12.8 C
Japan
木曜日, 7月 7, 2022

【ビーライズ×広島ドラゴンフライズ】ホームアリーナを「バーチャル空間化」し、ファンとのコミュニケーションを促進!

XR領域でバーチャルワールド活用サービスを提供するテクノロジーカンパニー「ビーライズ」は、同じく広島に本社のあるプロバスケットチーム「広島ドラゴンフライズ」と共同で、将来の新アリーナの建設計画に向けて、ブースター(ファン)とチームをつなげるデジタルコンテンツの公開をスタートさせました。

実証実験としてデジタルコンテンツを公開

本プロジェクトは、スポーツ庁が推進する令和3年度スポーツ産業の成長促進事業「スポーツオープンイノベーション推進事業(地域版SOIPの先進事例形成)」において、中国地域で開催されたアクセラレーションプログラム『INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD CHUGOKU』にて採択されたもので、実証実験として実施します。

デジタルコンテンツの第一弾として、誰でもスマートフォンやパソコンから試合当日の現アリーナを歩き回ることができる3D空間「広島ドラゴンフライズ バーチャルアリーナ」を2月10日から公開しました。

「広島ドラゴンフライズ バーチャルアリーナ」は、一般公開向けとブースタークラブ(ファンクラブ)会員向けの2種類を用意しており、それぞれで違ったコンテンツを楽しむことができるようになっています。

■一般公開向けコンテンツの詳細について

・現アリーナのコート周辺を自由に歩き回り、観客席からの見え方などを確認することができるようになっています。
・空間内で、ドラゴンフライズに関する様々な動画コンテンツや関連情報を見て回ることができます。

【コンテンツ例】

・【クラブ公認】勝ちグセ。広島ドラゴンフライズチャンネル
・【奇跡到来】ハーフタイムショーでシュートを決めろ!本番編|ドラチャレ!STU48
・【B.LEAGUE広島公式】D CAN’T STOP IT (feat. KAYLLY) / HIPPY

■ブースタークラブ(ファンクラブ)会員向けコンテンツの詳細について

・現アリーナのコート内を選手になった気分で自由に歩き回ることができます。
・空間内で、選手やマスコットキャラクターのモヒカンアビィが活躍するオリジナルの動画コンテンツが順次公開されていく予定です。

【コンテンツ例】

・みつけて!マスコットキャラクター「モヒカンアビィ」
・選手が会議室で…!筋肉ムキムキ360°動画(後日公開)
・広島ドラゴンフライズ フリースロー対決!(後日公開)
・広島ドラゴンフライズ 3on3対決!(後日公開)
・密着!AWAY戦に挑む選手達(後日公開)

3D空間「広島ドラゴンフライズ バーチャルアリーナ」 実施概要

本デジタルコンテンツは、広島ドラゴンフライズ公式サイトおよび、広島ドラゴンフライズブースタークラブ(ファンクラブ)公式サイトにて公開しています。

・公開日時         :2022年2月10日(木)18:00〜
・参加費     :無料

・広島ドラゴンフライズ公式サイト
https://hiroshimadragonflies.com/

・広島ドラゴンフライズブースタークラブ(ファンクラブ)
https://hiroshimadragonflies.com/news/detail/id=16042

今後の展望

現在、新型コロナウイルスの影響で、選手・チームとファンの接点が少なくなっている広島ドラゴンフライズ。コロナ禍における「ファンとの接点作り」に課題感を持つ広島ドラゴンフライズですが、新アリーナ建設に向けて「来場するファンを楽しませること」を目的とした、テクノロジーを活用したエンタテインメント性の高い演出を提供する計画を進めています。

新アリーナ構想が進む中で、ファンとの接点作りを目的とした「テクノロジーの活用方法」が大きな課題となっており、今回のプロジェクトを通し、コロナ禍における「ファンとの新しいコミュニケーションのモデル」となるような事例を創り、新アリーナ構想に活用していく予定です。

※株式会社広島ドラゴンフライズ 新アリーナ構想について
https://hiroshimadragonflies-arena.com/

実証実験の背景

スポーツ庁が推進する令和3年度スポーツ産業の成長促進事業「スポーツオープンイノベーション推進事業」の一環として開催されたアクセラレーションプログラム『INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD CHUGOKU』にて、広島ドラゴンフライズはビーライズの事業アイデアを採択。

広島ドラゴンフライズの将来的な新アリーナの建設計画に向けて、株式会社広島ドラゴンフライズと、株式会社ビーライズが共同で、ブースター(ファン)とチームをつなげるデジタルコンテンツの実証実験をスタートしました。

広島ドラゴンフライズについて

URL  : https://hiroshimadragonflies.com/

GRIT for the moment.
その一瞬を、その瞬間を、決してあきらめないという理念のもと、“広島に、バスケでつながる風景を。” というクラブスローガンを掲げ、日本一のクラブを目指し、活動を行っています。B1に昇格し、2年目となりました。

【ビーライズについて

URL  : https://berise.co.jp/

「デジタルで明日を変えよう」をビジョンにかかげ、XR領域でバーチャルワールド活用サービスを提供するテクノロジーカンパニー。リアルな3DCGとアプリケーション・web開発、アイデアを組み合わせた最先端ソリューション開発を強みとしている。人の移動を必要としないリモートトレーニングや遠隔指示、教育者が不要な仮想空間内の次世代トレーニング、物理制限の無いバーチャルショールーム、バーチャル展示会、デジタル体験コンテンツなどを開発し、革新的なソリューションを様々な業界へ提供している。

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

EBRU、アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンの製作事業で注目!

【スタートアップスタジオインタビュー】アーティストや職人が手仕事で制作するBluetoothイヤホンで注目されているのが、佐藤怜さんが2021年4月に創業した株式会社EBRU。様々なウェアラブル製品が生み出されており、日常的に体に装着し続けても負担にならず、なおかつデザイン性や個性を表現できる製品開発が日進月歩で進んでいます。こうした動きに拍車がかかる中、Bluetoothイヤホンに注目した ‶アート×音楽×ファッション” な取り組みが話題に。株式会社EBRUの佐藤怜さんに、事業の特徴や今後の課題などについてお話をお聞きしました。 #EBRU #Bluetooth #イヤホン #スタートアップスタジオ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。
Facebook コメント