12.8 C
Japan
日曜日, 7月 3, 2022

「日本M&Aセンター30周年記念スタートアップピッチ」、最優秀企業が決定!|次世代を牽引するスタートアップ企業の経営者を表彰

日本M&Aセンターホールディングスの連結子会社である日本M&Aセンターが、次世代の日本経済を牽引するスタートアップ企業の優秀な経営者を表彰する「日本M&Aセンター30周年記念スタートアップピッチ」において、最優秀賞「GOLD」をオープンロジに決定した。各賞の表彰は、11月5日(金)開催の日本M&Aセンター創業30周年記念イベント「M&Aカンファレンス2021」内で行われている。

入賞企業一覧

・審査基準
「収益性」、「安定性」、「成長性」、「社会性」、「独自性」の5つの指標で評価。
加えて、特別賞については、一定の基準を満たした上で、各分野において高い評価を得た企業が表彰されている。

【GOLD】
株式会社オープンロジ(https://service.openlogi.com/

「テクノロジーを使い、サイロ化された物流をネットワーク化し、データを起点にモノの流れを革新する」とのビジョンを掲げ、固定費ゼロの従量課金で利用可能な物流フルフィルメントプラットフォームサービスを提供。サービスの利用社数は9,500社以上、全国の提携物流企業数は50社以上に達している。2013年より、物流業界の課題に目を付け、EC事業者、倉庫会社、配送会社のネットワーク化を進め、安定した成長を続けている。

【SILVER】
MANABIE INTERNATIONAL PRIVATE LIMITED(https://manabie.com/

「教育のアクセスを世界中の人へ届ける」をミッションに、東南アジアでオンライン教育事業を展開する同社は、小中高生向けオンライン学習アプリの提供、学習センター(OMO型デジタル学習塾)の運営、また、現地の私立学校や日本人学校向けのオンライン移行サポート事業を展開している。

HOMMA GROUP株式会社(https://www.hom.ma/
住宅とスマートホーム技術を垂直統合させ、次世代スマートホームを提供する同社は、シリコンバレーで創業された。これまでスマートホーム技術というソフト面と、住宅というハード面が分断されていた住宅業界において、住宅設計の段階からスマート化を設計するという方式で、住宅のIoT化を推進するサービスを提供している。


【BRONZE】
AnyMind Group株式会社(https://anymindgroup.com/ja/

シンガポールで創業し、東南アジアを中心に生産・EC・マーケ・物流をワンストップで支援するサービスを提供する同社は、生産工場の選定、ECの構築運用、Web解析、物流の管理、マーケティングなどEC事業者にとって必要となる全てのサービスを提供している。

Siiibo証券株式会社(https://siiibo.com/about
「自由・透明・公正な直接金融を創造する」をミッションに掲げ、“社債”というシンプルな金融商品を世に広めることを目指している。社債専門のネット証券として、投資家向けに企業情報閲覧・社債購入管理サービスを、企業向けにIR掲載・発行サポートを提供するオンラインプラットフォーム「Siiibo」を運営している。


【ESG賞】
Go Visions 株式会社(https://go-visions.com/

「子どもたちの好奇心と可能性を解き放ち、未来をSOZOWできる舞台をつくり続ける」をミッションに、子どもの創造性や意欲・自己肯定感等の非認知能力を育むアクティビティを自宅で体験できるオンラインテーマパークサービス『SOZOW』を提供している。


【ウェルネスカンパニー賞】
株式会社TENTIAL(https://corp.tential.jp/corporate_info

「スポーツと健康を循環させ、世界を代表するウェルネスカンパニーを創る」をビジョンに掲げ、スポーツ情報メディア「SPOSHIRU」の運営と、生活シーンにおける体のケアやコンディショニングに特化したウェルネスブランド「TENTIAL」をD2Cにて展開する。


【イノベーション賞】
サロウィン株式会社 ( https://salowin.jp/company/ )

美容師一人ひとりが活躍・稼げる社会を目指し、売上80%を還元する美容師向けシェアサロンを提供。
売上金前払いや集客支援などサポート体制を充実させ「美容師の人生を変えるきっかけ」を多方面からサポートするサービスを展開している。

 
【ベスト経営チーム賞】
株式会社ガラパゴス (https://www.glpgs.com/)

AIを活用したマーケティングクリエイティブ提供サービス「AIR Design」を提供し、属人性が強く再現性に乏しいデザイン領域のDX化を推進する。

 
【DX賞】
株式会社アイデミー(https://aidemy.co.jp/)

「先端技術を、経済実装する。」を企業理念とし、2014年に創業。環境構築不要で学べるAI学習プログラムサービス「Aidemy」をローンチし、約3年で受講者数が10万人超が利用するサービスとなった。


【Nominate】
株式会社WRAY(https://wray.jp/about/)

フェムテックD2Cブランド「WRAY(レイ)」を提供。

株式会社ワークサイド(https://onn-hr.com/aboutus )
従業員オンボーディングプラットフォーム「Onn」を提供。

株式会社カウシェ( https://about.kauche.com/ )
シェア買いアプリ「KAUCHE(カウシェ)」を提供。

株式会社Fast Beauty ( https://fufucolor.com/overview/ )
髪染めだけ!ヘアカラー専門美容室「fufu」を運営。

パナリット株式会社( https://panalyt.jp/ )
「人財のための財務諸表」を目指し、人事分析ツールの「パナリット」を提供。

「スタートアップピッチ」開催の背景と概要

日本M&Aセンターでは、スタートアップのM&A支援実績の増加を背景に、2018年から「スタートアップピッチ」を開始した。第1回の最優秀企業は薬局向けのSaaSを提供する株式会社カケハシ、第2回の最優秀賞企業は電話営業可視化のソリューションを提供する株式会社RevCommなど、現在も大型の資金調達を実施している企業である。
また、第1回の入賞企業である株式会社WACULは、2021年の2月に東証マザーズ上場を果たすなど、IPOやスタートアップの登竜門として年々知名度が高まっている。

3回目となる今回は、約2,000社の企業情報を取り扱うベンチャーキャピタル4社(千葉道場株式会社、D4V合同会社、DIMENSION株式会社、マネーフォワードベンチャーパートナーズ株式会社)から、ノミネート企業15社の推薦があった。11月5日(金)に開催された日本M&Aセンター創業30周年記念イベント「M&Aカンファレンス2021」内で、FC今治 オーナーの岡田武史氏をプレゼンテーターに招き、結果発表と各賞の表彰が行われた。審査員長は日本M&Aセンター取締役の渡部恒郎氏が務めている。

近年、スタートアップ企業のEXIT方法として、IPOではなくM&Aに踏み切るケースも増えており、日本M&Aセンターはスタートアップ企業向けの支援も強化している。今回優秀賞を獲得したスタートアップ企業には、創業30周年で株式時価総額1兆円を突破した日本M&Aセンターの成長メゾットとナレッジを提供。全国の金融機関や会計事務所とのネットワークを活用した営業支援のほか、経営幹部との定期ミーティングを通じて経営戦略の立案から実行など全面的なサポートが行われる。

日本M&Aセンターホールディングス(東証一部上場:2127)について

株式会社日本M&Aセンターは、2021年10月1日に持株会社体制に移行した。

社名株式会社日本M&Aセンターホールディングス
設立1991年4月
所在地東京都千代田区丸の内一丁目8番2号 鉃鋼ビルディング 24階
代表者三宅卓
事業概要グループ会社の経営管理等
URLhttps://www.nihon-ma.co.jp/

日本M&Aセンターについて

株式会社日本M&Aセンターは、2021年4月に創業30周年を迎えた。M&A仲介業のリーディングカンパニーとして、「M&A業務を通じて企業の存続と発展に貢献する」ことを企業理念とし、創業以来累計7,000件を超えるM&A支援実績を有している。会計事務所・地方銀行・メガバンク・証券会社との連携も深めており、より身近な事業承継やM&Aに関する相談機会の創出を加速し、マッチングを強化している。

社名 株式会社日本M&Aセンター
設立2021年4月 (創業 1991年4月)
所在地東京都千代田区丸の内一丁目8番2号 鉃鋼ビルディング 24階
事業概要M&A支援、上場支援
拠点 東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、広島、沖縄、シンガポール、インドネシア、ベトナム、マレーシア、タイ(予定)
URLM&A・事業承継なら【日本M&Aセンター】
Facebook コメント
PORT編集部https://port.creww.me/
PORT by Crewwは、Creww株式会社が運営する、社会課題をテーマに、新規ビジネス創出を目指すスタートアップ、起業家、復業家、 企業をつなぐ挑戦者のためのオープンイノベーションメディアです。
- Advertisment -

Featured

【募集】浜松市で実証実験&事業化を目指しませんか。全国からスタートアップを募集

【オープンイノベーションインタビュー】国土縮図型都市である静岡県浜松市では、本日より「令和4年度実証実験サポート事業」のプロジェクト募集を開始!全国のスタートアップに対して1年間、市内実証実験フィールドの提供や広報活動、最大200万円の助成、法制度に関するアドバイスを実施。さらに「トライアル発注制度」を新設して実験後の出口支援も強化するという。具体的にどのようなスタートアップを募集するのか。浜松市産業部スタートアップ推進課主幹の新村仁氏に話を伺った。 #募集 #浜松市 #アクセラレータープログラム #アクセラレーターインタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【公募】循環炭素社会を目指し、スタートアップや起業家予備軍を含む研究者らを助成!

【オープンイノベーションインタビュー】循環炭素社会の構築を目的として誕生した一般社団法人カーボンリサイクルファンドは、民間からの寄付金を原資にシード/アーリーステージのスタートアップにとって必要な見返りを求めない“GAPファンド”として、循環炭素社会の実現に向けてイノベーションを起こそうとする大学・企業等の研究者(研究チーム)に助成金を交付している。そんな同団体が開催する助成活動について、イノベーション部/部長代理 鹿島淳氏に話を伺った。 #募集 #カーボンリサイクルファンド #アクセラレータープログラム #インタビュー #オープンイノベーション #スタートアップ #CrewwGrowth #大挑戦時代をつくる #Creww

【Creww ×メリービズ】管理部門の働き方を先進的にする、スマートバックオフィス

さまざまなスタートアップから次々と誕生している、バックオフィス業務のSaaSサービス。Crewwは、それらのサービスを複数導入することで、管理部門における新しい働き方とキャリアを創出し、社会に広めていくための「スマートバックオフィス化」を進めています。そこで、Crewwが導入している「バーチャル経理アシスタント」を提供する、メリービズの長谷龍一氏と、Creww取締役の高橋彗に、バックオフィスをデジタル化することの価値について話を伺いました。

スタートアップと地域企業が共創で挑む食品ロス課題解決〜hakkenの乾燥野菜によるイノベーション

【スタートアップインタビュー】 世界には、今この時も食べ物を求め飢えに直面している人々がいます。一方で、日本の食糧廃棄量は深刻です。食品を焼却処理する際に排出されるCO2は地球温暖化の原因ともなっています。大量の食糧が廃棄される現実は、誰もが知っている矛盾であり、誰も解決できなかった難題でもあります。株式会社hakkenは、驚きの発想で廃棄させずに野菜をリメイクし、扱いやすい乾燥野菜を使ったサービスを展開、フードロス解消にアプローチしているスタートアップです。可能性に満ちた乾燥ロス野菜が創るイノベーションは注目を集め、NAGANO-OIC 2021では、2社から採択されました。果たしてその協業内容とはどんなものなのか。地域に根ざした小規模生産を活かすhakkenのビジョンとはー。穏やかに淡々と語る言葉に秘められた熱い胸の内について、代表の竹井氏にお話を伺いました。 #hakken #SDGs #食品ロス #食糧廃棄 #乾燥野菜 #イノベーション #NAGANO_OIC_2021 #スタートアップ #地域創生 #共創 #Creww #大挑戦時代をつくる
Facebook コメント