12.8 C
Japan
水曜日, 8月 10, 2022

地図を意識しないナビサービス「LOOVIC」が「Human Augmentation Challenge デモデイ」にてW受賞!

地図を意識しない ナビサービスを提供するLOOVIC(ルービック)株式会社は、2021年12月14日(火)に開催された「Human Augmentation Challenge デモデイ/主催:15th Rock Ventures」にて、Spireteパートナー賞とaxle賞を受賞しました。

地図を意識しないナビサービス LOOVICとは

スマートシティ社会での経済や技術の発展で複雑化した街で迷う・探すという空間認知の課題を解決する、Human Augmentation(人間拡張)技術です。 これにより、だれかがそっとそばにいてほしいをデバイス化し、景色に集中してスマホのながら歩きをせず移動できる、人に優しいUXを届けるユニバーサルなサービスです。 

■サービスの特徴
・スマホのながら歩きをせずに移動できるデバイス・サービス。
・地図の記憶の不安を解消するため、進みたい場所を先読みする。
・スマートシティで人が働くシーンを効率的にサポートする。

LOOVICの受賞一覧

15th Rock Venturesが実施する本イベントでは、約3か月間にわたって、定期的なメンタリングやパートナー候補の紹介がなされ、LOOVICは下記の賞を受賞しました。

■受賞一覧
・Spireteパートナー賞
Spireteから50万円の賞金
参加審査員:Spirete会員企業(会員企業一覧はこちら:https://www.spirete.com/

・axle賞
シェアオフィス「axle御茶ノ水」B1利用権
参加審査員:東和不動産

LOOVICは事業をこれまで以上に加速させ、Human Augmentation(人間拡張)でのスマートシティ領域(物流、観光、災害、医療)でのアクセシビリティを解決できるサービスを早期実現していく予定です。

イベント概要

名称:Human Augmentation Challenge 特化型アクセラレータプログラム デモデイ
開催日:2021年12月14日(火)
開催方法:リアルの会場とオンラインとを融合させたハイブリッド形式
主催:15th Rock Ventures(所在地:東京都千代田区、代表者:中島 徹、源 健司)
   Spirete株式会社(所在地:東京都千代田区、代表者:中島 徹)
(イベント情報:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000012.000048359.html

■LOOVIC株式会社 代表取締役 山中 享氏 コメント

我々の生活において、経済や技術はますます発展しつつあります。人の移動時、スマホのながら歩きの危険性はわかりつつも、その技術を使わなければならないことに、人間自身の行動の自然さを失ってしまうという問題がありました。そこで「人間の行動の自然さをどのように生かすか?」という問いを行い続けることにより、より自然な行為を技術で補うための技術開発に専念してきました。それがHuman Augmentation(人間拡張)※になります。

当社はスマートシティでの活用技術に特化し、従来の人間が用いる空間認知能力の限界を技術で補い、スマートシティに人中心社会がスマートに対応できるユニバーサルなサービスを提供します。まずは、視空間認知障害(発達障害、軽度認知症、高次脳機能障害)に共通する、迷う課題を解決するところから事業を開始し、その後広く活用されるべく、一般社会での普及を目指してまいります。

Human Augmentationとは?

迫りくる人生100年時代に向けて、健康寿命を伸ばすための新しいキーワード「Human Augmentation」つまり「人間拡張」という領域がすでに世界では浸透してきています。

Human Augmentationとは、昨今急激に進展しているAI、ロボティクス、エレクトロニクス、AR/VR、ブレインマシンインターフェース等の要素技術を複数に組み合わせることで、身体能力を向上させ、これまでの人間では不可能であった様々なスキル習得を実現させることを定義しています。

その注目されるHuman Augmentationの市場規模は、Market and markets社の「Human Augmentation market」レポートによると、2024年には約22兆円、年平均成長率 23.9% (2019-2024)と予想されています。

15th Rock Venturesのnoteにて、Human Augmentationの概念とカオスマップを掲載していますので、詳しくは下記URLをご覧ください。
URL:https://note.com/15throck/n/n46296f2e7305

【Spireteについて】

優れた技術・事業シーズと複数の大企業人材を、組織の垣根を越えて組み合わせることにより、グローバルレベルのスタートアップを創出するスタートアップスタジオです。
代表者:中島 徹
URL:https://www.spirete.com/

【15th Rock Venturesについて】

人生100年時代の豊かな社会の実現に向けて、身体能力の向上や不可能であったスキル習得を実現するHuman Augmentation領域のスタートアップへ投資するベンチャーキャピタルです。
代表者:Founder / General Partner 中島 徹、源 健司
URL:https://www.15th-rock.com/

【LOOVIC株式会社について】

代表者:代表取締役 山中 享
所在地:〒104-0061 東京都中央区銀座一丁目22番11号
設立:2021年5月
事業内容:スマートシティでのxR空間技術の開発、設計、コンサルティング
URL:https://www.loovic.com/

Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
SourceLOOVIC
- Advertisment -
- Advertisment -

Featured

使い捨て傘ゼロへの挑戦 100年続く雨の日のインフラを築く「アイカサ」

【スタートアップインタビュー】ビニール傘の利用が、日本を「世界一位の傘消費国」にしています。これまで私たち日本人が他に選択肢を持たずにビニール傘を躊躇なく購入していたのは、そのビニール傘が欲しかったからではなく、濡れない体験が欲しかっただけ。株式会社Nature Innovation Group代表の丸川 照司氏は、「傘をシェアする」という発想のなかった日本に、「アイカサ」という傘のシェアリングサービスを提供。デザイン性の高いお洒落な傘を前に「雨の日に少しでもハッピーになってもらえたら嬉しい」と語ってくれました。使い捨て傘ゼロのサスティナブルな社会へ向け挑戦を加速する「アイカサ」のサービスとは?今や30万人が登録するまでとなった事業展開のコツやマネタイズのポイントについてもお話を伺いました。 #NatureInnovationGroup #アイカサ #傘 #シェアリング #サスティナブル #SDGs #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【三友プラントサービス×mint】循環型社会を実現|行動変容を促すLINE LIFFアプリの協働開発

【Creww Growth 活用協業事例】廃棄物処理事業のパイオニアである三友プラントサービス株式会社は、産業廃棄物を適正に処理する焼却処理事業に加え、廃棄されたものを「資源」へと活かす新たな事業の創出を求め、アクセラレータープログラムを開催。採択されたのは、会員制サービスやロイヤルティプログラムをローコードで作れるSaaSの開発運営を行っているスタートアップmint株式会社です。具体的な協業内容から、未来に臨むサービスの展望まで、株式会社三友環境総合研究所の増田氏・栗原氏、mint株式会社代表の田村氏にお話を伺いました。 #三友プラントサービス #三友環境総合研究所 #mint #カーボンニュートラル #廃棄物処理事業 #アクセラレータープログラム #SaaS #スタートアップ #Creww #大挑戦時代をつくる

【募集】サーキットを舞台に、社会課題や地域活性化、交通安全につながるアイデアを募集

【オープンイノベーションインタビュー】一般社団法人トヨタ・モビリティ基金は「もっといいモビリティ社会」の実現に向けたアイデアコンテスト「Make a More PROJECT」をスタート!多様な分野で活動する個人や団体がアイデアやソリューションで競い合い、取り組み次第では活動支援金を増加させられる仕組みがあること。募集テーマは「Fun & Safety 〜安全かつ最高に楽しい体験を〜」だ。サーキットを舞台にさまざまなアイデアやソリューションを求めるにあたり、トヨタ・モビリティ基金の福田氏と福島県のエビスサーキット代表の熊久保氏に話を伺った。 #募集 #エビスサーキット #トヨタモビリティ基金 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #Creww #大挑戦時代をつくる

セイノーHD×次世代型農業への挑戦|生産からお届けまでの一気通貫を実現

【Creww Growth活用協業事例】セイノーホールディングスは、Crewwを通じてアクセラレータープログラム「SEINO Accelerator 2017」を実施。セイノーグループの保有する多様な事業領域と強固な顧客基盤等のアセットを活用し、世界最高の農業エンジニアテクノロジーで持続可能なアグリシステムを開発するスタートアップ「株式会社ファームシップ」と協業。中京地方で複合機能型植物工場事業を立ち上げたその協業内容や、今日に至るまでの両社の連携について、セイノーホールディングス オープンイノベーション推進室 室長 加藤 徳人氏と、KOTO no Ha fresh farm 工場長 松山 昌弘氏にお話を伺いました。 #セイノーホールディングス #オープンイノベーション #アクセラレータープログラム #スタートアップ #アグリシステム #SDGs #ファームシップ #植物工場 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント