12.8 C
Japan
月曜日, 1月 17, 2022

【対談イベント】世界的ピッチコンテストXTC×国連農業食糧機関「スタートアップが切り開くフードテック・アグリテックの未来」

XTC JAPAN運営委員会は2022年1月19日、スタートアップによる農業・食糧問題の解決をテーマに、国連農業食糧機関(FAO)事務局次長のベス ベクドル氏と、世界的スタートアップコンテストExtreme Tech Challenge(XTC)事務局長のビクトリア スリフコフ氏による対談イベント「スタートアップが切り開くフードテック・アグリテックの未来」をオンライン開催します(日本語翻訳あり)。

XTCが日本のスタートアップの海外展開を支援

XTCとFAOは2021年6月より正式提携し、同年10月にはFAO主催の国際イベントWorld Food Forum(以下WFF)でフードテック・アグリテック分野のスタートアップコンテストを開催しました。

日本でも2022年3月開催のXTC日本予選を通じて、同分野における国内スタートアップの海外展開を早期から支援します。XTCは本イベントにより日本のスタートアップによる社会的な取り組みの機会を推進していく予定です。

イベント概要

FAO事務局次長ベス ベクドル氏とXTC事務局長ビクトリア スリフコフ氏を招いて、FAOが取り組む食糧・農業分野の最新課題や、世界におけるスタートアップの取り組み事例、FAOとXTCの提携によるWFFのスタートアップコンテスト開催、日本の起業家への期待などについて話していただきます。

また、報道関係者およびXTCパートナー企業のための質疑応答の時間を設けており、登壇者に直接インタビューをしていただくことが可能です。

  日時: 2022年1月19日(水) 16:30-17:30
  開催場所: オンライン配信
  参加登録(無料): https://xtc-japan-2022-002.peatix.com/
  公式サイト: https://nexta.community/xtc-japan-2022/

●タイムテーブル
  16:30 : オープニング
  16:35 : トークセッション(事前収録・日本語字幕あり)
  17:10 : 質疑応答(生放送・逐次通訳あり)
  17:30 : クロージング

登壇者紹介

ベス ベクドル氏(国連農業食料機関 事務局次長)

ベス ベクドル氏は国連農業食料機関(FAO)の事務局次長として世界規模で食糧・農業分野に取り組んでいます。ベクドル氏はFAOのパートナーシップとアウトリーチ活動の責任者として、パートナーシップ&国連コラボレーション、資金調達、民間協力、南南協力、三角協力などの提携構築と人的ネットワーキングを推進。植物防疫のプログラムを主導するほか、農業の技術諮問委員会であるFAO農業委員会(COAG)および国際植物防疫条約(IPPC)事務局を監督する役割も務めます。

前職ではアグリノバス インディアナのCEOプレジデントとして、米国中西部の州における農業バイオ科学分野の推進と21世紀の人材開発を通じた経済開発を主導。ベクドル氏の農業公共政策への取り組みと農業貿易政策の経験は、ワシントンDCで米国農務省首席補佐官および上院農業委員会エコノミストを務めたことに端を発しています。ベクドル氏はインディアナ郊外で代々続く家族経営の穀物農家で生まれ育ち、ジョージタウン大学で国際法・国際関係の学士、パーデュー大学で農業経済の修士を取得しました。

ビクトリア スリフコフ氏(Extreme Tech Challenge 事務局長)

ビクトリア スリフコフ氏は経営企画・戦略・オペレーション・技術投資を横断的に専門とするグローバルエグゼクティブです。国連SDGsに取り組むパーパスドリブンの革新的スタートアップを支援する世界最大のコンテスト&コミュニティExtreme Tech Challenge(XTC)事務局長。XTCは地球に意義あるインパクトをもたらしながら大きくスケールする破壊的スタートアップの発掘・支援を使命として、100ヶ国以上で活動を行っています。

XTCの前職ではカリフォルニア大学(UC)のイノベーション&起業推進部門でグローバル代表として、UCの10大学・5つの医療センター・3つの国家研究所・4つの州立科学革新機関を横断するインキュベーター、アクセラレーター、イノベーション&起業家プログラム、100億円超の知財ポートフォリオ等の責任者を務めました。UC以前は米国・中東・中南米・アジア・欧州のクリーンテック業界で10年以上に渡り、投資家・事業家・起業家として官民連携の構築を通じた投資推進および技術商用化に従事。南カリフォルニア大学経営学士・ボストン大学MBAを経てアクセンチュアのコンサルタントを務めたのがキャリアの出発点です。

ファシリテータ:春日 伸弥氏(株式会社アイティーファーム パートナー/XTC JAPAN幹事)

IBM研究所で研究員を務めたのち、起業家として(有)スウィフト取締役、(株)ブロードテイル共同創業者、Ubitus Inc.日本代表など20年以上に渡って事業立ち上げを手掛けています。現在は欧州・北米を中心に海外と日本のアーリーステージ技術スタートアップをVC投資と事業開発の両面でハンズオン支援し、海外スタートアップコンテストの審査員やオーガナイザーを務めています。ソフトウェア、ヘルスケア、製造業、自動車、ゲーム/エンタテインメント、食料・農業、環境・エネルギーなど幅広い技術ビジネスに精通。世界的スタートアップコンテストXTCの日本予選や、欧州最大のAIコンソーシアムCyber Valleyとの起業家コンテストAI GameDevを主宰しています。

エクストリーム・テック・チャレンジ(XTC)とは

XTCは国連SDGsなどの人類課題をテクノロジーで劇的に解決するスタートアップを発掘支援する世界最大級のピッチコンテストです。世界の著名VCや大手企業など71団体の連合により16ヶ国21都市およびオンライン公募で開催され、前回2021年大会は世界92ヶ国から3700社以上のスタートアップが参加。2021年世界大会の出場80社は出場後に合計約200億円の資金調達を実現し、うち43%は女性起業家によるスタートアップです。

XTC出場スタートアップは農業・食糧、環境・エネルギー、新素材、教育、実現技術、バイオ技術、デジタルヘルスケア、フィンテック、交通、スマートシティの10カテゴリに分かれて、事業計画の市場性と問題解決力を競います。寄付や補助金ではなくビジネスを通じた人類課題の解決がテーマで、決勝出場スタートアップは海外VCやグローバル企業による事業・資金調達の手厚いメンタリングを受けられるのが特徴です。

XTC JAPAN運営委員会 概要

組織名 XTC JAPAN運営委員会
所在地 東京都千代田区平河町2丁目5番3号 Nagatacho GRiD 2F (株式会社ガイアックス内)
設立 2019年12月
========================
共催:株式会社ガイアックス・株式会社アイティーファーム
========================

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】古野電気の社内ベンチャーと一緒に、「建設DX」を実現するパートナーを求む!

【オープンイノベーションインタビュー】センシング、情報処理、情報通信の3つをコアテクノロジーに、魚群探知機等の船舶電子機器や、社会・産業に貢献するさまざまなソリューションをグローバルで提供している古野電気。その技術力を活用して、全く新たな領域に挑戦しているのが建設業界のデジタル化だ。社内ベンチャープロジェクトを立ち上げて、建設業界のデジタル化・遠隔施工の実現のため、現場環境に適した通信やセンサー機器を積極的に展開している。ただ、多様な建設業界の課題を解決する“建設DX”を1社で実現するのは困難なため、「FURUNO 建設DXアクセラレーター」を実施。具体的にどのような共創を目指しているのか、社内ベンチャー 建設DX事業責任者の石野祥太郎氏に話を伺った。 #募集 #古野電気 #インタビュー #アクセラレータープログラム #アクセラレーター #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【入山章栄×佐々木紀彦】30歳は動くとき。「大企業1社」キャリアからの脱却

【インタビュー】「入社すれば一生安泰」という“神話”を信じ、手にした大企業の切符。しかし、年功序列と終身雇用は既に崩壊している──。 転職や複業前提で働く「Z世代」とは違い、大企業神話を信じて1社で働き続けている30代、40代のビジネスパーソンは、このまま変わらない日々を送り続けても大丈夫なのか。 早稲田大学ビジネススクール教授で経営学者の入山章栄氏と、42歳で起業し新著『起業のすすめ さよなら、サラリーマン』を出版した佐々木紀彦氏に、1社経験しかない30代40代がこれからすべきこと、ミドル世代のキャリア論を聞いた。 #複業 #転職 #Z世代 #Creww #大挑戦時代をつくる

【提言】転職だけがすべてじゃない。会社を辞めずに外に出よう

【インタビュー】転職、複業、兼業、起業──。 日本型雇用が崩壊し、自分らしく働く選択肢は増えたとはいえ、これらはまだ一部の人しか経験したことがないのが日本の現状だ。 国際社会と比較しても、日本は圧倒的に人材流動性が低い。超少子高齢化社会で労働力人口も減り続ける日本で、このまま人材の流動性が低いままでいるとどうなってしまうのか。 キャリアデザインの専門家である法政大学教授の田中研之輔氏と、新規事業や社会課題解決に挑戦したい個人・スタートアップ・事業会社をプラットフォームでサポートするCreww株式会社 代表取締役CEOの伊地知天氏に話を聞いた。 #複業 #ゼロイチ #インキュベーション#Creww #大挑戦時代をつくる

【インタビュー】本業を辞めずに挑戦!報酬を得ながら複業としてゼロイチフェーズに参画するニューノーマルな働き方

【インタビューレポート】スタートアップでは、都度生じる課題をスピーディーに解決し、企業成長を促すためにも、必要なフェーズにタイムリーに対応できる幹部人材を必要としている。一方の現実は、「採用にかかる費用は抑えたい」「フルタイムで依頼をするには業務内容が少ない」など幹部クラスの人材確保にジレンマを抱える場合も多い。また、たとえスタートアップに関心があったとしても、一定数のリスクが伴う以上、転職には踏み切れずに大手企業に留まる優秀な人材が多いことは、非常に勿体ないことであると言える。果たして双方にとって突破口となる様なソリューションはないのだろうかー。 大手企業からスタートアップ企業への転職経験を持つ方々に、転職する際の葛藤や、スタートアップ企業に勤める今の実際について、率直なお気持ちを伺いました。 #スタートアップ #大手企業 #転職 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント