな未来への変革の機会と捉え、各業界を代表する大企業と世界中のスタートアップが協働し、産業や技術の視点だけではなく、生活者目線で価値の高いサービス及びアプリケーションを共創するグローバル・オープンイノベーション・プログラムです。

本プログラムでは、21年11月に二期目のプログラムを開始以来、大企業及び自治体間で事業開発に向けたディスカッションを進めてきました。特に、21年12月1日には第1回ワークショップを開催し、プログラムで中長期的に取り組む5つのテーマを策定しました。

並行して行われてきた約2ヶ月間のスタートアップ募集期間では、一期目プログラムから継続参加のスタートアップに加え、参画企業の関心領域を踏まえた二期目の募集を実施しました。

その結果、世界40の国と地域から、多様な領域のスタートアップ204社より新たに応募がありました。

この度、その中から、『SmartCityX』の事業開発プログラムに参加してもらう「パーティシパント」として、新たに64社を採択しました。その結果、一期目から継続してプログラムに参画する「パーティシパント」32社と合わせて、世界18の国と地域から96社のスタートアップが大企業との事業共創を開始します。

その後、6月頃までの事業開発プログラムにおいて、具体的な事業共創に向けた取組を本格化し、7月頃に開催予定の「デモデイ」の場でプログラムの成果を発表する予定です。

『SmartCityX』では、大企業間及び大企業と国内外のスタートアップとの事業共創に向けた検討を加速し、“Society 5.0 × New Normal” の原動力となる生活者目線のDXを推進し、一人ひとりのニーズにあった選択があり、多様な幸せが実現できる社会づくりを目指していきます。

プログラム概要

● 主催:スクラムスタジオ株式会社
● パートナー企業:
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社、出光興産株式会社、ウーブン・プラネット・ホールディングス株式会社(コミュニティパートナー)、西日本電信電話株式会社、日本郵便株式会社、日本ユニシス株式会社、東日本旅客鉄道株式会社
● サポーター企業:
株式会社ジェーシービー、スズキ株式会社、日本航空株式会社、日本たばこ産業株式会社、株式会社博報堂、ライオン株式会社
● オブザーバー自治体:
福井県、三重県、渋谷区、石川県加賀市、茨城県鹿嶋市、神奈川県横浜市、大阪商工会議所
● リソースパートナー:アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社、カタルーニャ州政府貿易投資事務所、CIC Japan合同会社、日本貿易振興機構(ジェトロ)
● 公式ウェブサイト: https://www.smartcity-x.com/
● 開催期間:2021年11月から2022年7月迄を予定
● スケジュール(予定):
 ○ スタートアップ募集期間:2021/11/2 ~ 2021/12/30
 ○ スタートアップ選考期間:2022/1月 ~ 2022/2月
 ○ メンタリング・事業開発期間:2022/3月 ~ 2022/6月
 ○ デモデイ(成果発表イベント):2022/7月

【スクラムスタジオ株式会社について】

日本企業とグローバルスタートアップの新規事業創出を手掛けるスクラムスタジオ株式会社は、オープンイノベーションの手法を活用し、各業界を代表する大企業パートナーとスタートアップとの共創を支援する「グローバル・アクセラレーター・プログラム」や、ジョイントベンチャーによる大企業のスピンアウト起業といった「インキュベーション事業」を行っています。

また米国から最新のスタートアップ&テック情報をお届けするオンラインプラットフォーム「Scrum Connect Online」も運営しています。スクラムスタジオ株式会社は、日本企業と世界中のスタートアップとの新たな事業、価値創造をドライブします。

社名スクラムスタジオ株式会社
代表者代表取締役社長 髙橋 正巳
本社所在地東京都渋谷区
設立日2020年8月
業務内容新規事業創出スタジオ事業、オンラインプラットフォーム事業
URLhttps://scrum.vc/ja/studio/ 
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント